産婦人科

産婦人科

診療方針

婦人科悪性疾患(子宮頸癌、子宮体癌、卵巣癌など)に対する高いレベルの診断と病期、組織型、合併症等に応じた個別化された集学的治療(手術療法、化学療法、放射線療法など)を十分なインフォームドコンセントの上で行い、良好な成績をおさめています。腹腔鏡下手術や子宮筋腫などに対する子宮動脈塞栓術も行っています。また、正式に組織化された「周産期母子医療センター」(産科、小児科(新生児)、NICU、GCU)とともに産科救急医療、ハイリスク妊産婦の管理も行っています。ご主人の立会い分娩や出産後の母児同室に積極的に取組んでいます。

患者さんへ


  1. 「愛ある診療」を目指しています。
  2. 痛みに耐えることのない診療をめざしています。
  3. 患者さんへ充分な説明を行い、病状と治療方針を理解していただくように努力しています。
  4. 入院期間を短くするために、術前検査は可能な限り外来で行っています。
  5. 手術前後の経過はクリニカルパスを用いて計画的に管理するように努力しています。
  6. 手術の合理化をはかり縮小手術として腹腔鏡手術を積極的に実施しています。
  7. 各症例の治療については、毎週のカンファレンスで検討しています。

スタッフ紹介

水谷 靖司

院長補佐

(兼)第一産婦人科部長

(兼)周産期母子医療センター長

(兼)クリニカルパス管理室長

卒業年

S61

専門領域

周産期医療(産科) 手術(腹腔鏡・子宮鏡手術含む) 婦人科(良性・悪性)腫瘍 女性ヘルスケア

認定医・専門等資格名

日本産科婦人科学会産婦人科専門医・指導医
日本産科婦人科学会専門医制度指導責任者
日本がん治療認定医機構がん治療認定医・指導医
日本女性医学会暫定指導医
新生児蘇生法「専門(A)コース」修了認定
日本産婦人科遺伝診療学会認定(周産期)
母体保護法指定医師
岡山大学講師・医学部臨床教授

  • 関 典子

    第二産婦人科部長

    卒業年

    H3

    専門領域

    婦人科腫瘍 漢方治療

    認定医・専門等資格名

    日本産科婦人科学会産婦人科専門医・指導医
    日本婦人科腫瘍学会婦人科腫瘍専門医・指導医
    日本がん治療認定医機構がん治療認定医
    日本東洋医学会漢方専門医

  • 中山 朋子

    第一産婦人科副部長

    (兼)周産期母子医療副センター長

    卒業年

    H15

    専門領域

    産婦人科一般

    認定医・専門等資格名

    日本産科婦人科学会産婦人科専門医
    日本周産期・新生児学会周産期(母体・胎児)専門医
    新生児蘇生法「専門」コース インストラクター
    日本がん治療認定医機構がん治療認定医
    母体保護法指定医師

  • 河合 清日

    第二産婦人科副部長
    卒業年

    H19

    専門領域

    産婦人科一般

    認定医・専門等資格名

    日本産科婦人科学会産婦人科専門医
    新生児蘇生法「専門(A)コース」修了認定
    母体保護法指定医師

  • 西條 昌之

    医師
    卒業年

    H23

    専門領域

    産婦人科一般

    認定医・専門等資格名

    日本産科婦人科学会産婦人科専門医・指導医
    日本がん治療認定医機構がん治療認定医
    新生児蘇生法「専門(A)コース」修了認定

  • 相本 法慧

    医師
    卒業年

    H26

    専門領域

    産婦人科一般

    認定医・専門等資格名

    日本産科婦人科学会産婦人科専門医

  • 平田 智子

    医師
    卒業年

    H26

    専門領域

    産婦人科一般

    認定医・専門等資格名

    日本産科婦人科学会産婦人科専門医

  • 谷村 吏香

    医師
    卒業年

    H27

    専門領域

    産婦人科一般

    認定医・専門等資格名

    日本産科婦人科学会産婦人科専門医

  • 谷岡 桃子

    専攻医
    卒業年

    H31

    専門領域

    認定医・専門等資格名

  • 小髙 晃嗣

    医師
    卒業年

    S58

    専門領域

    婦人科腫瘍 周産期医療(産科)

    認定医・専門等資格名

    日本産科婦人科学会産婦人科専門医・指導医
    日本がん治療認定医機構がん治療認定医
    新生児蘇生法「専門(A)コース」修了認定
    母体保護法指定医師

疾患別診療

子宮筋腫 性器脱 子宮頚部異形成
子宮頚部上皮内癌
子宮頸癌 子宮体癌 卵巣腫瘍

治療方法の説明

産婦人科クリニカルパスのより詳しい内容はこちらをご覧ください。

連携病院・開業医の先生方へ

ご紹介いただく患者さんの待ち時間短縮のため、地域医療連携室へのFAX紹介をお願いします。 診療所の先生のかかりつけ医機能を尊重しておりますので、精密検査や治療方法の ご相談・ご紹介もどしどしして下さい。 精査や治療後は、可能な限り、医療連携により診療所へ逆紹介させていただきます。今後ともどうかよろしくお願いいたします。

診療実績

▼手術・検査・処置等件数 (退院DPC件数)

手術・検査・処置等名 2019年度 2020年 2021年
婦人科開腹術(件) 243 221 153
 悪性腫瘍 123 105 150
  広汎子宮全摘 15 22 12
  準広汎子宮全摘 16 11 4
  PAN含めた子宮附属器悪性腫瘍手術 7 8 17
 良性腫瘍 120 116 178
膣式手術(件) 80 87 75
 円錐切除 55 53 45
 子宮脱根治療 8 9 3
腹腔鏡下手術(件) 66 86 126
 うち腹腔鏡下子宮体がん手術 2 5 15
ロボット補助下子宮摘出術(良性) - 4 12
子宮鏡下手術(件) 15 18 9
分娩件数(件) 583 498 570
 単胎 542 405 481
 双胎 40 28 43
 品胎 1 0 1
 28週未満(22週以降)(件) 17 13 15
帝切件数(件) 266 211 248
 選択 122 113 122
 緊急(うち超緊急) 142(13) 95(4) 126(10)
 帝切率(%) 45.6 42.4 47.2
ハイリスク妊娠管理加算(件) 1,017 903 1022
ハイリスク分娩管理加算(件) 1,080 864 1079
総合周産期管理加算(件) 1,223 1,111 1,156