心臓血管外科

心臓血管外科

診療方針

当科は、姫路赤十字病院「脳・心臓血管センター」の外科部門です。「脳・心臓血管センター」循環器内科に紹介していただいた患者さんの治療について、循環器内科との合同カンファレンスで検討を行います。その結果、手術外科手術および大血管ステントグラフト治療が必要と判断された場合に治療を担当いたします。(緊急手術はその限りではありません)対象疾患は以下の通りです。

虚血性心疾患(狭心症・心筋梗塞など)

カテーテル治療より外科手術が望ましい場合、冠動脈バイパス術(オフポンプ、体外循環下、心停止下)を行います。また、心筋梗塞後合併症に対しての左室形成術や弁治療を行います。

弁膜症

主に大動脈弁、僧帽弁の機能不全(狭窄や閉鎖不全など)に対し、弁形成術あるいは弁置換術を行います。不整脈(心房細動など)を合併する場合は、メイズ手術、左心耳閉鎖術を同時に行うこともあります。低侵襲(小切開)手術を選択する場合もあります。

その他

心臓腫瘍、成人期の先天性心疾患手術、収縮性心外膜炎手術、急性肺血栓塞栓症などを行っています。

大動脈疾患(胸部~腹部)

大動脈瘤や急性および慢性大動脈解離に対し人工血管置換術、あるいはステントグラフト挿入術を行います。

末梢血管手術

下肢閉塞性動脈硬化症などに対し、循環器内科でのカテーテル治療が困難な場合、バイパス手術を担当します。他科手術の際の血行再建、血管処理など。


安全に心臓大血管手術を行うため、心臓手術に精通した麻酔集中治療医、循環器内科医、関連部署の専門看護師、臨床工学技士、理学療法士、栄養サポートチーム、口腔ケアチーム、せん妄対策チームなどによる、チーム医療を実践しています。
当病院は以下の施設基準を満たしています。

  • 心臓血管外科専門医認定修練施設
  • 胸部ステントグラフト実施施設
  • 腹部ステントグラフト実施施設

患者さんへ

手術に際し、患者さんおよびご家族の方々が安心して臨んでいただけるよう、総合病院である姫路赤十字病院ならではのチーム医療体制で、手術から退院までを全人的にサポートいたします。
病気や治療について丁寧に説明いたします。

スタッフ紹介

毛利 亮

心臓血管外科部長
卒業年

H3

専門領域

弁膜症外科
冠動脈外科
大動脈外科
末梢血管外科

認定医・専門等資格名

心臓血管外科専門医・修練指導者
日本外科学会専門医・指導医
日本循環器学会専門医
腹部ステントグラフト実施医

  • 金光 仁志

    心臓血管外科副部長
    卒業年

    H14

    専門領域

    心臓血管外科一般

    認定医・専門等資格名

    心臓血管外科専門医
    日本外科学会専門医
    日本循環器学会専門医
    腹部ステントグラフト実施医

診療実績

▼手術・検査・処置等件数

手術・検査・処置等名 2018年度 2019年 2020年
単独冠動脈バイパス手術 24 22 17
(オフポンプ冠動脈バイパス術) (24) (18) (6)
心筋梗塞合併症 0 (0) 3
弁膜症手術 25  29 24
(単弁置換術) (12)  (8) (5)
(僧帽弁形成術) (6) (6) (5)
(複合弁 +CABG +メイズなど) (11) (21) (13)
その他開心術(成人先天性心疾患・腫瘍など) 2 3 1
弓部置換術 3 6 8
大動脈基部置換 - 1 3
胸腹部大動脈手術 0 0 1
腹部大動脈手術(腸骨動脈瘤含む) 10 11 18
ステントグラフト腹部 / 胸部 - - 1 / 3
その他血管手術など 19 18 21