病院のご案内

沿革

病院の前身

明治7年4月

医師有志が発起し寄付金で、姫路城廊内に会社病院なるものを創立

明治15年12月

飾磨県立病院とした

明治33年5月

病院の所在地を南町から、姫路市龍野町5丁目30―1に移転

明治

明治41年4月1日

日本赤十字社兵庫県支部の管理となる(姫路赤十字病院創立)

明治41年~43年

旧院舎の改修並びに病棟建設

大正

大正3年11月

本館、その他付属家屋を焼失

大正4年4月

本館並びに診療室等を新築

大正7年1月

飾磨郡高岡村山畑新田地内に、日本赤十字兵庫支部療養所を本院が管理

昭和(元年~40年)

昭和8年8月

本館を鉄筋コンクリート4階建に改築

昭和12年12月~15年5月

姫路陸軍病院姫路赤十字病院として軍患者を収療(入院のみ)

昭和18年1月

日本赤十字社兵庫支部姫路病院を姫路赤十字病院と改称

昭和20年6月~8月

姫路陸軍病院姫路赤十字病院として軍患者を収療(入院のみ)

昭和23年2月

看護婦生徒養成所を姫路赤十字看護学院と改称

昭和25年3月

姫路赤十字看護学院を姫路赤十字高等看護学院と改称

昭和26年8月

医療法に規定する公的医療機関として厚生大臣からの指定を受ける

昭和32年11月

医療法に基いて総合病院と呼称する

昭和(41年~64年)

昭和43年5月

看護学院校舎新築

昭和43年5月

救急病院の指定告示(初回)

昭和43年11月

病弱学級(城西小学校、琴陵中学校)を設置

昭和44年1月

病棟部門及び管理部門の第一期工事竣工

昭和45年6月

診療部門の第二期工事竣工

昭和51年4月

看護学院を姫路赤十字看護専門学校と呼称

昭和60年3月

健診センターを設置

昭和60年9月

姫路市医師会とオープンシステム覚書き締結

昭和62年2月

開放型病院の承認

平成

平成10年9月

新病院の実施設計確定

平成11年10月

市内下手野1丁目(旧大阪酸素跡地)にて新病院の起工式

平成12年1月

「姫路赤十字病院の基本理念」の制定

平成13年11月

姫路市下手野1丁目12番地1号に移転新築

平成14年10月

日本医療機能評価機構より認定(一般病院種別B)を受ける(初回)

平成16年10月

台風23号被災地(兵庫県豊岡市出石町)にて災害救護活動をおこなう

平成16年11月

新潟中越沖地震被災地(新潟県長岡市)にて災害救護活動をおこなう

平成18年1月

「姫路赤十字病院の基本理念」の改訂

平成19年10月

日本医療機能評価機構より更新(Ver.5.0一般病院500床以上)を受ける

平成20年4月

明治41年の創立より100周年を迎える

平成21年8月

台風9号被災地(兵庫県佐用町)にて災害救護活動を行う

平成23年3月

東日本大震災(岩手県釜石市・山田町)にて災害救護活動を行う

平成24年1月

「姫路赤十字病院の基本理念」の改訂

平成24年11月

「地域医療支援病院」の名称承認を得る

平成25年1月

日本医療機能評価機構より更新(Ver.6.0一般病院500床以上)を受ける

平成25年6月

病棟改修工事竣工・病床数を一般549床、感染症6床、計555床とする

平成28年4月

DPC医療機関群Ⅱ群(高診療密度病院)指定

平成28年4月

熊本地震 (熊本県益城町、南阿蘇村)にて災害救護活動をおこなう

平成29年4月

「姫路赤十字病院の基本理念」の改訂