呼吸器外科

呼吸器外科

診療方針

呼吸器内科医、呼吸器外科医、放射線診断医、放射線治療医からなる呼吸器カンファレンスで多角的に検討し、最新の知見に基づいて治療法を決めています。 治療ガイドラインで推奨される治療法を基本にしていますが、年齢、体力など患者さんの因子、家族状況など患者さんを取り巻く因子、患者さんの希望等を考慮してそれぞれの患者さんにとって最良の治療法を選ぶようにしています。 また胸腔鏡(カメラ)の手術を積極的に行い病気の根治性も考えながらも患者さんに優しい手術を心がけています。

当科の特徴

肺がんは高齢者に多い病気であり、肺がん以外にも高血圧、糖尿病、狭心症など他疾患を持っている患者さんが多く、手術に際しこれらの疾患の治療が必要な場合も多くあります。また手術の麻酔は特殊な技術を必要とし肺がんの麻酔は通常の手術より危険を伴います。このように肺がんの手術は担当外科医の能力だけではなく循環器科、麻酔科など他科の助けが必須であり病院の総合力が大きくものを言う分野です。当院は総合病院であり、麻酔科、循環器内科その他の科のサポート体制は完璧であり、この長所を生かし手術を行っています。

スタッフ紹介

水谷 尚雄

呼吸器外科部長
(兼)呼吸器センター長
卒業年

H3

専門領域

呼吸器外科 (肺癌・気胸)

認定医・専門等資格名

呼吸器外科専門医
日本外科学会専門医・指導医
日本呼吸器外科学会評議員
日本胸部外科学会胸部外科認定医(呼吸器)
日本呼吸器学会呼吸器専門医
肺がんCT検診認定医師
インフェクションコントロールドクター(ICD)
日本医師会認定産業医
臨床研修指導医
外科系医師のための指導者養成講習修了

  • 田尾 裕之

    呼吸器外科副部長
    卒業年

    H9

    専門領域

    呼吸器外科

    認定医・専門等資格名

    日本外科学会指導医
    外科専門医
    呼吸器外科専門医
    日本呼吸器外科学会評議員