各センターのご案内

化学療法センター

悪性腫瘍は3人に1人に罹患する身近な疾患となりました。
化学療法の領域では、従来の殺細胞性の化学療法に加えて、分子標的薬(がん細胞に特異的な細胞特性を規定する遺伝子や蛋白質に作用する薬剤)が次々と使用可能となり、がん治療の中心は入院から外来へシフトしてきています。日常生活とがん治療を両立していくことが大切であり、今後さらに外来治療が中心となってくると予想されます。

スタッフ

  • 平松 靖史

    第一血液・腫瘍内科部長

    (兼)化学療法センター長
    (兼)血液管理室長

    卒業年

    H4

    専門領域

    血液・腫瘍

    認定医・専門等資格名

    日本内科学会認定内科医・総合内科専門医・指導医
    日本血液学会認定血液専門医・指導医
    日本臨床腫瘍学科がん薬物療法専門医・暫定指導医
    日本がん治療認定医機構がん治療認定医
    日本造血細胞移植学会認定造血細胞移植認定医
    日本プライマリ・ケア連合学会認定医・指導医
    学会認定・自己血輸血責任医師
    インフェクションコントロールドクター
    岡山大学医学部医学科臨床准教授

  • 松本 俊彦

    第一内科副部長

    (兼)化学療法副センター長

    卒業年

    H16

    専門領域

    内科、消化器がんの化学療法など

    認定医・専門等資格名

    日本臨床腫瘍学会がん薬物療法専門医・指導医
    日本消化器病学会専門医
    日本消化器内視鏡学会専門医
    日本内科学会認定内科医・総合内科専門医

地域医療関係者の皆様へ

現在4名の医師が化学療法センターを担当しております。当院にはがん薬物療法専門医が在籍しており、他科の専門医と協力しながら、それぞれの専門性を発揮し治療方針を決定しています。
外来化学療法をおこなう際には主治医が治療計画を説明したあとに、外来化学療法オリエンテーションをおこないます。患者さんには専従の看護師、薬剤師が副作用対策や安全に化学療法をおこなうための説明をしていきます。生活の面で不安が生じた場合は必要に応じてMSWが介入し患者さん、ご家族をサポートします。
がん薬物療法認定薬剤師、がん化学療法看護認定看護師、専門医による緩和内科の疼痛管理、がん看護専門看護師によるがん患者さんの相談、MSW、土日、祝日を含めた24時間の緊急時のサポート等、多職種が協働することでより質の高いサポート体制が整っています。高い専門性はもちろんのこと、患者さんの不安やそれぞれの思いに、人道・博愛のこころをもって寄り添っていけるセンターを目指していきます。切れ目なく在宅医の先生方、地域の医療機関の医療スタッフの皆様と連携し、ともに手を携えて、がん患者さんを診ていける体制づくりにも取り組んでいきたいと思います。

関連リンク

血液・腫瘍内科

姫路赤十字病院 がんサロン 相の会