がん診療センターのご案内

がんゲノム外来について

がんゲノム医療とは?

「がん」は様々な遺伝子の異常が積み重なることで発症し、その遺伝子の異常は患者さんごとに異なることが近年の研究により判ってきました。がん細胞の有する遺伝子の異常の違いによって、がんの性質や抗がん剤の効き方に差が現れるのではないかと考えられています。遺伝子レベルでご自身のがんを知ることは、治療薬などの治療方針の選択に役立ち、副作用の軽減や病状の緩和などが期待されています。

がんゲノム外来の対象となる方

  • がんの標準治療が不応となった方
  • 原発不明がんおよび希少がんの方
  • 患者さんおよび同伴されるご家族の方

がんゲノム外来をお受けできない場合

  • 診療情報提供書およびがん組織の検体を提出できない方。 ※がん組織の検体は医療機関で保管していただき、後日、当院へ提出していただくことになります。

受診予約と費用

  • 完全予約制になっています。予約後、当院から医療機関へ連絡いたします。
  • 保険診療の場合は、診察料および検査費用が必要となります。
  • 自由診療およびご家族のみでの受診をご希望の場合は、お問い合わせください。

がんゲノム外来受診から検査までの流れ

申請の流れと日数を説明します

pdfファイルですがんゲノム外来の流れ 解説リーフレット(PDF)

ご紹介にて受診された場合は、検査結果および専門家会議の結果をご紹介元の医師へご報告いたします。今後の治療について紹介元医師とご相談ください。

【重要】お知らせしたいこと

  • 遺伝子検査の結果に基づく治療は全ての標準治療が終了した後の選択肢として考慮してください。
  • 遺伝子検査の結果、効果が期待される薬剤の情報が得られた場合は「自由診療」もしくは「先進医療病院を紹介して、自由診療と保険診療を並行」して治療を行う可能性が考えられます。このような場合、治療費が高額となります。
  • 遺伝子検査を実施しても、有用な情報が得られない可能性もあります。
  • 遺伝子検査の結果に基づいて治療を行っても、治療効果が得られない可能性もあります。

予約方法について

  • がんゲノム外来は、医療機関からの完全予約制です。
  • お申込みは医療機関より地域医療連携室にご相談ください。(TEL:079‐299‐5514)
  • お申し込みを頂いた後に、当院より医療機関へ予約日を連絡します。
  • ご予約の際には、下記の書類・資料をご用意ください。

受診に必要な書類

かかりつけ医療機関が作成する書類
  1. 当院規定の診療情報提供書(がんゲノム外来用) PDFpdfワードpdf
  2. 医療連携FAX予約送信票 PDFpdfエクセルpdf
  3. 画像等の検査データ
患者自身が作成する書類
  1. がんゲノム外来申込書(患者さん記入分)pdf