臨床工学技術課

臨床工学技術課

臨床工学技術課のご紹介

臨床工学技士は、医学の発展とともに高度化・複雑化した生命維持管理装置をはじめとする医療機器を、医師や看護師とチームを組んで操作する医療技術者です。生命維持管理装置とは、腎臓の機能を代行する血液浄化装置、呼吸の機能を代行する人工呼吸器などのことをいいます。そのほか病院内で使用される医療機器全般を保守管理して機器の安全性、信頼性の向上に努めています。

スタッフ

臨床工学技士 10名

業務内容のご紹介

▼臨床工学室

臨床工学室では、シリンジポンプ、人工呼吸器などのME機器の貸し出し業務やME機器の点検、修理などの保守業務を行います。すべてのME機器はコンピューターに登録し、購入から廃棄まで専用の管理ソフトで管理をしています。また、在宅人工呼吸療法などの在宅医療の導入サポートも実施しております。

▼手術室

手術室では、各種医療機器の点検に加え、ダビンチ手術、ナビゲーションシステム、人工心肺装置の操作、ラジオ波焼灼装置の操作、蛍光カメラ置の操作、自己血回収装置の操作、内視鏡手術の立会い等の臨床技術サービスを行います。特に、内視鏡外科手術を安全・スムーズに施行できるよう努めています。

▼集中治療室(ICU・NICU)

集中治療室(ICU)では、血液透析、血漿交換、持続的血液濾過透析(CHDF)などの急性期を中心とした血液浄化業務とPCPS、IABP、人工呼吸器の操作・点検等の生命維持管理装置の管理を行っています。

新生児集中治療室(NICU)では、保育器、人工呼吸器などの生命維持管理装置などの保守管理を行っています。また、CHDFやNO吸入療法、低体温装置などの特殊治療の操作もサポートしています。

▼心臓カテーテル検査

心臓カテーテル検査では、冠動脈造影検査や経皮的冠動脈ステント留置術などの検査の立会い業務、血管内エコー、IABP、PCPSなどの機器の操作を実施しています。
また、ペースメーカの埋め込みや外来でのペースメーカチェックなど、ペースメーカ関連業務も実施しています。