検査技術部

血圧脈波検査

血圧脈波とは

血管を流れる血液の脈動の速さや四肢の血圧を測り、血管の硬さと狭窄(動脈硬化の程度)を調べます。

血圧脈波検査でわかること

▼この検査では次の2つのことが判ります。

(1)脈波伝播速度(血管の硬さ)

心臓から押し出された血液により生じた拍動が動脈を通じて手や足に届くまでの速度のことで動脈が硬いほど速くなります。

(2)上腕と足首の血圧比(血管の詰まり具合)

上腕と足首の血圧の比を測定することで血管の狭窄の程度が分かります。健常人の場合、足首血圧は上腕血圧より高いのが普通ですが、足の動脈が脂質等で詰まったりすると、血流が悪くなり上腕の血圧より低くなり、上腕と足首の血圧比の値が低くなります。

平成24年の死因順位をみると、第1位は悪性新生物、第2位は心疾患、第3位は肺炎、第4位は脳血管疾患となっています。 なかでも心疾患と脳血管疾患の多くが血管の壁が厚くなって弾力性が失われ、血管が劣化したり狭くなってしまう『動脈硬化』が原因で起こっています。

血がネバネバしてきて、血や脂のかたまりができやすくなる

血や脂のかたまりが血管の内壁に付いて狭くなり、血の流れが悪くなる

血や脂のかたまりがついに血管を塞ぎ、血が流れなくなる

検査の注意事項

  1. 胸部・両手首に電極を装着し、両上腕部・両足首の4ヶ所の血圧を同時に測定します。血圧を測るのと同じくらい気軽に受けられます。薄手の服装ならそのままで測定できます。
  2. 検査中は、心臓の音も記録していますので、お話はできません。

    ※所要時間は5~10分程度です。
    ※予約外の方はお待ち願っています。