検査技術部

病理検査

病理検査とは

人体から採取した組織、細胞からプレパラート(顕微鏡で観察できるガラス標本)を作成し、顕微鏡で形態を観察することで病気の確定診断、病期や予後の推定、治療効果の判定を行う検査です。病理検査は、検体の種類・採取方法や目的によって組織検査と細胞診検査に分けられます。

<1.検体採取(生検・手術)>

病気の確定診断の目的で組織検査をするために、病変の一部を採取することを生検と言い、治療の目的で病変部を切除した組織を手術検体と言います。例えば胃カメラで病変の一部を採取することが生検で、その結果で胃を切除するのが手術です。

(1)固定

臓器が長期間保存できたり、標本を作りやすくするためにホルマリンなどの薬品に浸します。

(2)切り出し

手術で取り出した大きな組織は、顕微鏡で観察できる程度の大きさに標本を作る必要があります。肉眼的に詳しく観察し、標本を作るための適切な部位を何ヶ所も切り採ります。

(3)パラフィンブロックの作成

切り出した組織は後で薄く切る(薄切)ために、組織の中の水分を取り除き、パラフィン(ロウのような物)を浸透する操作を1晩かけて行います。翌日溶かしたパラフィンに組織を埋め込み、冷やして固めパラフィンブロックを作ります。

(4)薄切・伸展

組織を埋め込んだパラフィンブロックをミクロトームで通常3~4μm(1μmは1000分の1ミリ)の薄さに削るように切ります(薄切)。薄切した組織はガラスにすくい取り、温めながら伸ばして貼り付けます(伸展)。

(5)染色

伸展したガラス標本は顕微鏡で観察できるように染色を行います。染色は診断の必要に応じて様々な方法や種類の染色が行われます。

(6)検鏡・診断

こうして作られたプレパラートを顕微鏡で観察し、臨床診断、臨床症状、経過、検査成績などをもとに、形態学的に診断し、病期や予後の推定、治療効果の判定を行います。直接患者さんを診る臨床医とは別に、顕微鏡をとおしてミクロの世界で診断しているのが病理医で、その診断を病理診断と言います。

<2.細胞診検査>

尿や喀痰、胸・腹水などの液状検体に含まれる細胞や、病巣をこすったり、穿刺して得られた細胞からプレパラートを作成し、顕微鏡で異常な細胞を見つけ出し、細胞レベルで診断する検査です。 細胞検査士の資格を持った検査技師と病理医が検査をしています。組織検査が出来ない液状検体や、子宮ガン検診、乳腺や甲状腺など皮膚から近い腫瘤の穿刺に有用です。

(1)染色

採取した細胞をガラスに貼り付けて、アルコールで固定し、必要に応じて多種の染色を行います。

(2)検鏡・診断

プレパラートが出来上がると、顕微鏡をのぞいて数えきれないほどの細胞の中から、悪性細胞(ガン細胞)や病気の原因となる細胞、病原性微生物などを見逃さないよう探し出します(スクリーニング)。細胞診は病気の原因をつきとめたり、抗がん剤や放射線療法など悪性腫瘍の治療効果の判定に利用されます。

<地域検診と細胞診>

住民検診などで、細胞を採取して検査することにも「細胞診検査」がお役に立っています。

子宮がん検診

子宮がんには性質の違う頸がんと体がんの二種類があります。膣から子宮をつなぐ入り口の部分に発生する頸がんは性交渉によるウィルス(HPV)の感染が関係していることがわかっています。ワクチンも開発され普及も進んできていますが、依然として子宮がんに占める割合は高く、細胞を調べる簡単な検査でがんになる手前の状態やがんの早期発見が可能な細胞診検査が重要とされています。

肺がん検診(かくたん検査)

肺がんの一次検診では、(肺X線検査)(かくたん細胞診)が指針となります。かくたん細胞診は50歳以上で喫煙指数(1日の喫煙本数×喫煙年数)が600以上、もしくは40歳以上で6ヶ月以内に血たんのあったハイリスクの人が対象となります。かくたんの中からは肺がん細胞を発見することもできます。早期発見・早期治療が大切です。