放射線技術部

放射線技術部

放射線技術部のご紹介

放射線技術部では放射線科医師や各診療科医師と連携し、診療放射線技師が先進機器を用いて放射線検査と放射線治療を行っています。安全に検査・治療を受けていただくための医療安全対策や装置の点検整備・医療技術の向上に日々努めています。
赤十字の精神を原則に地域医療に貢献することを目標とし、24時間体制で緊急の検査に対応しています。

スタッフ紹介

放射線技術部 部長 松原 伸一郎
放射線技術部 技師長 井手 充浩
診療放射線技師 27名(女性7名)
看護師 9名
事務・技術員 4名

患者さんへ

  • 検査・治療によって放射線受付が1階と2階に分かれています。
    ○2階受付:一般X線撮影・乳房撮影・歯科撮影・消化管検査・骨塩定量検査
    ○1階受付:CT・MRI・RI・血管撮影(IVR)・放射線治療
  • 妊娠の可能性のある場合は検査の前に主治医または放射線科職員に申し出て下さい。
  • 検査を安全に行うために問診票や造影剤使用の同意書のご署名をお願いしております。主治医または放射線科医師から検査の内容・方法・予想される危険性などをご説明いたしますので十分ご理解いただいた上でご署名をお願いいたします。
  • 放射線に対する不安や検査等の疑問点などがございましたら、いつでも放射線科受付までお問い合わせ下さい。

ニュース

  • 《Angio室・Hybrid手術室》
    2018年3月より、PHILIPS社製の血管撮影装置Azurionが血管造影室に2台、手術室に1台導入されました。血管造影室には2方向の撮影が同時にできるバイプレーン装置、手術室にはシングルプレーンの装置が入り、X線透視を使用しながら手術を行うことができるハイブリッド手術室になります。導入された装置は低被ばくと高画質の両立を実現し、また最新の技術により高難度な手技を確実に実行することをサポートします。
  • 《乳房撮影室》
    2018年3月にマンモグラフィ検診施設画像認定を取得しました。
  • 《MRI検査》
    2017年12月よりPHILIPS社製の3テスラ磁気共鳴イメージング(MRI)装置を更新しました。最新の技術を使用し、3テスラMRI装置2台でより詳細な検査を行っています。