放射線技術部

放射線技術部

放射線技術部のご紹介

放射線技術部では放射線科医師や各診療科医師と連携し、診療放射線技師が先進機器を用いて放射線検査と放射線治療を行っています。安全に検査・治療を受けていただくための医療安全対策や装置の点検整備・医療技術の向上に日々努めています。
赤十字の精神を原則に地域医療に貢献することを目標とし、24時間体制で緊急の検査に対応しています。

スタッフ紹介

放射線技術部 部長 松原 伸一郎
放射線技術部 技師長 井手 充浩
診療放射線技師 27名(女性7名)
看護師 9名
事務・技術員 4名

患者さんへ

  • 検査・治療によって放射線受付が1階と2階に分かれています。
    ○2階受付:一般X線撮影・乳房撮影・歯科撮影・消化管検査・骨塩定量検査
    ○1階受付:CT・MRI・RI・血管撮影(IVR)・放射線治療
  • 妊娠の可能性のある場合は検査の前に主治医または放射線科職員に申し出て下さい。
  • 検査を安全に行うために問診票や造影剤使用の同意書のご署名をお願いしております。主治医または放射線科医師から検査の内容・方法・予想される危険性などをご説明いたしますので十分ご理解いただいた上でご署名をお願いいたします。
  • 放射線に対する不安や検査等の疑問点などがございましたら、いつでも放射線科受付までお問い合わせ下さい。

ニュース

  • 《CT室》
    2016年10月より東芝社製 エリアデテクタCT  AquilionONEが稼働しました。
    循環器(心臓・冠動脈)の撮影をより効率よく、短時間で撮影できるようになり、その他の部位でも高画質な画像が低線量且つ短時間で得られるようになりました。
  • 《核医学検査》
    2017年1月よりSIEMENS社製Symbia T6が稼働しました。
    核医学画像にCT画像が加わり位置情報が把握しやすくなります。また高エネルギーコリメータの採用により副腎アドステロールシンチが可能となりました。