内科

腎臓・膠原病

目標(平成28年度)

  1. 腎臓・膠原病患者を中播・西播地域全体で総合的に診療する体制作り
  2. 腎臓・膠原病患者の健康長寿を目指した診療、患者指導を行う
  3. 日常診療で見つけた発見を発信する

カンファレンス、勉強会等開催状況(平成27年度)

  • 腎・膠原病カンファレンス(毎週月曜日17~18時)
  • 腎臓・膠原病回診(毎週火曜日9~12時)
  • リウマチカンファレンス(月1回、整形外科・内科合同で開催)
  • 膠原病地域連携カンファレンス(年2回)

その他の活動(平成27年度)

臨床研究
  1. 糖尿病診療におけるSGLT2阻害薬の臨床的効果の検討(岡山大学を主管校とする多施設共同研究)
  2. 膠原病患者末梢血リンパ球におけるCD4陽性Dock8陽性T細胞検出の研究(九州大学を主管校とする多施設共同研究)
  3. 血中、尿中、腎組織における、Semaphorin3A、TFF、5MedCyD、Klotho検出による腎臓病(検尿異常、腎炎、腎機能障害)の新規診断法の開発(岡山大学を主管校とする多施設共同研究)
  4. 妊娠糖尿病におけるインスリン導入となるリスク因子の同定
投稿論文
(論文名、所属、著者名、雑誌名、巻(号):頁数、年号)
  1. 抗リウマチ薬および生物学的製剤の選択に関する考察. 香川英俊ほか. 姫路赤十字病院誌. 2015; 39: 14-20.
  2. 低補体血症を伴ったANCA関連血管炎の2例. 大山麻美ほか. 姫路赤十字病院誌. 2015; 39: 67-70.
学会発表
(演題名、学会名、発表年月日、発表場所、所属、発表者名)
  1. IgA腎症に対する扁摘、ステロイド、ミゾリビンによる集学的治療の有効性・安全性の検討. 第58回日本腎臓学会学術集会. 平成27年6月5日.名古屋国際会議場. 香川英俊
  2. ループス腎炎の組織学的寛解を予測する臨床指標の検討. 第59回日本リウマチ学会学術集会. 平成27年4月25日. 名古屋国際会議場. 香川英俊
  3. 最近10年間における新規診断ループス腎炎の発症率、臨床像、予後. 第59回日本リウマチ学会学術集会. 平成27年4月23日. 名古屋国際会議場. 香川英俊
  4. MPO-ANCA関連血管炎患者に対する免疫抑制薬併用療法の有効性と安全性についての検討. 第59回日本リウマチ学会学術集会. 平成27年4月23日. 名古屋国際会議場. 山中龍太郎
  5. CADMに対しステロイド、TAC、IVCYの3剤併用療法を施行した1例. 第51回日本赤十字社医学会総会. 平成27年10月16日. 北見市民会館. 綱島陽子
  6. フェニトインによるてんかん治療中に発症した急性腎不全の1例. 第45回日本腎臓学会西部学術集会. 平成27年10月23日.金沢歌劇座. 山中龍太郎
  7. マイトマイシンCを含む化学療法後に発症した血栓性微小血管障害(TMA)の1例. 第45回日本腎臓学会西部学術集会. 平成27年10月24日.金沢歌劇座. 林玲加
  8. 腎生検で発見されR112H変異、Lyso-Gb3軽度上昇を呈した腎型Late-onsetファブリー病の1例. 第45回日本腎臓学会西部学術集会. 平成27年10月23日.金沢歌劇座. 大西章史
  9. フェニトインによるてんかん治療中に発症した急性腎不全の1例. 岡山大学第三内科講演会. 平成27年6月20日. 姫路キャッスルホテル. 縄稚翔一
  10. 帝王切開後に発症し自然軽快した高安動脈炎の1例. 岡山大学第三内科講演会. 平成28年1月26日. 姫路キャッスルホテル. 縄稚翔一
  11. 腸管ベーチェット病を併発したMDSの1例. 岡山大学第三内科講演会. 平成28年1月26日. 姫路キャッスルホテル. 夏秋愛
  12. 偽痛風を契機に診断された副甲状腺機能亢進症の1例. 岡山大学第三内科講演会.平成28年2月27日. 姫路キャッスルホテル. 杉本茉里恵
講演会
(演題名、講演会名、講演年月日、講演場所、所属、発表者名) 
  1. セルトリズマブ・ペゴルの使用経験から考えるTNF阻害剤の臨床的力価とベストユース. Himeji Rheumatoid Arthritis Seminar. 平成27年5月30日. ホテル日航姫路. 香川英俊
  2. 長期予後改善を目指したループス腎炎診療. 第25回九州・山口ループス腎炎治療研究会. 平成27年8月8日. 福岡県中小企業振興センター. 香川英俊
  3. 長期予後改善を目指したループス腎炎診療. 第14回東北臨床免疫研究会. 平成27年8月22日. ラ・プラス青い森. 香川英俊