体内リズムを整えましょう ③光不足を補う
2020.05.04

2020.05.04

(3)日中はできるだけ明るい窓際で作業して光不足を補う

 

朝、起床後にさらに太陽光を浴びることで、体内時計のリセットとセロトニンをスムーズに分泌できるようになるので、体内リズムを整え、精神面での安定、睡眠の質の向上など健康面に配慮できるようです。

ストレスを感じがちなこの時期こそ、起床後は意識して太陽光を浴び、『トリプトファン』を多く含む朝食を食べて一日をスタートさせることが大切なようです。日中は光不足を補い、夜は就寝時間が近づいたら暖色系の照明に・・・

 

在宅学習で外に出かけない場合、日中はどう過ごすのが理想的?

 

活動時間である日中も光を意識しましょう。特に午前中から午後の早い時間までは窓際で作業をしたり、休憩の時に窓際や玄関先でストレッチをするなどして、光不足を補っていくことが大切だそうですよ。そして、ちゃんとランチも楽しくおいしく食べることが推奨されています。

おうちでの生活は意外と忙しいですね。

この続きは明日のお昼に更新予定です。お楽しみに!

5月 2020
« 4月   6月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

おすすめコンテンツ

学校新聞「カリオン」
あなたにピッタリな仕事を知ろう OPEN CAMPUS!
姫路赤十字専門学校だより
よくある質問:Q&A
資料請求はこちら 募集要項請求