2019年を振り返って
2019.12.31

 広報委員の1年生です。

あっという間に1年が過ぎ、2019年も残すところあと1日です。この1年はみなさんにとってどんな1年でしたか?

クラスの方に今年を振り返ってもらいました!

Aさん 😛 

1月にこの学校を受験し、2月に合格発表があり無事合格し、4月に入学式があり、それから初めての実習や支部訪問、戴帽式など、たくさんの充実した思い出が詰まった1年間でした。18年間生きてきた中でダントツで過ぎるのが早かった1年間です!年明けからは基礎IIの実習が始まるので気を抜かず、クラスⅠ全員で頑張りたいです!!

Bさん 😉 

私は今年の1年を振り返ると、姫路赤十字看護専門学校に合格するために正月も勉強していたことを思い出します。この学校に合格したと分かったときはとても嬉しかったです。入学してからは知り合いも少なく、今までしたことのない勉強や演習があり、不安でいっぱいでした。でもクラスみんなはとても優しく、今では心強い仲間です。これからもみんなで支え合いながら頑張っていきたいです。

〈広報委員から〉 

    先日、クラスⅠ総員40名で今年を締めくくる忘年会を開催しました姫路赤十字看護専門学校に入学してからの日々を振り返ると同時に、今後も誰一人欠けることなく夢に向かって努力していきたいという気持ちを伝え合う良い機会となりました。また、励まし合える仲間がいることの心強さを改めて認識することができ、有意義な時間となりました。

{"total_effects_actions":0,"total_draw_time":0,"layers_used":0,"effects_tried":0,"total_draw_actions":0,"total_editor_actions":{"border":0,"frame":0,"mask":0,"lensflare":0,"clipart":0,"text":0,"square_fit":0,"shape_mask":0,"callout":0},"effects_applied":0,"uid":"7D8AEF3A-C889-4BFE-BBC0-25ADFC6BB5E1_1577024695382","width":1478,"photos_added":0,"total_effects_time":0,"tools_used":{"tilt_shift":0,"resize":0,"adjust":0,"curves":0,"motion":0,"perspective":0,"clone":0,"crop":0,"enhance":0,"selection":0,"free_crop":0,"flip_rotate":0,"shape_crop":0,"stretch":0},"source_sid":"7D8AEF3A-C889-4BFE-BBC0-25ADFC6BB5E1_1577024695390","origin":"gallery","height":1108,"subsource":"done_button","total_editor_time":102,"brushes_used":0}

さて、冬休みが明けるといよいよ基礎看護学実習Ⅱが始まります。今まで習ってきた技術を十分に発揮し、実習メンバーと協力し助け合いながら頑張りたいと思います!2020年もよろしくお願いいたします。

それでは皆さん、良いお年を!!

統合実習を終えて
2019.12.23

こんにちは!広報委員の3年生です。

なんと!!私たちは、1,035時間の全ての実習を12月13日に終えました :-)  :-) 

最後の統合実習での学びをみなさんに伝えたいと思います。

 

まず、5階東整形外科病棟に実習にいったAさん!!

 

統合実習では、患者中心の看護の大切さを改めて学びました。

はじめは、複数の患者を受け持つということに必死で、自分たちがどう動けば良いのかばかりを考えてしまっていました。しかし、先生や指導者からアドバイスをいただき、それでは患者が置き去りになってしまっていると気付きました。それからは、チームのみんなで協力して、患者が何に困っているのか、患者の求めているものは何なのかを考えていくことができたと思います。

これからも、患者に関心を持ち、患者中心の看護が行えるような看護師になれるよう頑張りたいです。

 

 

次に3階東循環器内科病棟にいったBさん!!

 

私は、統合実習で、チームで連携する事の大切さを学びました。学生も看護チーム・医療チームの一員として、受け持っている患者の情報を学生内だけでなく、多職種へ発信する事で、さらに広い視野で考えることができ、それが患者によりよい看護・医療を提供できることにもつながると感じました。

また、受け持たせていただいていた患者から、大切な言葉を頂きました。その患者は、「今回の入院したことが今までの人生で一番しんどかった。でも、その中で学生さんや看護師さんが、かけてくれた言葉で励まされたり、少しずつ前向きになれました。弱っている時にかけてもらえた言葉を一生忘れません。」

と話されていました。その言葉から、身体的にも精神的にも弱っている患者にとって、看護者の声掛けや関わりで勇気付けることも出来るが、逆に何気ない言葉で不安を煽ってしまったり、辛い思いをさせてしまうこともあると感じました。

受け持ち患者から頂いたこの言葉を大切に、私自身も環境の一部として、自分自身の態度や一つ一つの言動が患者に与える影響を考え、患者を精神面でも支えられる看護師になりたいと感じました。

統合実習で、たくさんの学びを得ることができたため、この学びを臨床にでてからも活かせるよう、残り数ヶ月、国家試験の勉強を頑張りたいです。

 

 

次は、6階西外科病棟に実習に行ったCさん!!

 

統合実習では、今までの実習の集大成としてチーム全員で複数の患者を受け持たせていただきました。今までの実習との違いに戸惑いながらも、どのような看護を行っていくべきかを日々試行錯誤しながら実習を行っていくことができました。また、病棟が同じ学生、違った学生が毎日声を掛け合いながら行っていくことができクラスのみんなの存在の大きさを改めて感じることが出来ました。この実習での学びを今後の看護に活かして生きたいと思います。

 

 

 

学生一人ひとり、今までの実習での学びを活かしながら、統合実習でも大きな学びを得ることができたと思います。特に今回の統合実習では、改めてチームで連携することの大切さを強く感じた学生が多かったです。実習だけでなく次は国家試験に向けて、みんなで協力し全員合格できるように頑張りましょう 😉 

クラスⅢ 統合実習
2019.12.16

12月16日(月)

 11月27日~12月13日に統合実習がありました。統合実習では、5~6名の学生で4~5名の受け持ち患者を担当します。学生も看護チームの一員として、病棟カンファレンスで発言をしたり、準夜の看護師に申し送りをしたり、部長回診の前に医師に情報提供する機会もあります。

 患者様の退院後の生活を整えるための情報収集は、すばらしかったです。さすが3年生です。家の構造や食事は誰が作っているのか、内服管理の方法、買い物をする店までの距離、犬の散歩コースなど…また患者様の思いも退院調整カンファレンスで情報提供をしました。筋力低下を気にされているため、デイサービスよりもデイケアの方がいいと思うなど自分たちの意見も伝えていました。

 3年生は、すべての実習を終えました。チームで看護をする大切さ、楽しさも感じてくれたと思います。4月からは看護師として働きますが新卒だからと甘えず、自分の考えを発信し、チームの一員として看護を行って欲しいと思います。

 病棟師長をはじめスタッフの皆様には、学生の意見をしっかりと聞いて頂き、学生が考えた看護を実践できるよう配慮していただきました。病棟カンファレンスでは発言しやすい雰囲気を作って頂きました。たくさんの学生が実習が楽しかったと言っています。ご指導ありがとうございました。

 

 

IMG_0614 IMG_0617 IMG_0670 IMG_0621 IMG_0657 IMG_0660 IMG_0609 IMG_0630 IMG_0641 IMG_0662 IMG_0667 IMG_0675 IMG_0680 IMG_0683

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*写真の掲載は、本人の了承を得ています

 

 

母性の授業で学んだこと
2019.12.16

こんにちは!広報委員の2年生です

私たちは2年生になってからの授業で、たくさんのグループワークやロールプレイを行ってきました。

そこで、今回は「マタニティサイクルにある人々の看護-2」でのグループワーク、ロールプレイを通して感じたことについて聞いてみました‍♀️

Aさん
今回は先生が患者役(産褥婦役)でした。
いつもと違う形でのロールプレイだったので、いつも以上に緊張しました。
限られた時間の中で何を優先して観察し、ケアを行うのかを考え、より実習に近い形で看護を実践することができました。
また、実際に病棟で働かれている助産師の方々にも臨床の場からの意見を聞くことができ、とてもいい学びになりました。
これから母性看護学実習もあるので、今回のロールプレイでの学びを活かしていきたいです。


Bさん
発表に向けて、グループワークを重ね、産後の身体の変化をアセスメントしつつ、セルフケア能力を高めてもらう方法について話し合いました。
今回は、産後のお母さん役を先生がされ、フィードバックに病棟から二人の助産師さんに来ていただきました!
褥婦さんのリアルな不安の声が聞け、実際の病棟ではどのように対応しているのかなどを知ることができ、今後の看護に生かせる深い学びになりました。
お母さん方が感じられている不安を軽減し、より健康に過ごしていただける援助について、さらに学習していきたいと思います。

ありがとうございます!
本や教科書を読むだけではイメージしにくかったことも、ロールプレイを行ってみることで、褥婦さんの思いや、どんな声掛けだと褥婦さんに伝わりやすいかなどを考えることができましたね
病棟の助産師さんの貴重なご意見も、今後の実習などに活かしていきたいですね!!
これからもたくさんのグループワークやロールプレイを通して、学びを深めていきましょう!

球技大会
2019.12.15

 11月22日(金)に球技大会がありました。毎年の球技大会は、学年対抗で球技を行っていました。しかし今年は4月の新入生歓迎会が中止になったため、3学年合同チームでの球技大会となりました。

 午前中に自己紹介ゲームをしてお互いを知り、午後からドッジボールとバドミントンをしました。新入生歓迎会の目的である、学年を越えての交流もできたようです。1・2年生には、高校でバドミントン部の学生が多くかっこよかったですが、教員の中にはバックしようとして転倒し尻もちをついた者も…

 最後に、教員・指導者チームVS学生有志でドッジボールをしました。学生は容赦ないので、すぐに全滅になりました。悔しい…

 

IMG_0407 IMG_0417 IMG_0413 IMG_0467 IMG_0418 IMG_0438 IMG_0431 IMG_0520 IMG_0529 IMG_0548 IMG_0553 IMG_0549

クラスⅡ マタニティサイクルにある人々の看護‐2 演習
2019.12.05

 令和元年12月5日(木)、クラスⅡは「マタニティサイクルにある人々の看護‐2」の演習を行いました。産褥3日目の褥婦「姫子」さんと正常新生児の「太郎」ちゃんの事例で、事前にグループで看護計画を立案しました。立案した計画をもとに実際に援助を行いました。

 状況設定としては、全身の回復状態、乳房・授乳状態の観察と援助、生殖器の復古状態のアセスメント、復古促進の援助として産褥体操を促す等です。クラスⅡは、事前に放課後を使って練習し、演習に臨みました。計画を発表し、援助を実施、その後、質疑応答、観察者・臨床指導者からのフィードバックを受けます。

 昨年に引き続き、4階東病棟・MFICU(母体・胎児集中治療室)の臨床指導者に演習に参加して頂き、感想や質問に答えてもらいました。

 2月から母性看護学実習も始まります。妊娠・分娩・産褥期のイメージがつきにくく、苦手意識を持つ学生もいますが、臨床指導者と共に演習したことで、実習が楽しみになったようです。お忙しい中、演習に参加して頂いてありがとうございました。臨地でもよろしくお願い致します。

看護計画発表

看護計画発表

全身の回復状態を観察します

全身の回復状態を観察します

体調はどうですか?

体調はどうですか?

産褥体操をしましょう

産褥体操をしましょう

肩をまわしましょう

肩をまわしましょう

臨床指導者講評

臨床指導者講評

 

トライやるウィーク
2019.11.15

14日午前中に看護学校に中学2年生が8名トライやるウィークで職業体験にやってきました。

看護師を目指している人のほか、医師、薬剤師、保育士を目指している人もいれば、

まだ、決まっていない人もいました。

看護学校では、「マタニティサイクルにある人々の看護2」の授業で2年生の沐浴演習に参加しました。

皆、興味津々で臨み、最後には赤ちゃんを抱っこして沐浴を体験しました。

緊張しながらも本当にやさしい穏やかな表情で沐浴を実施している姿が印象的でした。

そのあと、高齢者体験や妊婦体験や口腔ケア、新生児の身体計測などを経験しました。

筋肉や神経の模型や心臓や歯、耳の模型を直接触って、幼稚園の時代からこういう模型に触れる機会が

あれば楽しく学べるのにと意見をいただきました。

皆、楽しかったと笑顔で話してくれました。

とても興味深く積極的に参加されており、こちらが圧倒されました。

それぞれの夢に向かって進んでいくことを祈っています。

 

9月 2020
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

おすすめコンテンツ

学校新聞「カリオン」
あなたにピッタリな仕事を知ろう OPEN CAMPUS!
姫路赤十字専門学校だより
よくある質問:Q&A
資料請求はこちら 募集要項請求