卒業式 「学校長式辞」
2021.03.05

本日はご卒業誠におめでとうございます。

卒業式はビデオでご家族、保護者の方々が見られると聞いております。

保護者の皆様「ご子息・ご息女が卒業を迎えられました事、誠におめでとうございます。」

ちょうど1年前の3月5日姫路市でも新型コロナウイルス感染症患者さんが初めて確認されました。そして姫路赤十字病院は地域で初めての患者を受け入れました。

その日から病院も、そして看護専門学校での生活もがらりと変わりました。今まで想像もつかない生活が始まったともいえます。「三密を避ける」のもと、看護専門学校での学習のあり方も一変しました。

本来看護は患者に寄り添うことを基本としますが、コロナではそれが出来ません。

一同に会せず学習を進めていくことが求められました。座学はオンラインとなり、実習は医療シミュレーターが主体となりました。臨地実習は制限のある中での学習となり、例年とは全く異なったものになってしまいました。

これらの矢面に立ったのが、本日卒業していく君達です。 卒業生も大変だったと思いますが、それと同じぐらい教育に携わった教師をはじめ多くの関係者の方々も大変苦労をしてくださいました。

お互いが苦労、工夫を積み重ねることにより、卒業式を迎えることが出来ました。改めてもう一度「卒業おめでとう。ご苦労様でした」とお祝いの言葉を申し上げます。

それとともに卒業まで導いてくださった保護者の皆様、教職員、関係方々に感謝の念を持ってください。

今後、皆様のほとんどの方は看護師として社会人の一人となります。新型コロナウイルス感染症を経験したことはネガティブなことばかりではありません。

新たな感染症に対して社会はどの様に対応したか。結果どの様であったかを実際に経験し、目の当たりにしました。コロナはまだまだ収束の目処は立っておりません。

さらにアフターコロナは以前の社会とは全く異なるものになると考えられます。社会の転換期に私たちはあります。このような体験を出来るのは今の時代に生きている人たちのみです。

これからの社会を作るのは、コロナを経験した君たちが中心となることは間違いありません。今経験していることを生かして、新しい時代を切り開いてほしいと思います。

このようなチャンスはまたとありません。

同じことが医療の世界でも起こると考えます。私たち医療従事者にとって一生の間ほとんど経験することのない貴重な事態の真只中にいるとも言えます。

かの看護師の祖と言われるフローレンス・ナイチンゲールは統計に基づく医療衛生改革でも有名です。

クリミア戦争の悲惨さを客観的に観察し、病院内の不衛生など、蔓延する感染症対策に重きを置き、従軍兵の死亡率の低下に貢献しています。

現在進行中の新型コロナに関して、公衆衛生の問題、危機管理の問題、政治的な問題、経済的な問題も含めて客観的に観察して、どの様な対策がベターなのか、ベストなのかを、政府を中心に行動をしていますし、私たちの病院も日々対策を練っているのが現状です。

何が正しかったか、何が間違っていたかを今後検証することになるかと思います。これから看護師となる皆様も、現実に起こっていることをしっかりと見届けることが重要です。

もう一度言いますが、この様な経験はまたと無いものと自覚すべきと思います。これからの人生の中できっと役に立たせていただきたいと思います。

挨拶の最後としまして、赤十字のことについて触れたいと思います。

卒業生の皆様は、3年前に看護の道を目指して姫路赤十字看護専門学校に入学されました。入学試験のときの面接時のことを思い起こしてください。

多くの方が漠然とした赤十字の精神について語られたと思います。入学してからこれまでに赤十字についての講義も受け、実践もされてきました。

看護職は赤十字の精神に通じるところが多々あり、「いかなる状況下でも、人間の命と健康、尊厳を守る」という赤十字の精神をしっかりと学ばれました。

ナイチンゲール記章受章を7人も輩出したすばらしい赤十字看護専門学校で学んだことを誇りに思ってください。

特に本日皆様が着用している制服には、赤十字の誇り、先輩たちの想いが込められています。この想いをいつまでも持ち続けていただくことを願います。

皆様はほとんどの方が看護師として旅立ちます。本日の卒業式の意義をしっかりと胸に、真の社会人、看護師としての研鑽を続けていかれることを期待して、学校長としての挨拶とします。

本日はご卒業誠におめでとうございます。 

令和3年3月5日 姫路赤十字看護専門学校 学校長 佐藤 四三                                                              

 

 

国家試験、無事終了!!
2021.03.01

こんにちは!3年生の広報委員です。

私達3年生は、2月14日に大阪で第110回看護師国家試験を受けてきました。当日は前夜の東北での地震の影響で、一時間遅れでの開始となりましたが、3年生全員で無事に受験する事が出来ました

今回のブログでは、3年生の国家試験前日や当日の過ごし方について紹介したいと思います

 

〜前日〜

国家試験前日は、前泊のため大阪で過ごしました

今年は緊急事態宣言に伴い予約した宿泊ホテルが営業停止となり、系列のマリオット都ホテルに泊まりました。国家試験前日で緊張もありましたが、外の景色を眺めたり、友達と話したりして緊張をほぐしました!また、2年生から応援動画をもらって、改めて頑張ろうと思えました2年生のみんなありがとう!

 2月広報-1

こんなホテルに泊まりました!

 

 2月広報-2

ホテルから見えた景色!

 

 2月広報-3

綺麗な夜景でした★

 

2月広報-5 

お菓子を食べながら勉強中

 

 2月広報-4

お守りも一緒に持っていきました!

合格できますように…

 

〜当日〜

当日は、試験会場でアドバイザーの先生方に送り出して頂きました!試験は1時間遅れでの開始となりましたが、今までに勉強してきたノートを見返したり、先生方や先輩達にいただいたお菓子を食べたりしながら過ごしました。また、クラスメイトと席が近かったので、安心して国家試験を受ける事が出来ました

 

 2月広報-6

朝焼けも綺麗でした!

 

 2月広報-7

たくさんの応援のお陰で、最後まで頑張る事ができました

 

ここで、3年生からの国家試験を受けての感想を紹介します!

1・2年生の皆さんもぜひ参考にしてみてください。

 

・前日は自分の好きなもの、美味しいもの食べるとリラックスできていいよ◎

・前日からすごい緊張しました。でも、とりあえずリラックスして、前日の夜は眠れなくても目をつぶってると休めるので、とにかく休むこと!

・前日はしっかり寝ること。落ち着けば大丈夫

・遅くまで勉強頑張りたい気持ちは分かるけど、やっぱり早く寝た方がいい!

・前日は勉強はあまりせずに夜景を見ながらラジオを聞いて、とにかくリラックスしようと過ごしていました。落ち着いて望むことが1番大事なんじゃないかなと思います!

・前日は緊張しすぎてなにも頭に入ってこなかったけど、今まで自分が使っていたノートとかを見直して少しでも安心できるようにした。友達と一緒に過ごすことで安心できた。

・自分でまとめた苦手ノートを前日の夜に確認しました!

・前日はとても緊張するので友達と話しながら一緒に勉強することで少しはリラックスして試験に臨むことができました。

・前日は今まで間違えてきた問題じゃなくて、解ける問題・解けるようになった問題を見直すことがオススメです!その時にできることを確実にとれるようにして、自信をつけてください◎

・前日は新しい問題を見ず、自分が苦手なところの復習や見返しをするといいと思います!来年の国家試験、頑張ってください!

・国試前日は、なるべくリラックスして過ごそうと美味しいご飯を食べたり、お互いに問題を出し合い知識の最終確認を行いました。緊張はすると思いますが、「自分はここまでやってきた。」と信じることがとても大切なことだと思います。

・国家試験前日はとても緊張して中々寝付けませんでした。会場に入って、落ち着けるか心配だったけど、いざ始まるとあっとゆうまでした。これまで頑張ってきた自分を信じたら大丈夫です。大変なことが多いかもしれないけれど、看護師という目標に向かって息抜きしながら頑張ってください。

・前日は緊張で眠れないこともありましたが、早めに布団に入り目をつぶって深呼吸をして翌日の国試に臨みました。寝れなくても布団に入ることで休息できるので、前日はしっかりと休んで当日に集中できるようにするのがいいと思います。

地震の影響で国試開始時間が1時間遅れて、予定通りではないスタートで焦りもありました。しかし、1時間勉強できる時間があると思い、最後の復習をすることで落ち着いて受験できました。国家試験頑張ってください!!!!

 

・国試当日の朝は緊張していたので、音楽をかけて気持ちを落ち着かせました。僕が聞いていたのは、サンボマスターさんの「できっこないをやらなくちゃ」とwacciさんの「リスタート」の2曲です。どちらの曲も、諦めずに「夢」に向かって頑張るという感じの曲なので、「看護師」という夢に向けて国試頑張ろうと思えた曲です!国試勉強は大変だと思いますが、諦めずに夢に向かって頑張ってください。

・国家試験前は友達と問題出し合ったりすると、まだ理解できていないところとか、知識の確認ができて勉強になるよ〜お互いに協力して頑張ってね!

・当日はとても緊張したので、目を閉じて自分に集中し、呼吸が浅くならないようにしました!

・当日はこれまでやってきた自分を信じる!

・当日は本当に不安なところだけ確認して、後は自分を信じましょう!

・これだけ勉強したんだから大丈夫!と自分に言い聞かせて本番に臨んだ。

・試験が始まってみると、緊張よりも、いつも以上にの集中力で臨めました。

・緊張したけど、試験が始まると落ち着いて解くことができた。

・周りに同級生がいて落ち着いて安心できた

・落ち着いて、頑張ってきた自分を信じてね。

 当日は不安にもなりましたが、今まで自分がやってきたこと、応援してくれる人たちの顔を思い浮かべて乗り切ることができました!みんななら大丈夫!実習での一つ一つの出会いを大切にしてください☺︎

・模試と一緒だと思う(見た目とか想像以上に一緒で落ち着けた)。普段どおりに過ごす。「これが終わればすべてが終わる。」と思って踏ん切りをつける。とにかく焦って読み間違いとかケアレスミスが起きないように丁寧に説いたら大丈夫!受かる!!!

・当日はとにかく落ち着いて、3年間の成果を出せるようにコンディションを整えて、マインドフルネスで望みました‍♀️

 

・後輩のみんな健康で、無事に国家試験を受けられることを心から願っています。無理はしすぎず、少しずつ前に進んでいけるよう頑張ってくださいね!とてもとても応援しています。

・周りの応援が支えになったり、終わった時の楽しみを考えて今までの自分を信じると落ち着いて頑張れた。

・国試が近づくにつれて不安になるけど毎日コツコツ勉強すれば、大丈夫!あと、前日は知識の確認だけして眠れなくても寝る!!

・過去問に加えて国家試験の予想問題も一緒に学習すると、より知識が深まるのでおすすめです。当日は持っていけるものが限られているので、勉強している間から当日持っていくプリントなどを1つのファイルにまとめておくと、前日や当日に落ち着いて復習ができると思います。

・自分を信じることが1番大切だと思います!頑張ってください!!

・国試の勉強は一年生からはじめておくと、あとが楽です。実習にも繋がることがたくさんあるので、おすすめします。

・勉強する時間と心の休息日ということで息抜きの時間も大切にしてください!

 

 

みんな国家試験お疲れ様でした。 3年生全員で過ごすのはあと少しだけど、最後まで頑張ろう!

最後に、学校長をはじめとした先生方や先輩方、後輩の皆さん、特別講義やたくさんの応援メッセージをありがとうございました!結果発表はまだ先になりますが、それぞれが目指す看護師像を大切にしながら、4月から新人看護師として精一杯頑張りたいと思います!

基礎看護学実習Ⅱつづきです。
2021.02.25

次は、内科、泌尿器科の混合病棟に行ったCさん!

 

基礎看護学実習Ⅱでは初めて受け持ち患者さんを持たせていただき、対象理解の大切さについて学びました。

部屋に行ってもいいのかなという戸惑いもありましたが、このままだと患者さんについて何も知らず、何もできないと

思い、ベッドサイドに行き話をさせていただくことができました。

私は始め、患者さんにあまり受け入れてもらえていない様子でどのように関わっていけばいいのか不安でした。

私はA氏が私をあまり受け入れてくれなかったのにはなにか理由があるのだろうかと思いながら、訪室させていただく

タイミングや時間に配慮して毎日A氏のところへ行かせてもらいました。

すると、始めは挨拶などをしてもなにも返してくれなかったA氏が、徐々に自分から話しかけてくださるようになり、

部屋を出る時に「失礼しました。」と声をかけると「ありがとうね。」と言ってくださるようになりました。

少しずつA氏の人柄や生活背景などを知り、日々の会話や援助を通してA氏に合った関わりをすることで関係性を深める

ことができたように感じました。

A氏は基本的に全て自分で行えていたため、A氏に対しあまり何もできなかったように感じていましたが、

A氏が退院される時には私に「お世話になりました。ありがとう。頑張ってね。」と言ってくださりました。

私は、患者さんについて知り、患者さん一人一人に合った関わりをすることも看護であり、

なにか技術を提供することだけではないと改めて感じました。

今回このような状況の中、受け入れてくださった実習先の方々や患者さん、先生方に感謝し、

これからの学習や実習に向けて頑張っていきたいです。 

 

最後は、脳外科、歯科口腔外科、耳鼻咽喉科の混合病棟に行ったDさん!

 

今回の実習を通して、患者を知るための情報は、患者の療養の場である生活環境や生活の様子などにも

多く存在しているということを学びました。

患者を知り患者個人にあった援助を計画することを目標にあげて実習に挑み、そのために患者と対話ばかりを

しようと考えていました。

しかし、患者は毎日どんな時でも話せる状態ではありません。また、話すことが好きではなくて一人で静かに

療養したい患者もおられます。

受け持たせていただいた患者が午後から体調を崩した時、今の状態に至るまでに何かヒントや情報があったのでは

ないかと、朝からの出来事を思い返しました。

そして今患者はどんな症状が出ているのか、それがいつから出ているのかを観察しました。

1秒1秒変化する患者を目の前にすると、なにをしたらいいのかわからずとても不安でしたが、自分にできることは

患者を知ることだと思い、五感を研ぎ澄ませました。

今回の患者の体調不良に気づいたのは、毎日の患者と少し違うところがある、と気付くことができたからであり、

気付くためには患者の周囲を広く知ろうとしていたからだと思っています。

患者を知るためには、その時だけを知るだけでなく、環境やそれ以前の事まで広く深く知ることが大切であると

学びました。知るための視点には、知識が必要だと思うので、これからの学習に精進していきたいです。

今回の実習ではたくさんの事を学ぶことができました!!また、今後の課題に気付く事ができ、

自分を見つめなおすことができる良い機会となりました。

最後に、このような状況下でも病棟での実習を受け入れてくださった病院の皆様、

実習を行えるように調整してくださった先生方に感謝し、

今回学んだことをこれからの学校生活や次の実習に活かしていきたいと思います :-)  :-)  

 

 

 

 

基礎看護学実習Ⅱを終えて
2021.02.25

 広報委員の1年です☆

 だいぶ温かくなってきましたね :-) みなさんはいかがおすごしですか?

 私たちは、1/25~2/9までの12日間、基礎看護学実習Ⅱがありました。今回の実習で、初めて患者さんを受け持たせていただきました。自分の知識不足や技術の未熟さに悩み、悔しさで涙する人もいましたが、実習指導者や病棟の看護師、先生方にご指導いただき、実習のグループで協力し、無事に終えることができました 😀  😀 

 今回の実習での学びをクラスメイトに聞いてきました!

 

まずは、脳神経外科、口腔外科、耳鼻咽喉科の混合病棟に行ったAさん!

 

 今回初めて実習で患者を受け持たせていただきました。今回の実習では患者さんに合わせることが大切だと感じました。講義や演習で学んだ援助を患者さんに実際に行うときに、患者さんの性格や嗜好に合わせたり、入院前の生活とできるだけ変わらないように援助内容や方法を考え、今患者さんが出来ていることや出来ないことについて、事前に看護師さんから患者さんの情報を集めたり患者さんとコミュニケーションを図りながら情報を集めて、必要な援助を行うことが求められると学ぶことができました。今回の実習は慣れないことが多く、病気や援助などの知識や技術が足りないと感じた実習でした。次回の実習では、今回の学びを活かし患者が治療に専念できるように努めたいと思います。

 

 

 次は、整形外科、リハビリテーション科、麻酔科の混合病棟に行ったBさん!

 

 今回初めて患者さんを受け持たせていただいたこの実習では、患者さんとの関わりを通し、患者さんにとっての苦痛とは何かを考え、その患者さんに合う援助に繋げることを学びました。患者さんとのコミュニケーションを通して、病気や入院に対しての思いや治療に対する姿勢を理解し、どういったところに自分が介入していけば良いのかを考えました。また、術前・術後・リハビリと回復過程を辿っていく中で、それぞれの過程で患者さんに起こりうるリスクに注意しながら、安全に治療が行えるように看護目標を立て、実践しました。援助したことをその日に実際に振り返りをすることで、患者さんにとってどうであったのかを見直し、次の援助計画へ生かすことも学びました。患者さんと日々関わっていく中で、患者さんがリハビリに前向きで積極的に取り組む姿を見て自分も一緒に頑張ろうと思えたり、色々なお話をして下さるようになり、自分の笑顔も増えました。この約2週間で沢山のことを患者さんから教わり、実習だからこその学びがありました。また患者さんに対して行った援助だけではなく、自分自身の行動を振り返ることで自己の気づきにも目を向けることができ、次の行動目標を定めることが出来ました。

 

⇒次のブログに続きます。続きも読んでくださいね。。

 
 
 

 

 
 

クラスⅢ 最後の講義
2021.02.22

2月17日(水)

 クラスⅢ 最後の講義の「統合技術演習」がありました。3年間の学びを共有し語り合い、看護について考えました。また赤十字の基本である「人道」が自分たちの看護実践の基盤となっているかを考える機会となりました。

 学生は、1年生の時は、「自分にできる事を援助していた」、「自分が知りたい情報を聞いていた」と自分を主体に考えていました。しかし患者に関心を寄せ、患者さんの思いを何とか叶えられないかという気持ちが、患者さんや患者家族を主体に考えられるようになっています。一緒に実習をした学生達だったので、その当時の実習の様子を思い出し、成長した姿に感動しました。顔つきも凛々しく、4月からは、姫路赤十字看護専門学校を卒業したことに誇りを持ち、看護実践の場で人道を具現化できるよう頑張って欲しいと思います。

 

 

学びの共有 DSC02173 DSC02175 DSC02176 DSC02178 DSC02179 DSC02192 DSC02199 DSC02201 DSC02202 DSC02204 DSC02206 DSC02208 DSC02211 DSC02220

献血班からのお知らせ
2021.02.15

昨日、2月14日は第110回看護師国家試験でした。13日の夜に福島県、宮城県で震度6強の地震が発生し心配が募りました。

全国的に国家試験は1~2時間遅れで実施され、姫路の3年生も全員無事に国家試験を受けることができました。

被災地域の皆様には心よりお見舞いを申し上げます。

 

 

こんにちは!姫路赤十字看護専門学校学生奉仕団献血班です。

寒さが厳しい季節になりました。皆さん体調管理に気を付けて生活出来ていますか?衣服での体温調整などおこない、体調管理に気を付けましょう! :-) 

 

 

今年度は新型コロナウイルスの影響により、残念ながら例年通りの姫路駅前みゆき通りでの献血の呼びかけやイベントを行えていません。そこで、血液センターの方々や本校の広報委員に協力していただき、今回は姫路みゆき献血ルームの場所や時間、献血の条件や献血当日の流れなどを書いていきますので、是非最後まで読んでいただければ幸いです!

そして、このブログで献血について皆さんに少しでも知っていただきたいです!

 

まずは、姫路みゆき献血ルームについての紹介です。

 

【姫路みゆき】

〇場所

〒670-0927 姫路市駅前町241 フェスタビル北館4F

 IMG_1448[1]

〇電話

お問い合わせ、初回・非Web会員の方のご予約

フリーダイヤル 0120-160-489(非通知設定の方は「186」を付けて発信)

(上記につながらない場合 079-288-5718)

 

〇受付時間

(成分献血) 

10:00~12:00 13:00~16:45

(400・200mL) ←400mL献血のご協力をお願いしています!

10:00~12:00 13:00~17:30

 

ご予約優先となっています!ご予約はホームページからも可能なので、是非一度ホームページを見てみてくださいね!!

http://www.bs.jrc.or.jp/kk/hyogo/place/m1_01_index.html

※ラブラッド(Web)会員の方は、Webでのご予約をしていただけます。

 ラブラッド(Web)会員には献血の受付をしていただいたことがある方にご登録していただけます。

 

献血の現状を知ってから献血に行くと、達成感に繋がったり、よりよいものになると思いますので、次は現在の献血の現状についてです!

 

【献血の現状】

輸血を必要とされる患者様は日々多くおられ、輸血用血液製剤には有効期限があります。

患者さんに安定的に血液をお届けするため、日々多くの方々からの献血のご協力が不可欠で

す。それは新型コロナウイルスの感染が拡大している現在も同様です。ですが、新型コロナ

ウイルス感染拡大の影響で献血者確保は非常に厳しい状況です。

お一人でも多くの方のご協力、また定期的、継続的なご協力が必要です。

 

【献血の条件】

〇年齢:16~69歳

※400ml献血は男性17歳以上・女性18歳以上、成分献血は男女とも18歳以上の方。

 65~69歳については、60~64歳の間に献血のご経験がある方に限られます。

〇体重:男性45㎏以上・女性40㎏以上の方

※400ml献血は男女とも50kg以上の方

〇服薬について

 基準上献血可能な薬剤

  1. サプリメント(ビタミン剤、ミネラル剤等)

②胃腸薬(一般的なもの)

③降圧剤

④漢方薬

⑤高脂血症治療薬(一般的なもの)

⑥アレルギー治療薬

※その他薬剤でもご協力いただける場合や条件がございます。

また、献血いただく方や輸血を受ける患者様の安全のため上記薬剤やその他薬剤も含め当日の体調や原疾患等を総合的に判断し検診医が献血の可否を決定します。

場合によってはお断りすることがありますがご了承ください。

詳しくは血液センターへお問い合わせください。

 

 

次は、皆さんも気になっているであろう献血当日の流れについてです!

 

【献血当日の流れ】

1.献血受付

2.健康状態等の質問回答

3.問診/血液測定

4.ヘモグロビン濃度測定/血液型事前判断

5.採血

※採血時間は、全血献血で10~15分程度、成分献血は採血量に応じて40~90分程度になっています。

6.休憩

7.献血カード(献血手帳)受け取り

8.「献血後のお願い」受け取り

 

休憩の時間をとったり、献血後の注意点を説明してもらえるとは、、、献血後も安心できますね! :-) 

 

最後に、新型コロナウイルスへの対応についてです!

 

【お願い】

血液センターでは、新型コロナウイルス感染症の対策として、皆さんに以下をお願いします。

◎献血会場入口に備えている消毒液にて手指消毒

◎入口にて体温測定を実施

◎マスク着用

 

 

以上で説明を終わります!

その他、分からないことがあれば姫路みゆき血液ルーム(TEL:079-288-5740)もしくは血液センター(TEL:079-294-5147)までご連絡をよろしくお願いします!

 

 

皆さんの献血で救われる命があります。

 

少しでも献血について知り、興味を持っていただけたでしょうか?

最後まで読んでいただき本当にありがとうございました!

IMG_1446[1]

幸運を祈る!
2021.02.13

 

2月14日は、第110回看護師国家試験です。

2月10日 受験生は、学校長・事務部長・看護部長に加えて前副学校長の激励を受けました。

学校長から「幸運を祈る!」と

その他にも卒業生、在校生、非常勤講師の先生方や元専任教師からも色々な形でメッセージを受け取りましたね。

皆が、看護師を目指して今まで頑張ってきたことを信じてベストを尽くそう。

 

特別講義で紹介した「労宮」 覚えていますか? 

手を握るようにして指を曲げたときに、第3,4指の指先が掌にあたるところの中間点

親指で指圧すると、不安・緊張を和らげ、集中力を高めるなどなどの万能のツボ

体調管理に努め、試験前に緊張をほぐし、集中力を高めて始めよう。

 

 

 

 

看護学生おすすめレシピ
2021.02.10

みなさんこんにちは!広報委員2ndです!

 最近2年生のなかで料理にはまっている人が多いので、2人からレシピの紹介をしてもらおうと思います! :-) 

 

まずはAさんから紹介していただきます!

 

こんにちは、今日は私が最近作ったガトーショコラの作り方をお伝えしたいと思います!

【生地作り】

①ボールに卵黄とグラニュー糖(35g)を入れて泡だて器でよく混ぜ、約60度のお湯で湯煎にかけながら泡立て、生地が人肌程度に温まったら、湯煎からはずし、白くもったりするまで泡立てる

②①に溶かしたチョコレートとバターを加え、混ぜる。

③別のボウルに卵白を入れ、残りのグラニュー糖(35g)を3回に分けて加え、角が立つまでよくあわ立ててメレンゲを作る。

④②に③のメレンゲを3分の1の量を加えて、ゴムべらで軽く混ぜた後薄力粉を振るいいれ、泡を消さないようにさっくりと混ぜ、残りのメレンゲを加え、底からすくい上げるようにしてさっくり混ぜる。

 

【焼く】

①生地を型に流しいれ、型を2~3cmの高さから落として中の空気を抜き、180度のオーブンで40~45分焼く。

②①の生地の中央に竹串を刺して何もついてこなければ焼き上がり。

③型ごと冷まし、粗熱が取れたら型から抜き、完全に冷めたら粉糖を振り掛ける。

 

現在コロナウイルス感染防止のため、外出自粛が続いているので、おうちカフェのために作るのもよし、勉強や実習の息抜きとして作るのもよし。インターネットで「ガトーショコラ」と調べるとより詳しい作り方が出てくるので、ぜひ作ってみてください 😛 

 

IMG_5045[1]

 

次はBさんに紹介していただきます!

 

私か今回「スタミナ納豆」を紹介します!このスタミナ納豆は以前とある番組で紹介されているのを見て初めて知りました。私は納豆が好きで、毎日欠かさず食べているのですが、このスタミナ納豆は普通の納豆よりもおいしさが倍増します。

学校では課題や演習などで、忙しい日々が続くことが多いですが、この栄養満点の「スタミナ納豆」を食べて疲労回復し、自己管理を徹底しています!たんぱく質、ミネラル、ビタミンなど栄養素がたっぷり詰まった納豆、疲れた体を元気にしてくれるにんにくも入っており、栄養満点となっています。作り方も簡単なので、納豆が好きな方、納豆が苦手な方もぜひ一度作ってみてください 😀 

 

【作り方】

①中火で熱したフライパンにごま油(小さじ2分の1)をひき、しょうが、にんにく(お好みの量)を香りが出るまで炒める。

②①に鶏ひき肉(100g)を入れて炒める。

③炒めた鶏ひき肉をお皿に移し、ひきわり納豆(100g)、和風だし(小さじ1)、砂糖(少々)、酒(小さじ2分の1)、タバスコ(少々)、青ねぎ(適量)を入れる。

④よくかき混ぜて完成!!

 

IMG_1421[1]

 みなさんもぜひ作ってみてください!! 😀 

 

 

国家試験合格祈願
2021.01.31

ひとりで早朝に「第110回看護師国家試験」三年生全員の合格祈願に行ってきました。

 

鳥居に入る所から、手水舎(ちょうずや)まで

(1)鳥居をくぐる前に一礼して、気持ちを引き締める。

(2)参道に入ったら、真ん中は神様の通る道なので、避けて歩く。

(3)手水舎に立ち寄り、身を清める。右手で柄杓を持って水をくみ、左手に。次は右手に。さらに右手に持ち替えて、口を漱ぎ、左手に注いだ水ですすぐのが正式。

   口が終わったら、左手に水をかけて清める。最後は両手で柄杓を立てて、柄杓の柄に水を流し、元のところに伏せる。

今年は手水舎に水が溜められていなかったです。柄杓も片づけられていました。



本殿前

「二拝二拍手一拝」

(1)まずはお賽銭を入れて、鐘を鳴らす。

(2)手を合わせながら2礼をして、2回手を合わせてたたく。拍手は邪気を払うや神様を呼ぶという意味がある。

(3)お祈りするときは必ず自分の住所と名前。そしてお願いごとを詳細につぶやく。合格祈願なら、必ず志望校を言う。これが肝心なことなので忘れずに。

(4)最後に1回礼をして、祈願は終わり。

鐘も鳴らせないようになっていました。

「姫路赤十字看護専門学校3年生全員が2月14日に実施される第110回看護師国家試験に合格しますように」と呟いてきました。

 

護摩木に祈願してお供えしました。

供物(護摩木・五穀など)を炎に投じて神仏を供養する修法のことで、火の神が煙とともに供物を天上の仏様に届けて願い事を叶えるといわれる密教にのみ存在する修法の一つなのだそうです。

護摩の浄火を受けることは、古来より厄難を除き、星廻りの災いを避け、より良く年を送るに良い方策であると言われ、また、護摩供修は、願事成就のみならず、自己の煩悩を焼き尽くします。

そして、一心に祈願することで、自身を浄化させるのだそうです。

コロナ禍のため、神社の皆さんで供養を代行していただけるようでした。

 

弘法大師は、当時、貴族や東西史部の子弟を対象にした中央の教育機関である「大学」や、郡司の子弟を対象に地方の教育機関であった「国学」という学校しかなかった時代に、庶民の教育の目的で日本で初めて私立学校・綜芸種智院を設置したことでも有名です。

詩文・書道に優れ、日本で初めて私学校を作ったことから、弘法大師(空海)がおられる寺に合格祈願、学業成就にたくさんの方が訪れていて、私もたくさんの御利益を頂いてきました。

 

自分の家の宗派が真言宗なのか…?は、また調べておきます。

 

皆さんにとっての受験の神様は誰ですか? (4人ほど挙げますと)

 

菅原道真

受験合格のご利益を授けてくれる神様として受験生に絶大な人気の神様

 

虚空蔵菩薩

智慧と福徳を授けてくださる仏様

 

弘法大師(空海)

真言宗の開祖・日本で初めて私立学校を設置した人

 

文殊菩薩

「三人よれば文殊の知恵」ということわざでも知られる、学問、智恵を司る仏様

 

あとは一人ひとりの頑張りのみ、最後までベストを尽くしましょう。

領域別実習に向けて
2021.01.30

こんにちは!2ndの広報委員です! :-) 

私たち2年生はついに、2月12日から領域別実習が再開します!

そこで1月20日に臨床別実習オリエンテーションがありました。看護部長、臨床指導委員長、実習調整係長に来ていただき、病棟や実習についてお話を聞かせていただきました。

臨床での実習が一年ぶりであり、新型コロナウイルス感染症が拡大している中でとても不安でしたが、病棟の看護師が、私たち学生のことを万全の体制で待ってくださっているという話を聞き、不安が軽減され、実習に対する意欲が湧いてきました。このような状況の中で、実習をさせていただけることに感謝し、患者さんのことを第一に考え、医療チームの一員として、頑張りたいです!

 

 

今年度の実習は新型コロナウイルスの影響により、病棟で患者さんを受け持つ実習ができませんでした。そのため、約1年ぶりの実習となります。ちょうど1年前の2月の実習で、私たちは初めての受け持ち患者さんと関わりました。

これは、1年前の基礎看護学実習Ⅱの様子です。

 

手作り退院パンフレットを説明

 退院パンフレットを作成し、患者さんに説明をしています!

ベッドで気持よく休んでもらいたい

  ベッドメイキングをしています!

毎日、皆と学びを共有

 みんなで学びの共有をしています!

 

当時はとにかく緊張と不安があり、「患者さんに何かしなければ」という焦りがあったことを鮮明に覚えています。2年生になった今では新しい技術や知識を深めたことで、何かケアをしなければという考えではなく、患者さんのニーズに合わせた関わりや患者さんのペースに合わせながらケアを行っていくことが大切だと感じています。

 

例年と比べて病棟に行く機会が減った分、病棟に行くことに対して不安が大きいですが、実習に向けて勉強や演習をし、メンバーや先生方と一緒に頑張りたいと思います。

 

2月からの約10ヵ月間、実習が続いていきます。みんなで力を合わせて支えあい、頑張っていきましょう! 😀 

3月 2021
« 2月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

おすすめコンテンツ

学校新聞「カリオン」
あなたにピッタリな仕事を知ろう OPEN CAMPUS!
姫路赤十字専門学校だより
よくある質問:Q&A
資料請求はこちら 募集要項請求