クラス1基礎看護学実習(病棟実習)
2020.08.28

基礎看護学実習1(病院探索)に引き続き、8/24(月)~8/26(水)の3日間、病棟実習を行いました。

担当看護師と共に行動し、看護の場面を見学したり、患者インタビューを通して患者の気持ちや入院によって生じる生活行動の変化を知ることができました。最初は緊張した面持ちでしたが、2日目、3日目と実習を進めていく中で、少しづつ病棟の雰囲気にも慣れ、患者さんとお話しできるようになり、笑顔が増えていきました。看護師の立場から、患者の立場から看護について考えを深める機会となりました。最終日、臨地実習で多くの事を学んで学校に戻ってきた学生たちからは、「大変だったけど、楽しかった」という声も多く聞かれ、充実した実習となりました。

9/1は実習の学びの発表です。クラス1のみんなの学びと成長が楽しみです。

 

 

クラス1 基礎看護学実習Ⅰ(探索実習)
2020.08.28

8/20(木)基礎看護学実習Ⅰ(探索実習)を行いました。例年4月~6月にかけて基礎看護学実習-1.2.3を行っていましたが、今年度は新型コロナウイルス流行のため、8月実施となりました。初めての実習に、期待と不安でいっぱいでしたが、グループメンバーと協力して、病院を探索してきました。

探索実習では姫路赤十字病院及び関連施設の、様々な部署・職種の方々にインタビューを行い、病院の機能や看護の役割を学び、対象の療養生活を知ることができました。病院職員の皆様にはお忙しい中ご協力いただき、50か所以上の部署を探索することができました。多くの部署・職種の方々が患者・家族への支援を行っていることを知り、多職種連携の大切さを学ぶことができました。

ご協力いただきました職員の皆様に深く感謝いたします。ありがとうございました。

補足実習を終えて
2020.08.22

 こんにちは!広報委員の2年生です!

 

 私たち2年生は、8月11日、12日の2日間、成人看護学実習Ⅰの補足実習がありました。

COVID-19の影響で、6月の成人看護学実習Ⅰが学内実習となったため、病棟実習をさせて頂きました。

 

 学内実習では中々イメージがつきにくかった患者さんの様子を、実際に臨床の場で観察できたことで多くの学びがあり、学内実習での学びをより深めることができた2日間となりました。今回のブログでは、2日間の補足実習での学びを紹介したいと思います。

 

 混合病棟実習だったAさん

 

 今回の成人看護学実習Ⅰの実習を通して、新型コロナウイルスの影響で学内実習での時間では、普段の実習では患者さんとの関わりに精一杯になってしまい、あまり手をかけられなかった病態についての勉強や援助計画に時間をかけて学びを深めることができました。それを踏まえて、2日間の補足実習では学内実習で学習した術前・術後の観察項目を実際に看護師と一緒に観察できたり、病棟に行くことで患者に対する看護師の姿勢から自分の看護観にも影響するものがありました。今回の実習で学んだ病態や感じた思いを大切にし、これからの実習に活かしていきたいと思います。

 

 続いて外科病棟実習だったBさん

 

 今回2日間外科病棟で補足実習をさせていただき、学内実習では学ぶことができなかった実際の患者さんとの関わりを学ぶことができました。ストーマを造設された患者さんがどのように工夫すれば不安なく自宅に戻ることができるのか、看護師の関わり方を見て、入院中の患者さんだけを見るのではなく、退院した後の生活を想定した関わりの大切さを改めて感じました。また、家族へのケアの指導を一緒に見させていただき、理解度にあわせてその日の目標を決めて行ったり、焦りや不安を感じることが無いような関わり方をされていると思いました。今回の実習で感じたことや学んだことを大切にし、これからの実習に活かしていきたいと思います。

 

 最後にB混合病棟実習だったCさん

 

 成人看護学実習Ⅰの補足実習を終え、病棟では学内実習でみることができなかった、様々な患者さんや看護場面を実際にみることで多くの学びがありました。患者さんによって年齢や疾患の進行度・回復力、性格や思いは異なります。そのため、患者さんによって介入する度合いも違います。その患者さんはどこまでできるのか、どんな介助が必要なのかをよく考えて援助していかなければいけないと思いました。また、患者さんのペースに合わせて看護することの大切さを再確認しました。看護師が全てを手伝えば早いかもしれませんが、時間を割いてでも患者さんにできることは患者さんに行ってもらい、全て手伝わずに見守る時間を持つことが大切だと思いました。

 

 2日間という短い実習でしたが、実際に臨床の場で看護師と共に行動し、患者さんの援助や観察を行えた事でより多くの学びがあったと思います。今回の実習で学んだことを今後の実習や勉強に活かしていきましょう! :-) 

救護看護婦像への献花・黙祷  -終戦から75年-
2020.08.15

 

今日で第二次世界大戦終戦より75年が経ちました。

 

毎年、病院の救護看護婦像に献花・黙祷を捧げるのが病院行事となっています。先人の偉業を称えるとともに志半ばで殉職された諸姉の思いに心を馳せ、世界の平和のため、赤十字精神を実践する誓いの言葉を学校長兼病院長が語られました。

 

第二次世界大戦時、日本各地から赤十字看護婦が、極寒の地や赤道直下の極暑地で、し烈な戦火の中「人道」の精神を抱き、負傷者の救護活動に従事しました。

 

日本赤十字社兵庫県支部からも20班、812名が派遣されましたが、そのうち戦時救護で28名の方々が殉職されています。

 

諸姉の方々が大切にした「人間の生命は尊重されなければならない。苦しんでいる者は、敵味方の別なく救われなければならない」という「人道」こそが赤十字看護の基本となる考え方です。

 

今は平時の中で「人道」を基本とした医療事業を行っていますが、今回のようにCOVID-19という感染症との闘いや豪雨や水害等の災害に対しても「人道」の考えを基軸とした赤十字看護師としての行動が期待されています。

 

もう戦時体験を教えていただく「語り部」がどんどん減少しており、私たちは忘れてはいけないことを自分たちから見つけて理解していく必要があります。

 

救護看護婦像の凛としたまなざしや差し伸べる手などから、私たちは赤十字看護師として進む方向性を示されていることを感じ取って前進しています。

 

近くに戦争を経験されている方がいらっしゃれば、終戦75年を迎えた今日、ゆっくりお話を聴かせていただいてはいかがでしょうか?

 

DSC_5008

1年生はベッドメーキング練習中です
2020.08.14

 

 こんにちは :-) 

 

 広報委員の一年生です!

 

 今,私たちはベッドメーキングの技術練習を行っています。放課後の時間を使ってテストに向けて練習しています。そこでベッドメーキングについて3人の学生にインタビューしてみました。

 

 まずはAさん!!

 

 はじめは手順を覚えることで精一杯でしたが、練習していく中でベッドメーキングの技術だけでなく、患者さんへの声掛けやベッド周りの環境づくりも重要であると分かりました。これからもっと練習を重ねて、ペアの学生と息を合わせながら患者さんに快適に過ごしてもらえるようなベッドをつくれるようになりたいです。

 

 続いてBさん!!

 

 先月、私たち1年生はベッドメーキングについて学びました。患者さんがベッドで寝ている状態でシーツを交換するのはとても難しいです。最近は朝練をしたり、放課後も残って練習しています。まだ完璧なシーツを敷けませんが、クラスメートが練習している姿を見て”自分も頑張ろう!”とやる気が出ます。技術チェック試験で合格できるように、もっと練習に励もうと思います。

 

 最後はCさん!!

 

 初めてのシーツ交換。コーナーを上手に三角に作ることが出来ずに失敗してはやり直して、また失敗して…。と繰り返すばかりです。何度も何度も繰り返す度に湧き出てくる新しい課題に弱気になりながらも、患者さんに心地よいベッドを使ってもらうために日々練習を重ねています。まずは、技術試験に受かりますように…。

 

 

 

 

ホームカミングデー開催!!
2020.08.07

令和2年8月7日  ホームカミングデーを開催しました。

今年度は、COVID-19の影響を受けて6月開催を延期していましたが、ようやく開催できました。多くの卒業生が帰ってきてくれ、元気な顔を見せてくれました。

 

第11回全国看護学生作文コンクールの表彰式を行いました。

今年は最優秀団体賞を受賞しました!みんなの看護が伝わりましたね。

中江さんが優秀賞(啓明書房賞)を受賞しました。「暖かーい心」というテーマで精神看護学実習での看護を伝えてくれました。

また、学校内でも学校長・事務部長・教職員が厳選な審査を行い、優秀な作文に表彰を送りました。

今日は欠席でしたが、他の受賞者を紹介します。

学校長賞:石本さん

事務部長賞:藤村さん

おめでとうございます!後日、表彰状を届けますので、楽しみにしていてください。

 

久しぶりに同級生に会えて、話に花が咲きました。

歓談のあとは、みんなで体を動かして・・・心も体もほぐしました!

今日は、みんな学校に帰ってきてくれて、ありがとう。リフレッシュできましたか?

就職してから、いろいろなことがあったと思いますが、元気な姿を見せてくれて嬉しかったです。私たちのほうが、元気をもらいました!

今日参加できなかった人たちも、それぞれの場所で頑張ってくださいね。みんな、つながっているよ~!

また、いつでも、帰ってきてくださいね。

 

少し遅れて、ホームカミングデーに来てくれました。

作文コンクール、教職員賞を受賞された橘さんです。

 

今日、皆さんに送った言葉を残します。

 

「人生に成功する秘訣は、自分が好む仕事をすることではなく、自分のやっている仕事を好きになることである。」ゲーテ

 

目の前で起こっている現象に惑わされず、状況を俯瞰して本質を見極め、気持ちの切り替えを図っていくことを期待しています。置かれた場所でしっかり咲いてくださいね。

 

「私は素晴らしく尊い仕事をしたいと心から思っている。でも、私がやらなければならないのは、ちっぽけな仕事をも、素晴らしくて尊い仕事と同じように立派にやり遂げることなのだ。 」 ヘレン・ケラー

 

人から与えられることを求めるばかりではなく、今、目の前にある皆さんのお仕事を大切に成し遂げていけるとよいですね。

 

追加でお届け

「もう一歩。いかなる時も自分は思う。もう一歩。今が一番大事なときだ。もう一歩。」武者小路実篤

 

領域別実習が5クール目まで終了しました!
2020.08.07

こんにちは! 広報委員の3年生です!

 

8月3日、官報により第110回看護師国家試験の日程が2月14日と発表されました。 実習もありますが、計画的に国家試験に向けた勉強も行っていきましょう!

 

さて、3年生は6・7月に領域別実習の4・5クール目と、新型コロナウイルスの影響で在宅実習となった3クール目の補足実習がありました。普段の実習形態とは異なりましたが、このような状況下でも多くの学びを得る事が出来ました。今回のブログでは、実習での学びを載せていきたいと思います。

 

4クールで外科病棟実習だったAさん 

私は6月の実習で直腸がんにより直腸切除術、人工肛門造設術を受けた患者さんを受け持たせていただきました。患者さんが人工肛門を受容する過程の中で、一進一退する様子が見られ、どのように関わればよいのか迷うこともありました。しかし、「焦らない 急がない」とアドバイスをいただいて、患者さんが自分のペースで受容を進められるように関わることの大切さを学びました。最初はストーマを見ることもできなかった患者さんが、少しずつ前向きになっていく患者さんの様子を見て、患者さんの受容過程に合わせた関わりを行うことの大切さを強く実感し、そのような患者さんの姿に自分自身がとても支えられた実習になりました。 そして、今回の実習は、今までは当たり前のように感じていた患者さんのベッドサイドに行き、看護を行わせてもらうことのありがたさを改めて実感できた実習でした。目の前に患者さんがいて、実際に患者さんの表情を見てお話ができることで、自宅での実習では考えることが難しかった患者さんが抱える思いについて深く考えられたと感じます。私たちが実習を受けられる環境を整えてくださった病棟のスタッフの方々や先生方、受け持たせていただいた患者さんに感謝して、今後の実習も頑張っていきたいと思います。

 

補足実習で混合病棟実習だったBさん

私は、今回、補足実習で混合病棟に実習に行かせていただきました。学内実習の時は、脳神経外科疾患をじっくり解剖から勉強する時間を作ることができたため、とても学習を深められました。しかし、事例を読んで患者理解をすることや、どんな援助が必要なのかを私自身の頭の中でしかイメージすることしかできませんでした。また、患者と直接コミュニケーションもとることができなかったため、患者自身の思いもイメージであり、患者自身がどんな思いがあり、どんなことに困っているのかを考えることが難しかったです。今回、病棟で実習をさせていただいたことで、アセスメントから実際に看護師と評価していただくことで、学習していたことと繋ぎ合わせながら理解することができました。また、患者と直接コミュニケーションをとることで、患者の思いを知ることができたり、それに対する看護師の関わり方なども学ぶことができました。2日間という短い実習でしたが、学内実習で学習を深めつつ、実際に臨床の場で実習をさせていただいたことで、教科書だけでは学ぶことのできないこともたくさん学ぶことができました。この学びを今後の実習にも活かして頑張りたいと思います。

 

続いて内科病棟実習だったCさん

今回、2日間という短い期間ではありましたが、実際に患者さんを観察して、思いを聴いて、感じたことをアセスメントすることで学びにつながることをとても強く実感しました。私は、内科病棟に行かせていただきました。化学療法や輸血を行う際には、必ず看護師同士でダブルチェックを行って間違いがないか確認したり、行う前と後の患者さんのバイタルサインに変化はないかといった観察をします。また、血液疾患を持つ患者さんは特に、病状が目に見えて良い方向へと進んでいっているのが分かりにくく、その分不安も大きいと思います。そのような不安に対しては、どんな小さなことでも良くなっていることを医療者から伝えたり、一緒に検査データを確認したりすることで少しでも患者さんが安心できるように寄り添った関わり方をされていることも学ぶことができました。 今回、実際に患者さんと関わることで、自宅実習の際に学習した化学療法や輸血の観察点、転倒転落リスク・出血傾向にある患者への関わり、不安のある患者への関わりなどを結びつけることができました。また、実際に関わらないと見えない部分やアセスメントにつなげることが難しい部分があるということも強く感じました。多くの人の協力があっての実習であること、感謝の気持ちを忘れず、これからも実習を通して、自分自身の成長につなげていくことができるように頑張っていきたいと思います。

 

実際の患者さんとの関わりや補足実習を通して、改めて病棟で実習を行えるありがたさを感じたり、直接的な患者さんとの関わりから学べた事も多くありました。今回の学びや感じた事を後期の実習にも活かして、それぞれが目指す看護師像に向けて頑張っていきましょう!

 

 

Webオープンキャンパスの感想を紹介します。
2020.08.06

8月2日初めてのWebオープンキャンパスを開催しました。

参加された皆さん、いかがでしたでしょうか?

学校の概要と校内の案内を動画で見ていただいた後、卒業生の看護体験を聞いていただき、質疑応答の時間を持ちました。そして、引き続き、在校生との交流を持ち、参加者の皆さんからの質問に答えました。

参加していただいたみなさんから感想やご意見を頂きましたので、一部紹介いたします。

 

・ 受験勉強の際に英語をどう勉強すれば良いかを知ることができたので良かったです。


・オンラインでのオープンキャンパスでしたが、想像以上に沢山知れて、また学生の方や助産師の方ともお話ができてとても良い経験になりました。

 

・在校生の方々に沢山のお話をしていただき、看護学生のリアルな体験談を聞けて良かったです。

  
・学校の雰囲気などがオンラインを通してでも分かったので凄く良かったです。


・webでのオープンキャンパスは初めてで、緊張しましたが、先輩方の学校での様子や、学校の雰囲気が 知れて良かったです。

 

・ とても充実した施設や実際に貴校で看護を学ばれている学生さんのお話を聞くことができて受験準備に役に立ちました。本日は参加できて良かったです。

 

・ 試験や面接についてよく理解ができました。


・ 初めてwebでのオープンキャンパスに参加しました。どんな感じだろうと思っていましたが、説明がわかりやすかったです。

 

・コロナの影響で実際に学校の雰囲気など見ることが出来なく残念でしたが、在学中のお話しや現場で働く看護師の話を聞けて勉強になりました。

 

・オンラインという形ですが、受験や学校のことについて知ることが出来て良かったです。この状況下の中、機会を作ってくださりありがとうございました。

 

・賢い高校の方が多いので自分は合格できるか少し心配になりましたが、やる気が出ました!!!説明もすごく分かりやすかったです。ありがとうございました     


・最初はどんな実習をしたりするのか分からなくて不安だったんですが、学校説明や卒業生、在校生の方々のお話を聞けて、とても分かりやすくてとても役に立つものでした。今回の赤十字のオープンキャンパスに参加できてとてもよかったです。

 

    1日の流れ等をVTRにしてくれたら学生生活のイメージが湧きやすいと思います。丁寧に答えていただきありがとうござい。

 

※ホームページのキャンパスライフのコーナーに「講義の日」と「実習の日」の一日を紹介していますのでご覧下さい。

DSC00107

 

多くの感想をいただき、ありがとうございました。

8月30日のオープンキャンパスもWebになりましたので、追加募集中です。

是非ご参加ください。

梅雨が明けましたね
2020.08.01

7月31日に近畿の梅雨明けが宣言されました。

セミの鳴き声も校庭から元気に聞こえきて、夏が来たな!と実感します。

しかし、「ステイホームで暑さに慣れないまま夏が来た」ので、熱中症に対する危機感が高まりますね。

 

暑さに適応する「暑熱順化」

例年は5月ごろから外出時などに汗をかくようになり、気温が上昇するにつれて汗の量も増え、発汗は体外に熱を放出する役割があり、熱中症予防には欠かせないようですが、今年は新型コロナの感染拡大に伴う緊急事態宣言の発出で春から初夏にかけて外出控えが続いたでの心配ですね。

 

「熱中症予防啓発ネットワーク」からは、冷房を1日14時間つけた場合の電気代が約300円であるのに対し、熱中症による入院医療代は1泊で約6万円かかると試算して「冷房の費用は保険代だと考えてほしい」と啓発していますが、皆さんの熱中症予防対策はいかがでしょうか?

 

「コロナ禍での熱中症対策」は以下のようなことが示されています。

 

* 冷房利用で涼しい環境を保つ

* のどが渇いていなくてもこまめに水分補給をする

* マスク着用時は激しい運動を避ける

* 外出時は涼しい服装で帽子や日傘を活用する

* 屋外や人との距離が2メートル以上ある場合はマスクを外す

 

予防行動を意識して夏を乗り切っていきましょう。

 

明日は初めてのWebでのオープンキャンパスの開催です。

緊張しますが、楽しく有意義な時間となるよう準備しましたのでお楽しみに!

8月 2020
« 7月   9月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

おすすめコンテンツ

学校新聞「カリオン」
あなたにピッタリな仕事を知ろう OPEN CAMPUS!
姫路赤十字専門学校だより
よくある質問:Q&A
資料請求はこちら 募集要項請求