クラスⅠ 始動!
2020.06.29

 クラスⅠ全員が毎日登校し、授業を受けるようになって2週間。ユニホームの採寸や学校の施設案内・健康診断など、入学後にうけるオリエンテーションも終わり、学校生活や授業にも少しずつ慣れてきました。クラス役員も決まり、委員長中心にクラス目標も決め、ようやくクラスⅠ始動です❢

 クラス目標を決めるにあたっては、互いに高めあう、相手を思い合う、積極的にとりくむ…など様々な意見交換が行われ、最終的に『団結力・想像力・行動力~自分にできることは最大限努力する~』に決定!! これからがとても楽しみです♪ 一緒に頑張っていきましょうね!(^^)!

 

反復すること
2020.06.28

 

学校の授業では今まで聞いたこともないような専門用語が飛び交います。

臨地実習に行くと多職種カンファレンス等でより多くの専門用語や略語に驚くことが多いと思います。

 

略語を使いこなすことが専門職としてかっこいいわけではないとご承知のことだと思います。

そこに集まるメンバーの背景を踏まえ、誰もがわかる言葉を使ってカンファレンスを展開し、皆が理解し一人ひとりが今後の自分たちの行動をイメージできたかどうかが大切です。

これをメンタルモデルの共有と言います。

 

しかし、なかなか覚えられない用語はどのように習得していくのか、脳科学的に考えると、反復しかないようです。

 

子どもの脳は微量な電流でも1回で無条件に覚えるCritical periodという何でも吸収する特別な期間があるようです。

5歳から7歳ぐらい?皆さんも覚えがありますか? 歌やダンス、楽器の演奏、ことばとか九九とか…

私もうちの子は天才なのかなと感動する時期がありました。今から思えば束の間でしたが…

 

ニューロンからシナプスが次のレセプターを通過するモデルに例えると、子どものレセプター(窓口)は広くてなんでも通すけれども、大人のレセプターは狭いので、何らかの電気刺激で化学物質を通すためには、狭い窓口をこじ開けるための反復が必要になってくるようです。

 

子どもの脳は単純暗記が得意です。しかし、大人の脳は、意味を成すことを論理的に覚えていきますので、メンタルモデルの共有の場はとても大切な機会だと考えます。

 

感情が動くとチャネルが動く、やっている最中に「楽しかった」、使った時に「嬉しかった」というような感情の動きにより大人の狭いレセプターを開くことができ、情報伝達が進み学習効果が上がるのですね。

 

感情の動きが「楽しみ」に繋がればモチベーションを高め、継続する秘訣となりますね。

 

患者さんの日常生活を楽しみに繋げて考えられるようになるためには、自分たちの日常生活行動の習得を同じように楽しみに繋げて組立てたうえでの反復が必要です。まず、自ら行動変容に挑戦して習得していきたいですね。

公共の場でのマナー
2020.06.24

 

時々、バスでのおしゃべりが気になると地域の皆様からご連絡を受けることがあります。最寄りのバス停で昇降する姿や話の内容から看護学生と分かってしまいますよね。

 

地域の皆様から期待され、育てていただいていると感謝しています。

「ありがとうございます。」

 

6月には、各学年で看護倫理についての学習機会がありましたね。「看護者の倫理綱領」の第5条には看護者の守秘義務について、そして、第13条では、看護者は社会の人々の信頼を得るように、個人としての品行を常に高く維持することが明示されています。

日常生活から倫理的な視点と態度は養われます。

 

周囲の人々に不愉快な思いをさせることなく、快適に過ごしていただけることは大切なことです。

「自分がされて不愉快なことは相手にしない」

そのためには自分自身がいつも気持ち良い行動を心掛けたいですね。

 

さて、次世代スパコン「富岳(ふがく)」を使ってくしゃみやせき、会話などで発生する飛沫がどう拡散するかを模擬実験した結果、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐうえで、電車での混雑や向かい合って会話するのを避けることが重要だとわかったようですよ。

模擬実験は電車の車内、オフィス、病室などを対象に実施した結果、

・混雑しているような電車は、空気がよどみやすい。

・窓を開けると一定程度は改善するが、特に低い位置は換気が進みにくい。

・空いている時は窓を閉めていても十分に換気がされる。

 

やはり、「過密状態を避ける」ことが重要なことがわかったようですね。

 

咳だけでなく、会話でも飛沫は2メートル程度飛ぶのですね。

・間仕切りするなら、高さは140センチメートルほど必要で、口の位置より少し高い120センチ程度の場合に比べ、飛沫の到達量を10分の1以下に減らせるそうです。

・正面で向き合う場合に比べ、隣に座っている人同士のリスクが低いこともわかったようです。

・病室内では、4人の患者が同時に咳をした場合、大きな飛沫は仕切りのカーテンの中に落下、付着するようですが、小さな飛沫は天井に到達し、隙間を経て室内に拡散することがわかったのだそうです。

 

日頃から、定期的な換気が重要ですね。

私達の日常生活の中でも、継続していきましょう。

スパコン「富岳」
2020.06.23

 

6月22日の最新版のよると「富岳は1秒間に41.5京(京は1兆の1万倍)回の計算性能を示し、2位の米「サミット」(同14.8京回)に大差をつけて世界ランキング首位に立った。」と報じています。

 

各国が国を挙げてスパコンを開発するのは、現代社会に欠かせない研究インフラだからで、新薬の開発は一般に、膨大な数の物質から病原体に効く候補を探すからですね。

 

4月に始まった富岳を活用した新型コロナウイルス感染症対策では、高度な計算により、約2千種の既存薬から治療薬候補を選ぶ研究が進むのだそうです。

 

富岳では、2011年に計算速度で世界一になった国産スパコン「京(けい)」が1年かかるほどの実験を数日でこなし、1週間で数万個の物質を試せるのだそうです。

イメージできないくらいのすごさなのでしょうね。

 

防災への応用でも、数十平方キロメートルの都市を対象に、地震と津波の複合災害が起きた際の避難経路などを予測できるらしいですね。

 

スパコン「富岳」は今後、私たちの生活にどのように影響を及ぼしてくれるのでしょうね。

 

こんなすごいことが、神戸市の理化学研究所計算科学研究センターで進められているなんて誇らしいですね。明日も「富岳」関連が続きます。

自己責任
2020.06.22

北欧視察で学んだことは、自己責任でした。

デンマークでは、高齢者は第2の人生をどこで過ごすか決めて終の棲家としているのは高齢者住宅やナーシングホームでした。家族関係が希薄なわけではなく、ただひとり一人が独立しており尊重されている。広大は麦畑も住居も子どもたちに引き継ぐのではなく、売り払う。子どもには子どもの考えや生活が優先される。それが当たり前の国民性がありました。

また、政治家は国民と約束したことを実現するのが役割であり、汚職などはないそうです。国民の代表として選出され政策を実現するために行動するのが政治家、だからそういう人が選出されるのが当たり前なのですね。

 

一番、驚いたのは、電車に乗車するルールを説明されたときです。切符を購入し、自分で改札するため、駅員さんは不在でした。プラットホームに改札の装置が置かれていて各自で実施していました。誰もがそのルールを遵守する。これも当たり前なのですね。ただ、その分ルールを逸脱した人の罪は重く、罰せられるそうです。

 

国民が生活していくために必要なルールは自分たちで決め、それを守ることで自分たちが国を作っている誇りを持っているように感じました。

 

 

私達もいま、COVID-19等の感染症との闘いに必要な新しい生活習慣を身につけようとしています。最初は窮屈なこともあると思います。しかし、各人には、将来につながる生活の知恵を習得する責任が生まれています。なぜなら、看護師はライフサポーター、私達が目指している職業は人の生命と向き合い、人の尊厳を守ることが含まれているからです。

ナイチンゲールは、看護が意味すべきことは、新鮮な空気、光、温かさ、清潔さ、静かさの適切な活用、食物の適切な選択と供給―そのすべてを患者の生命力を少しでも犠牲にすることなく行うことであると語っています。

 

文部科学省からは、「専門学校等における新型コロナウイルス感染症への対応ガイドライン」が打ち出され、感染拡大の防止、学生の学修機会の確保、学生への適切な情報提供と支援等について取り組むことが通知されています。

 

人との接触を8割減らす10のポイントを実践し、ライフサポーターである看護師の役割を実践すること、また、皆さんの学修機会が確保されるよう、私たちも一人ひとりが考えみんなで話し合って決定し、今取るべき行動を自己責任として自覚し、それぞれが行動変容に向けましょう。

 

北欧の夏至祭
2020.06.21

21世紀を迎えた年にデンマークとスウェーデンに「高齢者看護」の視察に行く機会に恵まれました。到着した日はちょうど夏至祭の日でした。「21時になったら出かけますよ」と言われ、ホテルから近い湖畔に行きました。陽気な唄を歌いながら、海や川に浮かべた山のような薪とその天辺に縛り付けた等身大の魔女に、火を焚き付けて、魔女が業火に焼かれて苦しんでいるその様を眺めて楽しむ祭りです。多くの人々が湖のボート上あるいは湖畔から家族や友人とワインやビールとチーズなどのおつまみを楽しみながら時間を過ごしていました。6月23日この季節のデンマークは22時くらいにやっと夕焼けとなり、それが何時間も続くような白夜のような時期です。

ゆったりした時間の流れ、夕焼けの美しさ、カルチャーショックを受けるような北欧独特の残酷な魔女狩り風景のなか、薄暗くなる真夜中までおしゃべりを楽しむのですね。

Sankthansaften(サンクトハンス・アフテン)と言われ、「聖ハンスイブ」という意味になります。デンマークでは6月24日が「聖ハンス(洗礼者ヨハネ)の日」(Sankthansdag)であるので、その前日の6月23日の夜が聖ハンスの日のイブになります。この記念すべき日である聖ハンスイブに魔女を焚き上げる理由は「魔」を遠ざけることにあります。

 

 北欧の民間信仰によると、デンマークではヴァイキングの時代から、夏至の日の夜に「魔」が活発になると信じられてきました。それが発展して、魔女狩りの時代である1600~1800年代ごろに、ドイツのブロッケン山で夏至の日に魔女が会議を開くと考えられるようになりました。そして、その魔女が山から町に来るのを防ぐために、夏至の日に魔女を燃やす習慣ができたとされています。また、もっと幅広く捉えると、「魔」の象徴である魔女を燃やすことで悪霊などの「魔」全般(日本で言う厄や災難)を追い払い、夏や秋の収穫を祈念するための儀式でもあると考えられているそうです。

この時期、ノースリーブの人もいれば、レザージャケットで過ごす人もいるような湿気がない束の間の夏を迎えている北欧、あたかも夏の楽しみがぎゅっと凝縮されている感じになるんですね。一年で一番美しいときが体感できる贅沢な時間を過ごすことができました。世界にはいろいろな風習やしきたりがあり、姫路の空からは見えない世界がたくさんありますね。

明日へ続きます。

 

追伸

そして今回は、夏至の日に見られる部分日食です。北半球では太陽高度が一番高く(東京・約78度)、日本全国で見られるようです。国立天文台やNASAのデータを調べた限りでは、1648年(慶安元年 徳川家光が将軍の頃)以降、日本で夏至の日に日食が起こったことはないそうです。

 

太陽の欠ける割合は南ほど大きく、東京では約3分の1が欠ける。日食の開始は16時頃からで、最も欠ける時間帯は17時頃の予想です。

 

観測時には、以下のことに注意してください。

・日食専用のグラスや遮光板を使う

・ピンホールを利用する

・専用の道具をつけた望遠鏡で観察する

絶対に肉眼や下敷き・サングラスなどで見ないよう気をつけて楽しんでください。

 

6月21日は夏至
2020.06.20

 

明日は夏至、1年で一番、日照時間が長い日ですね。

夏至の風習・食べ物ってどのようなものがあるのでしょう。

たとえば冬至の日は、カボチャを食べたりゆず湯に入ったり。春分・秋分は、お墓参りしたり、おはぎを食べたりしますが、「夏至の日は?」となると、全国的な風習はあまり浮かびません。

 

そんな中、関西地方では、豊作を祈って、半夏生にタコを食べる習慣があるのだそうですが、ご存知でしたか?

作物がタコの足のように、大地にしっかり根を張るようにとの願いが込められているのだそうですよ。面白いですね。

 

そして、三重県にある二見興玉神社(ふたみおきたまじんじゃ)では、毎年、夏至祭が行われているのですね。

「お伊勢参りは二見から」といわれ、太陽神・天照大御神(あまてらすおおみかみ)をご祭神とする伊勢神宮へは、二見興玉神社のある二見浦海岸で禊(みそぎ)をしてから参拝するのが、正式な参拝方法なのだと聞いています。

海上には「夫婦岩」があり、夏至の日の前後には、岩の間から朝日が昇るのを見ることができ、それがちょうど富士山の方角でもあり、山頂のシルエットと重なって、神々しい一瞬がみられるそうです。

興味深い光景ですね。1度はその瞬間を体験してみたいです。

明日は父の日でもありますね。両親を連れて伊勢参拝も実現させたいひとつの行事です。

夏至と関係ないかもしれませんが、皆さんもパワースポット探しをしてみてはいかがですか?

 

 

 

 

 

今朝の空、見上げましたか?
2020.06.17

 

桜の季節に見たうす雲、巻層雲と呼ぶのですね。うすいベールのような雲で、二度と同じ物に出会うことができないその形の多様さと美しさに完全に心を奪われてしまいました。 この雲が出ると、天気が悪くなることが多いらしく、確かに翌日から雨でした。

どれだけ見ていても飽きないばかりか、その雄大さに時間も忘れてしまうほどです。

 

「今日はいったいどんな姿を見せてくれるのだろう」。

そう思って空を見あげると、外に出る楽しみがひとつ増えていることに気づきます。

今朝の雲はうろこ雲と呼ぶのかな?綺麗と思った瞬間は心に焼き付けて、少し時間が経ってからやっぱり残しておきたいと思って撮影しました。パノラマでないと伝わらない感じですが、空を見上げるとちっぽけな自分に気づき、確かに元気が出てきます。坂本九さんの歌にもありますが、目の前のことで精いっぱいのときは特に上を向いて歩いて行きたいです。

そういいながら、身近にはガクアジサイもきれいに咲いていますよね。

 

 

 

 

信頼され、信じる思いがはい上がる力
2020.06.15

 

 昨日の続きです。

 G監督の作品で緊張してNGばかり出していると、監督が「よぉござんすよ、兄貴さんのまんまでよぉござんすよ」と言ってくれたのだそうです。また、M監督には、笑いでデビューしていたTさんが面白い演技をしようとすると「余計な芝居をするな! お前のままでやれ!」と怒鳴られてしまったようです。その言葉を聞いた時、「こんな僕を信じてくれている……」と強く思い、弱い自分を常に支えてくれるのは、やはり“人”なのだと自覚されたのだそうです。

 

人から信頼され、人を信じる思いが常に僕を支えてくれている。信じることはとても大変だし、時間がかかる。でも本当に信じるものを見つけるまで頑張る、負けない気持ちが大切。あきらめることも決して悪いことではない。でも、もう一度はい上がる力は、信じる思いだと…。

 

 Tさんは、本当に自分が心から愛せるものを探してきて、初めての監督作で大好きな作家の作品を、いいなと感じたスタッフや素敵だなと思った俳優たちと作り上げることができた。本当に夢を見ているようで、これからも「この人とまた一緒に作品をつくりたい」、その思いだけと語られています。

皆さんは、そういう風に一緒に働く人々を見つけ、周りの人たちに一緒に働きたいと思ってもらえる人になりたいですか?

私はそうありたいと日々思っていますが… 、

 

今日から領域別実習で3年生は臨地実習再開です。皆さんのままで勝負して、最終的に人との出会いに感謝し、楽しい実習になりますように!

思いをエネルギーに
2020.06.14

 

 ご自分の監督作で助監督2人を怒鳴りつけた時に、スタッフの一人が「あの2人はどうしようもない助監督だと思います。でも○○さんはそういう人にも怒鳴る人じゃなかったはずです」と言われたことがあるそうです。それ以来、感情的になりそうなとき、いつもそのスタッフの言葉を思い出すそうですが、監督としては、リーダーシップというより、常に周りを感じながらリズムをつくって皆を動かしていくように工夫することが必要と思い返し、すぐに2人に謝りに行ったそうです。

 いろいろな人が集まる映画づくりの現場では、どれだけ意見を交わしても価値観の違いはどうしても超えられないし、譲り合わないと作品はつくれない。「この現場は最低だ。」って思っていたら心が沈むだけだし、何とかして楽しむ方に変えていく力を持っていたいと…。

 どのような世界でも同じかもしれません。最低なことも体感しておかないと、本当に大切なことは分からない…。 

 憧れや理想を持つことは大事ですが、「こうありたい」と思っていてもなかなかそうはいかない。人生って「こんなはずじゃなかった」ということがほとんど…。

 だから、その思いをエネルギーにするしかない「いくつになっても、いっぱい傷ついた方がいい。」と語っています。

 

ユニークな俳優 Tさんの経験からの語り

皆さんはどう考えますか? 日々の学習、課題、臨地実習、就職試験…

悩んだり、迷ったり、落ち込んだりする日々ですが、嬉しいこと、楽しいことも沢山経験しているはず。

患者さんも医療従事者も皆さんが看護師になることを楽しみにしておられます。

「○○な看護師になる」理想とする思いをエネルギーにして、日々の状況を楽しみに変える力を育てていきましょう。  

明日に続きます。

6月 2020
« 5月   7月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

おすすめコンテンツ

学校新聞「カリオン」
あなたにピッタリな仕事を知ろう OPEN CAMPUS!
姫路赤十字専門学校だより
よくある質問:Q&A
資料請求はこちら 募集要項請求