国家試験を終えて
2020.02.28

こんにちは、広報委員の3年生です。

私たちは2月16日に第109回看護師国家試験を受けました。

全員体調を崩すことなく、無事に受験する事が出来ました。

出発前には先生方や先輩方からもたくさんエールを頂き、気が引き締まりました。

 

今回は3年生が国家試験当日に向けてどのように過ごしたのか、また、どのようなものを持っていったのかを紹介したいと思います。

まず、教材で最も多かったのがレビューブックでした。自分でまとめたものを追加して貼ったり、書き加えたレビューブックはやはり、直前の復習に便利でした。

その他には、模試の問題や解剖生理学の教科書や必修問題の問題集なども持ってきていました。

次に、あったら便利だったものを聞いてみました。

マスクやウエットティッシュ、栄養ドリンク、リップクリームなどを持ってきている学生が多く、国家試験当日も昼食は会場で摂るため、机をきれいにするためのウエットティッシュは特に便利だと感じました。

そして、糖分補給やリラックスのための準備として、多かったのが、チョコレートや飴でした。前日に先生や先輩から頂いたおやつを持ってきて、お守り代わりにして食べました。先生、先輩方ありがとうございます!

前日はみんな緊張していました。どのように過ごしたのかを聞いてみると、お守りを肌身離さず持っていたり、家族に電話をしてリラックスしたり、またなるべく普段と同じ生活リズムになるように食事や入浴をして音楽を聞いて過ごした人もいました。応援メッセージを読んで、心を落ち着けている人もいました。

 

こうして、工夫しながら国家試験に臨んだ3年生は、試験終了後に全員でアドバイザーの先生に受験の報告をして、終わったんだなと実感し、ホッとしました  😛   

最後に、国家試験を終えた3年生全員から一言ずつ国家試験を受けた感想やアドバイスをもらったので、紹介したいと思います。

 

・応援してくれた人を思い浮かべて頑張った。

・これが終わったら終わり!と思って落ち着いて受けた。

・直前に落ちるかもしれない、と不安で落ち着かなかった。1日1日大切に過ごすことが重要。

・これが終わったら楽しみがある!と思って頑張ることができた。

・終わったらしたいことを考えてから、受けたので気持ちが楽だった。

・周りの子が皆賢く見えた。でも大丈夫。落ち着くことが1番大切。

・前日全く寝付けないほど緊張した。深呼吸して気持ちを落ち着かせた。

・トイレ行きたくて、手を挙げたど中々気付いてもらえず、焦った  緊張すると、何もかも焦った。

・周りの人のことは気にせずマイペースでいい。

・1週間前から試験の日の生活リズムに合わせる。

・手が震えて、マークシートをはみ出した。知ってる問題を見たら落ち着けた。

・緊張してたけど、解いてるうちに勉強したことが出てきて、落ち着いて解けた。

・日々の勉強を続けていれば、大丈夫です。睡眠をしっかり取って頭を働かせる!

・緊張してても試験が始まれば、問題を解く以外の選択肢はないと思って頑張れた。

・緊張して焦ってしまった。焦りすぎてもご飯いっぱい食べて頑張った!

・分からなくて、焦っているときほど一旦落ち着いて深呼吸した!お昼は皆で楽しくリラックス

・めぐリズムを使っても寝れないほど緊張した。でも皆の顔見ると安心した。

・緊張して吐きそうだった。直前に必修の参考書をみたり、昼休憩も苦手なところを見直して、自信をつけた。

・分からない問題があっても、とにかく落ち着いて解くことを意識した。

・直前に友達と励ましあって、頑張った。友達の存在は大切!

・今まで模試ではなかったマークミスを本番でしてしまい、焦った。本番は落ち着いて確認を!

・とても緊張した。トイレめっちゃいきたくなった。

・何回もお守りを見て、気持ちを落ち着けた。

・トイレめっちゃいった。みんなと一緒で心強かった。

・とても緊張したけど、深呼吸して気持ち落ち着けて頑張った。

・試験中負けそうになっても、応援してくれた人を思い浮かべるとがんばることができた。

・100%のプレッシャーに打ち勝った自分えらいぞ!

・不安とプレッシャーで独り言が止まらなかった。

・緊張しすぎて手が震えてました。

・ここから新しい人生が始まる!気持ちで頑張った。

・緊張して鼻血出た。何が起きるか分からないと思った。

・緊張しすぎて頭真っ白になったけど、落ち着いて問題を読むことが大事。

・落ち着くことが第一

・周りが、クラスの皆だったから落ち着いて解けた。

・皆で励ましあったから、頑張れた。

・緊張したけど、頑張った自分を信じて!!!落ち着いて!!!

・緊張したけど試験問題を配られたら、落ち着いて解けた。

 

以上3年生からのメッセージでした。

これから看護師を目指す皆さんの参考になれば嬉しいです :-) 

IMG_E5560

基礎看護学実習Ⅱを終えて
2020.02.19

 

 広報委員1年生です♥

 

 

 私たち1年生は1/242/1012日間、基礎看護学実習Ⅱがありました。初めて患者さんを受け持ち、毎日患者さんに合った援助を考え、行いました。日々看護とは何なのか悩み、答えが見つからず、時に涙することもありましたが、先生や指導者さん、実習メンバーにアドバイスをもらいながら12日間を乗り越えることができました 😀 

 

 

 今回の実習での学びをクラスメイトに聞きました!

 

 

内科病棟へ実習に行ったAさん

 

 今回の実習では患者さんとの関係を築くことの大切さを学びました。私は実習の最初、まず患者さんの不安や思いを聞きたいという思いが強く、いきなり聞こうとしていました。しかし、まだ、関わりも浅いので、ゆっくり時間をかけていけばいいと担当看護師に教えていただき、日々の会話や援助などの関わりから関係性を築こうと努めました。その結果、患者さんとお話ししている時に病気や治療に対する思いを言葉にしてくださり、患者さんの今の思いや考えについて理解することができました。患者さんとそこまでの話ができるようになったのは、自分の心をオープンにした日々の関わりをしようとしている私たちの思いに患者さんが話してくださったのかなと思います。患者さんの本当の部分を知り、理解しようとするには、まずこちら側が患者さんに関心をもって寄り添うところから始まると学びました。そして、患者さんの思いや考えを理解することで対象を知り、それが援助や日々の関わりにつながると今回学びました。

 今回、初めて受け持ち患者さんをもたせていただき、その人にあった看護を提供することも学び、また自分の言動をリフレクションすることで自己への気づきもより深めることができました。

 

 

 

外科病棟へ実習に行ったBさん

 

 基礎看護学実習Ⅱでは、初めて患者さんを受け持たせていただき、この実習を通して多くのことを学びました。特に大切だと感じたことは、患者さんを3側面から理解し個別性を考えた看護を行うということです。私は、術後数ヵ月入院されている患者さんを受け持ち、セルフケア不足について考えました。なぜ清潔ケアをされないのか理由を尋ねると最初は面倒だとおっしゃるだけでしたが、話を聞いていくと倦怠感や忙しい看護師への遠慮、時間調整の煩わしさなど複雑に理由が絡みあって活動意欲の低下につながっていました。私は、清潔ケアの重要性とともに私たちに気を遣われないように伝え、短時間で行うことやケアの時間を患者さんや看護師さんとしっかり打ち合わせることを心がけました。こうして援助していくうちに患者さんが自身で清潔についてのセルフケアを習得されて行きました。

 このように、患者さんが抱える問題の原因は、単純ではなく今までの生活背景や性格、身体の状態など様々な事が考えられるため、3側面から理解することに努めなければならないと思いました。そしてそれに合わせて、一人ひとりの患者さんに適した援助を相互の納得のうえで行っていくことが大切であると学びました。

 

 

 

 実習では患者さんの生活や思いを理解し学ぶことができましたが、同時に自分自身の傾向や課題にも気づくことができる良い機会であると感じました 😛 この学びを忘れず、これからの学校生活や日常生活でも活かしていきたいと思います :-) 

 

 

 

 

いよいよ国家試験!
2020.02.14

第109回看護師国家試験があさってに迫ってきました。

37名、全員合格できるように、みんなで応援しています!

学校長、事務部長、副院長が激励に来てくださいました。「日頃の努力を発揮して、頑張ってください」と激励メッセージを頂きました。

 

卒後1年目の先輩からもエールが届きました。ひとりひとりに、ちょっことお菓子とあたたかいメッセージ♥♥♥ 昨年の経験をもとに「体調を整えて、ゆっくり休むことも大切!」と伝えてくれました。

 

みんなの一番近くで応援していた教職員からも、愛をこめて・・・

3年生は、受験に向けて、一生懸命学習をしてきました。努力は必ず実る!自分の力を信じて、頑張れ!!そして、みんなで合格しようね!

通学時間・帰宅後の時間の過ごし方!
2020.02.13

こんにちは!広報委員の2年生です 😀 

今回は、通学・帰宅のバスや電車の中でどのように過ごしているかを聞いてみたいと思います!

まずはAさん
私の通学・帰宅後の時間の過ごし方は様々ですが、学校で習った内容をその日のうちに復習したり、実習期間であれば、関連する分野の参考書を読み、病態や看護を結びつけながら学びを深めています。
ですが…、疲れてしまっている時は、電車やバスの中で爆睡してしまうときもあります(笑)
隙間時間を有効活用することで、長い通学・帰宅時間もあまり苦痛に感じないです


Bさん
私は通学・帰宅の電車の中では、国試の問題を解いたり、読書をして過ごしていることが多いです。
あと1年すれば国試を受けますが、実習や就職試験なども同時進行しながら国試対策をするのは大変だ思うので、今のうちから時間を見つけて勉強するようにしています。


時間の使い方って、大事ですね 😳 😳 3年生になるハートラと今よりもっともっと、時間に追われると思いますが、時間を有効に使って頑張っていきましょう!!

在宅における看護実践
2020.02.13

2年生は「在宅における看護実践」で模擬訪問看護をロールプレイで行いました。

3年生の後期に在宅看護実習を行いますが、そのときに使用する実習記録を活用してそれぞれの在宅療養者の生活状況を踏まえた援助計画を立て実際に訪問看護場面を紹介しました。

Ⅱ型糖尿病、パーキンソン病、アルツハイマー型認知症、脳梗塞後後遺症、がん緩和ケア、ALS、中途障害C6頚椎損傷、重症心身障害児のケースで虐待や介護の現状など様々なシチュエーションを踏まえて在宅療養を支える訪問看護師の役割や地域の関連職種や近隣の人々との関わりについて,自助、互助、共助、公助をいかに生み出し,繋いでいくかを考える機会となっていることを願います。

 

 

2月 2020
« 1月   3月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  

おすすめコンテンツ

学校新聞「カリオン」
あなたにピッタリな仕事を知ろう OPEN CAMPUS!
姫路赤十字専門学校だより
よくある質問:Q&A
資料請求はこちら 募集要項請求