養成趣旨

日本赤十字社は、人道にもとづいて、人類の平和と幸福、健康の増進、疾病の予防、苦痛の軽減を理想として、いろいろの事業をしております。本校はその事業の一つとして赤十字看護師の教育を行っております。

  • 人の痛み苦しみを理解し人間の尊厳を守り、温かさをもって対応していこうとする人
  • 看護の専門職を目指して自ら研鑚し、自己を高めていこうとする人

赤十字の理想とする人道博愛の精神を看護実践に生かせる人を育成します。

教育理念

人道

nightingale

本校は、赤十字の基本理念「人道」を看護実践で具現化する看護師を育成することを使命とする。看護は人間の健康生活にかかわるケアリングである。本校では、対象者と学生、ならびに学生と教員間のケアリングを目指してリフレクションを教育の基調とする。

教育目的

「人道」「公平」「中立」「独立」「奉仕」「単一」「世界性」の赤十字の基本原則に基づき、殊に最高原則である「人道」を基調として、専門職者である看護師の責務を果たすために必要な能力を開発する。

教育目標

  • 1. 人道(ヒューマニティ)を基盤とする赤十字の思想に基づき、人間の生命と健康を守り、苦痛を予防・軽減し、尊厳を確保できる豊かな人間性を養う。
  • 2. 人間を身体的・精神的・社会的に統合された存在として、幅広く理解する能力を養う。
  • 3. 人々の健康と生活を、自然・社会・文化的環境とダイナミックな相互作用等の観点から理解する能力を養う。
  • 4. 赤十字の基本原則を基盤とする看護専門職業人としての職業倫理観をもち、看護を実践できるとともに、最新知識・技術を自ら学び続ける基礎的能力を養う。
  • 5. 人々の健康上の課題に対応するため、科学的根拠に基づいた看護を実践できる基礎的能力を養う。
  • 6. 健康の保持増進、疾病予防と治療、リハビリテーション、終末期など、健康や障害の状態に応じた看護を実践するための基礎的能力を養う。
  • 7. 看護の実践は「安全」で「安楽」を第一義とし、医療事故を未然に防止できる能力を養う。
  • 8. 保健・医療・福祉制度と他職種の役割を理解し、チーム医療を実践するとともに、人々が社会的資源を活用できるよう、それらを調整するための基礎的能力を養う。
  • 9. 赤十字の諸活動に興味関心を持ち、将来、赤十字の理念のもとに活動する看護師として国内外で活躍できる基礎的能力を養う。

おすすめコンテンツ

学校新聞「カリオン」
あなたにピッタリな仕事を知ろう OPEN CAMPUS!
姫路赤十字専門学校だより
よくある質問:Q&A
資料請求はこちら 募集要項請求