阪神淡路大震災から26年
2021.01.18

2021.01.18

 

1995年1月17日に発生した阪神・淡路大震災は、6,000人を超える犠牲者と全半壊家屋約25万棟、10兆円を超える甚大な被害をもたらしました。

 

さて、阪神・淡路大震災を契機に始まったこと知っていますか?

 

①ボランティア元年

阪神・淡路大震災をきっかけに災害ボランティアが定着し、延人数で、阪神・淡路大震災が167万人、東日本大震災が550万人が復興の支援を果たしています。

 

②震度階級に「5強」などを新設

震度0〜7の8段階が設けられた1949年は観測員が体感で測っていましたが、1980年代後半から震度計による計器観測を取り入れました。阪神・淡路大震災を機会に、1996年4月に体感による観測を全廃し、震度計による観測に完全移行するとともに、幅が大きかった震度5と6にそれぞれ「弱」と「強」を設けて8段階から10段階となりました。

 

③東京消防庁にハイパーレスキュー創設

阪神・淡路大震災を教訓に大規模災害に対応するため、高度な救出救助能力を有する隊員と装備で編成される消防救助機動部隊(ハイパーレスキュー)が1996年12月、東京消防庁に発足しました。所属は東京消防庁ですが、国内の大規模災害だけでなく海外の地震・森林火災・噴火災害・豪雨被害などへも派遣されています。

 

④災害派遣医療チーム(DMAT)発足

阪神・淡路大震災は、被災者に対する初期医療の遅れを露呈しました。当時の医療技術でも「500名は救えたはず」と言われました。これを受けて、2005年に厚生労働省の日本DMAT(ディーマット)が発足しました。基本的に1チーム5人(医師1人、看護師2人、業務調整員2人)で構成され、要請があれば現場に3日〜1週間滞在して活動します。この初仕事は2005年4月に発生したJR福知山線脱線事故でした。

 

⑤カセットコンロ・ガスボンベの規格統一

阪神・淡路大震災の被災者はカセット式のガスコンロを利用しましたが、メーカーによってガスボンベのサイズや構成部品が異なるため不便が生じていたため、1998年2月に日本工業規格が改正され、ボンベの形状が1種類に規格化され、どのメーカーのカセットコンロでも統一されたボンベを使うことができるようになりました。

 

⑥水道レバーが「下げ止め式」に

水道の湯水混合水栓のレバーは、レバーを上げると止まる「上げ止め式」が普及していました。しかし、大震災でレバー周辺の物が落下して水道水が出しっぱなしになるという事例が多発したため、震災後はレバーを下げると止まる「下げ止め式」が普及しました。

 

⑦地震保険が普及する

火災保険では、地震・津波・噴火による損害は保障されませんが、1966年にスタートした地震保険の加入率は低迷していて阪神・淡路大震災時の契約件数は約397万世帯(世帯加入率9.0%)でした。しかし、大震災を契機に約518万世帯(世帯加入率11.6%)と前年比30%増の伸び率を記録しました。

 

色々なことが見直されて、いまに至っていますね。

阪神・淡路大震災の経験から学んだことは少なくありません。その教訓を取り入れて実践することで今後の被害・損害を少しでも減らすことにつなげましょう。

1月17日ウェザーニュースより抜粋

 

コロナ禍の生活から見いだされる「正の遺産」もこうして未来に語られていくのでしょうね。

1月 2021
« 12月   2月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

おすすめコンテンツ

学校新聞「カリオン」
あなたにピッタリな仕事を知ろう OPEN CAMPUS!
姫路赤十字専門学校だより
よくある質問:Q&A
資料請求はこちら 募集要項請求