新専門医研修制度

姫路赤十字病院 内科専攻医

内科の概要

 内科系診療科は、消化器、肝臓、血液、呼吸器、腎臓、膠原病、糖尿病、循環器、総合内科 9領域の専門内科から成り立っています。内科指導医24名、うち総合内科専門医15名が所属し、入院患者数5,498人/年、外来患者数315人/日(76,364人/年)で、病床数162床、稼働率120%と豊富な症例があります。

それぞれの専門内科には、複数のサブスペシャルティ専門医を有し、サブスペシャルティ教育施設でもあります。活気ある内科・循環器内科で、各診療科間の連携も強く、看護師、薬剤師など多職種からなるチーム医療を実践しています。

内科診療実績

2014 年実績 入院患者実数(人 / 年)
総合領域 116
消化器領域 1105
循環器領域 481
内分泌領域 6
代謝領域 66
腎臓内領域 222
呼吸器療領域 201
血液領域 609
アレルギー領域 20
膠原病領域 38
感染症領域 50
救急領域 667

内科専門医

基本&サブスペシャルティ領域 専門医数
内科 日本内科学会指導医 24
日本総合内科専門医 15
消化器内科 日本消化器病学会消化器専門医 9
循環器内科 日本循環器病学会循環器専門医 4
糖尿病内科 日本糖尿病学会専門医 1(非常勤4)
肝臓内科 日本肝臓学会肝臓専門医 4
腎臓内科 日本腎臓学会腎臓専門医 2
呼吸器内科 日本呼吸器学会呼吸器専門医 1
血液・腫瘍内科 日本血液学会血液専門医 2
日本アレルギー学会専門医 1
膠原病内科 日本リウマチ学会専門医 2
日本消化器内視鏡学会専門医 6
日本臨床腫瘍学会がん薬物療法専門医 2

姫路赤十字病院 施設認定

  • 地域がん診療連携拠点病院
  • ゲノム医療連携病院(中核病院:岡山大学病院)
  • 各学会認定(内科関連)
    • 日本内科学会認定医制度教育病院
    • 日本消化器病学会専門医制度認定施設
    • 日本肝臓学会認定施設
    • 日本循環器学会認定循環器専門医研修施設
    • 日本腎臓学会研修施設
    • 日本血液学会認定血液研修施設
    • 日本アレルギー学会認定準教育施設
    • 日本リウマチ学会教育施設
    • 日本がん治療認定医機構認定研修施設
    • 日本臨床腫瘍学会認定研修施設
    • 日本放射線腫瘍学会認定協力施設
    • 日本インターベンショナルラジオロジー学会(日本IVR学会)専門医修練認定施設
    • 日本ペインクリニック学会指定研修施設
    • 日本緩和医療学会認定研修施設
    • 日本集中治療医学会専門医研修施設
    • 日本急性血液浄化学会認定指定施設
    • 日本消化器内視鏡学会専門医制度指導施設
    • 日本心血管インターベンション治療学会認定研修関連施設
    • 日本超音波医学会認定超音波専門医研修施設  
内科専攻医へのメッセージ
奥新浩晃(副院長兼第一内科部長)

姫路赤十字病院は、兵庫県はりま姫路医療圏の中心的な急性期病院であり、消化器、循環器、肝臓、呼吸器、血液、膠原病、腎臓、糖尿病、救急診療を積極的に展開しています。

当プログラムの連携施設群として、上記領域の専門診療並びに内科救急疾患診療を研修することにより、必要に応じた可塑性のある、地域医療にも貢献できる内科専門医を育成することを目指しています。

姫路赤十字病院では、主担当医として、入院から退院(初診・入院~退院・通院)まで経時的に、診断・治療の流れを通じて、社会的背景・療養環境調整をも包括する全人的医療を実践できる内科専門医となれるように、しっかり指導します。