ご意見箱について

ご意見箱にお答えします

当院では、皆さんからいただいたご意見を該当部署、所属上長に報告し、関係部署で共有し、職員教育に努めております。また、時間のかかる問題もあり、ご理解をいただきますようお願い申し上げます。

2021年2月のご意見 1

外来

【ご意見:03-1-3】

次回予約について
科によってちがいますが、次回予約を1時間ごとではなく15分ごととかにできませんか。1時間分の予約の人が1時間待ってます。時にはしんさつがおくれて前の時間の人がまだ待ってる人も追加でいます。15分予約だと、45分からの予約の人も早くから待つことになります。待ち時間をへらすためにお考え下さい。追加で何人中の何番目かも示してもらえばイライラして1時間まつこともないし50人中50番目だと、遅く家を出て待つ時間もへると思います。病院もたくさんの人が長時間待つリスクを考えたら短い予約時間にすることで病院にいる人がへっていいのではないかと思います。


【対応状況等】

当院では、待ち時間短縮のため、診察室やエコー室の増室、採血職員の増員等、実施してきましたが、依然として待ち時間については、大変ご迷惑をおかけしております。
ご指摘の予約時間についてですが、ほとんどの診療科では30分ごとに予約を取っています。しかし、一部の診療科では、患者さんによっては診察に40~50分程度かかる場合があり、30分枠では収まらないため、1時間ごととなっています。
また、待ち時間の表示は、モニターに表示されるスペースの大きさや見やすさ等を考慮して3番目までの順番表示としています。これを変更するにはシステム変更が必要であり、直ちに対応することは困難な状況です。
いずれにしましても、ご指摘の内容は待ち時間が長いことが原因であり、これを短縮することが必要であることから、ご指摘の点も含め、引き続き院内で検討し、改善を図ってまいります。
貴重なご意見ありがとうございました。

病棟

【ご意見:03-1-8】

施設もきれいで、スタッフの皆様にも大変よくしていただきました。その上で、もう少し改善されたらありがたいなと感じたことを記します。
①バスマットがびしょ濡れなことがある。
うすい物で良いので枚数を揃えていつでも交換できると衛生的かと思います。
②トイレの鍵かけOKか使用中の札などが欲しい。
ノックしないと分からないことがあるので判別がつくようにして欲しいです。またはコインやマイナスドライバーで開錠できるので、鍵かけOKにしても良いかと思います。
③Wi-Fi環境があると嬉しい。
手持ちぶさたなのであるとありがたいです。
④満床により個室に割り当てられた場合は通常の4人部屋と同等の金銭負担として欲しい。
希望して入室するわけではなく、まして、予約入院の場合は予約を優先して欲しいです。入院にあたり、スケジュールの都合等ありますから、簡単に入院延期できません。病院の都合もわかりますが、患者の金銭的負担も配慮いただきたいです。


【対応状況等】

①現在バスマットは、1日1回と必要時に交換しています。乾燥の速い、珪藻土マットの利用を検討したこともありますが、段差が生じることの危険性を懸念しています。必要な場合にはバスマットの交換頻度を増やす等、対策を取りますので、このような場合はお手数ですが職員にお声がけください。
②病室のトイレについては、ドアの少し下あたりに使用中は赤、不使用時は青の表示がされるようになっておりますので、そちらを見て使用状況を確認していただければと存じます。
③現在、姫路赤十字病院では外来エリアにWi-Fiスポットがあります。これは、外来エリアが災害時救護エリアとなることから設置したものです。但し、病棟エリアは現時点ではエリア外となっていますので、ご了承いただきますようお願いします。今後の課題として検討してまいります。
④満床時の個室入室につきましてご迷惑をおかけいたしますが、大部屋が空き次第ご案内させて頂くよう今後も努めてまいります。また、予約入院の場合につきましては、入院前にお部屋の状況を確認させて頂き、変更が可能な場合は入院日を変更することで対応させて頂いております。ご指摘のように、入院日の変更が困難な場合もあるかと思います。個室料金の徴収については、ご納得いただけるよう事前に十分な説明を行なうよう努めてまいりますので、ご理解をお願い申し上げます。

外来

【ご意見:03-1-9】

化学療法室のロッカー設置についてのお願い!!!
体力的に弱っている患者にとって、①指先を冷やす為の氷を入れたバッグ、②飲料水や昼食、おやつ?などのバッグ、③体調日誌、診察券等のバッグ、これらの荷物を持って8時、病院玄関の開錠と同時に➡化学療法室へ行き、受付を済ませ➡黄色のファイルを持って採血と検尿を済ます➡診察券発行機で当日外来診療の順番をとる➡もう一度、化学療法室へ戻り、問診を受ける➡外来受付にファイルを出す➡外来診療室にて治療の可否を聞く➡外来受付でファイルを貰う➡化学療法室へ戻る。この行程を化学療法を受ける回数分、一人で荷物を持って動かなければなりません。(荷物が多く、付き添って一緒に回っていても大変さを、痛感しました。化学療法室前で、座っていますと、バッグ一つで、身軽な方もお見受けしましたが、数個の重い荷物を持って、付き添って来られた方も何人かおられました。)場所がなく、ロッカーの設置が難しいのか判りませんが、来院後一番に受け付けをする化学療法室に、是非とも、上記の行動が難しい方々のために、荷物を入れ鍵のかかるロッカーの設置をお願いします。きっと患者、家族から、楽になったと感謝される事と思います!!!(辛そうに、多くの荷物と黄色のファイルを持って、上記の行程をクリアし、化学療法室へ懸命に動いておられる姿は、職員の方々にとっては、日常茶飯事の光景かもしれませんが、数回外部から付き添ってきた者にとっては、「お気の毒に、何とかならないのか?」という思いで一杯です!)
ご検討のほどよろしくお願い申し上げます。

2021年1月20日
化学療法室で治療を受けている患者.家族より


【対応状況等】

貴重なご意見、ありがとうございます。
長い治療の場合、たくさんの荷物を持参することになりつらい状況があること、またそのような状況への配慮が十分ではなく申し訳ありませんでした。ロッカーを設置することはとてもよい方法だとは思うのですが、化学療法センターの現状として、車いすの方の待機場所や患者さんの移動、緊急時のベッド搬送など運用面及び安全面を考えると難しい状況です。
貴重品や食べ物以外は、治療を開始するまでお預かりできますので、来院時受付に声をかけていただきますようお願いいたします。
また、化学療法センター利用開始の際のオリエンテーション時に上記の案内を徹底していきます。

環境

【ご意見:03-1-10】

1月4日からの開門時刻の変更について
前もっての周知が入口のポスターのみで、ここに来ないとわかりえない。今までと同様7:30に合わせて来た人達が、この寒さの中30分も震えあがっている。1~2ヶ月に1度の人達には、前回受診時に連絡するとか、もっと長いインターバルの人達には郵送や電話での周知をなぜやらなかったのか。これからでも、知らずに30分以上震えあがる人が出るのはまちがいない。コロナ対策もいいが、それをすることによる弊害を考えるべきである。今の寒さでカゼをひかれた方が出ないことを祈る。佐藤院長にこのことが伝わることを願う。途中でもみ消されませんように!


【対応状況等】

当院では新型コロナウイルス感染症発生当初より対策本部を立ち上げ、感染拡大の防止に努めてまいりました。当院の対策については、ホームページ、院内掲示等でお知らせしておりますが、十分な広報ができておりませんでした。このような対策は全て、患者さんを守り、地域を守り、命を守り、安心を提供するために多くの職員で検討し、開始しております。地域の皆様と連携・協力し合って切り抜けたいと考えています。何卒、ご理解をいただきますようお願い申し上げます。

食事

【ご意見:03-1-12】

医師、看護師、助産師、助手さん、栄養課その他たくさんのスタッフの方にお世話になりました。プロ意識が高く、丁寧で的確な対応をしていただきました。食事については、やや塩分が多いかなと感じました。朝食はとくに、もう少し内容を改善していただけたらと思います。(パンにマーガリン、タンパク質メニューが少ない、量が少ない→とくに産後授乳期の患者にとっては脂質を控えたいところなので)間食が出るのはありがたいですが、内容をもう少し改善してほしいです。(フランクフルト、せんべいは塩分、脂質がやや多いのでは…??)味つけはおいしかったですが、もう少し量を増やしてほしいです。朝食の第一選択がパンなのはなぜですか?ごはんに変更をもう少ししやすくしてほしいです。食事以外はとても満足のいく対応、接遇でした。ありがとうございました。


【対応状況等】

食事についてのご意見をありがとうございます。
当病院では、日本人の食事摂取基準(厚生労働省:2020年版)を基に栄養量を考え、食事を提供しています。なかでも、産後授乳期の患者さんには、泌乳量も考慮し間食の提供を行っています。
食事や間食の内容につきましては、限られた予算の中で調理作業を行うため、せんべい等の既製品を使用せざるを得ない場合もあります。しかし、栄養量(たんぱく質・塩分・脂質)については、上記の栄養基準に基づき管理させて戴いておりますので、過不足についてのご心配はありません。 いただいたご意見を参考に、今後もできる限り栄養価が高く新鮮な食材を仕入れ、満足していただける食事が提供できるよう再検討を行いたいと思います。
また、朝食の第一選択肢がパンということについては、食事入力システムの関係で、パンが自動的に選択されているのが現状です。ご飯へ変更する際にご不便をおかけしておりますが、今後は患者さんのご意見が直ぐに反映できるようなシステム作りを検討していきたいと思います。
貴重なご意見をいただきありがとうございました。

外来

【ご意見:03-1-13】

内科待ち合いベンチでの迷惑な患者さんの事です。私は最前列で待っていました。2列目のベンチの患者さん3名が、ここは待ち「時間が長い」-とか、お互いの病気の話し、担当の先生の批判、それが終ると個々の家庭の話し、住んでいる所とか、世間話しを延々と大声で話しが弾み、とても嫌な感じでした。コロナ禍での待ち合いで皆、ガマンをしています。院内放送を流すとか、TVでテロップを流すとか注意喚起を強く希望します。


【対応状況等】

手洗い、マスクの着用、大きな声で話さないなど、掲示等を行いご協力をお願いしていますが、十分に行き届いておりません。引き続きこうした感染対策に取り組んでまいりますので、このような場合は、お近くの職員にお知らせいただけると幸いです。貴重なご意見をいただきありがとうございます。

感謝

【ご意見:03-1-11】

手術を受けている家族の付き添いの者です。いつも付き添いで当院を訪れる私も、普段は医療現場で働いています。待っている間や、対応して下さる職員の皆様の働く姿は、「私も仕事でこんなことに気を付けよう、こんな態度で接しよう」と考えさせられ、刺激をいただいています。普段は「病院側」ですが、患者や家族の立場になると不安なこともあります。そんな時、当院の職員の皆様の笑顔や親切な対応、真しに向き合って下さる姿に少し心が救われることがありました。今、世の中はコロナウイルスで普段通りにならないことばかりです。働く方々も不安や、いつもできることができない葛藤を日々闘われていると思います。そんな皆様に、体だけでなく心も救っていただいている人がきっと多くいることを知っていただきたく、意見・感想を書かせていただきました。私もそんな風に患者さんやご家族の方に感じていただけるようがんばります。いつも本当にありがとうございます。


【ご意見:03-1-15】

昨年十二月十八日に入院、二十一日に十二時間に及ぶ手術を口腔外科で受けました。術後は鼻からの栄養食、正月からミキサー食、明けからキザミ食にお粥と、今日まで栄養課の皆様の手間掛けた準備をして頂き、お陰様で三十日に退院する事になりました。この日赤病院で命を助けて頂き、元気に復活させて頂きました。心から感謝しています。残りの人生の再スタートです。力一杯生きて行こうと思います。日赤の先生や多くのスタッフの皆様に生かされて、生涯忘れません。本当にありがとうございました。ご馳走様でした。


【ご意見:03-2-1】

産科と小児科にお世話になりました。長男出産時に他院より緊急搬送、突然だったため身も心もついていかずあれよあれよと言う間に緊急帝王切開。長男は難病指定になる疾病がわかり、そのままNICUに入院、1ヶ月の母のみの通院。ふとがまんしていた栓がはじけてNICUで涙が止まらなくなった時にすっと寄りそってくださったNICUの看護師さん、本当に心強かったです。2人目出産の今回も迷わず日赤をえらびました。そして正解でした。コロナ禍で本当に大変だと思います。仕事もプライベートでも色々と気をつかわれていることと思います。どうぞみなさんお身体お気をつけください。私は日赤の大ファンです(笑)本当にいつもいつもみなさんご苦労様です。そしてありがとうございます。


【対応状況等】

ご声援をいただきありがとうございます。いただいたご意見は上長より該当部署に伝えています。このようなお言葉は私共にとりまして、大きな励みとなります。
今後もこのようなお言葉をより多く頂けるよう、よりよい医療の提供に努めてまいります。
本当にありがとうございました。