ご意見箱について

ご意見箱にお答えします

当院では、皆さんからいただいたご意見を該当部署、所属上長に報告し、関係部署で共有し、職員教育に努めております。また、時間のかかる問題もあり、ご理解をいただきますようお願い申し上げます。

2020年9月のご意見 1

環境

【ご意見:02-9-3】

6階東病棟個室利用患者です。退院にあたって意見を記します。個室のプライバシー騒音遮音処置がなされた設計(建物)でなければならないところ、隣の音が聞こえるのはどうか。一部屋ずつ遮音処置を施す事を上申いたします。一部屋ずつの施工でなければ病院の機能がそこなわれますので。このことは、個室利用者からの当然の権利であり、病院側の理解と改善を強く求めます。。


【対応状況等】

 病室の壁には構造上、遮音処置が施されています。ただし隣室の話し声などについて全く遮断されるわけではないため、不快な思いをされたかもしれません。隣室の話し声などが大きすぎる場合などには、ぜひスタッフにご相談願います。 

感謝 

【ご意見:02-9-1】

●●ドクターの診察していただいてる私にとっては大事な先生です。いつまでも診察していただく様お願いします。 


【ご意見:02-9-2】

眼科●●先生はじめ姫路赤十字病院の皆様へ 初秋を迎え、皆様におかれましてはますますご健勝のことと存じます。先日、夜間にお世話になりました□□と申します。急なことにもかかわらず丁寧な対応をしていただき安心することができました。感謝しております。おかげさまで娘の目もすぐ良くなりました。娘は優しい先生のことが忘れられないようで、先生のことをいつも話しています。そして、「ありがとう」の気持ちを伝えたいと言い出し、このような形で手紙を書くことにいたしました。娘は、先生みたいなお医者さんになりたいそうです。まだまだ暑い日が続きます。どうぞご自愛ください。

 

 ●●せんせいへ

 おめめをなおしてくれてありがとう。だいすきだよ。□□もおいしゃさんになりたいです。

 

 【ご意見:02-9-4】

 小児科の医師、看護師のみなさんはとても優しく丁寧でした。医師の方は原因が分からない痛みにちゃんと向きあって下さり、家に帰ってからも安心して過ごせるよう薬のことも最後まで悩んで処方してくれました。特に◆◆先生は痛みがある時だけの様子を聞くのではなく、普段の生活、食事、くせ、変わ ご意見にお答えします 当院では、皆さんからいただいたご意見を該当部署、所属上長に報告し、関係部署で共有し、職員教育に努めております。また、時間のかかる問題もあり、ご理解をいただきますようお願い申し上げます。 った出来事がなかったか細かくしっかり話を聞いてくれました。入院中も朝、夕しっかり様子を聞いてくれ、どうしたらいいか悩んで考えてくれてとても信頼でき、そして嬉しかったです。血液検査の時も「がんばれ」と声を掛けてくれたり、子どもの側についてくれたりして母子共に心強かったです。看護師さんたちは入院中警戒心強めな息子に対して距離をとりつつ、優しく声掛けや対応をしてくれました。夜中、痛みからおねしょをしてしまった時も「大丈夫だよ。気持ち悪かったね。」とすぐにシーツを新しくしてくれました。子どもにだけでなく、「お母さんも疲れてるでしょう。ゆっくりして。」と声掛けてくれる方もいました。ホッとしました。今回の入院で初めてプレイルームで遊ぶことが出来て、たくさんの玩具を用意してくれてとても喜んで遊んでいました。保育士さんも優しくどんな話でも聞いてくれて、息子ともたくさん遊んでくれました。プレイルームが大好きになって「ここで寝る!!」と言って寝てしまう程心地の良い場所だったのだと思います。小児科のみなさん本当にありがとうございました。これからもお世話になります。


 【対応状況等】

  温かいお言葉ありがとうございます。私たち病院職員にとりまして、患者さまからのお礼の言葉はとても大きな励みとなります。 今後もこのようなお言葉をより多く頂けるよう、よりよい医療の提供に努めてまいります。