ご意見箱について

ご意見箱にお答えします

当院では、皆さんからいただいたご意見を該当部署、所属上長に報告し、関係部署で共有し、職員教育に努めております。また、時間のかかる問題もあり、ご理解をいただきますようお願い申し上げます。

2020年7月のご意見 2

接遇

【ご意見:02-7-1】

水曜の夜、救急で受診しました。看護師さんはじめ、みなさんとても親切、丁寧で、長時間待っていましたが、都度お声かけ下さり不安が和らぎました。ただ当直の医師だけは冷ややかで、人が話しているのに返事もせず、めんどうくさそうに言いわけばかりで、患者の不安をくみとれない嫌な感じでした。6Fの看護師もひとりぶっきらぼうで、えらそうで、病人相手なのだからそういう不安とか、患者やその家族に寄りそってほしいものです。コロナの中、大変な業務であることは重々理解できますし、感謝もしていますが、あるひとりの心ない何気ないひと言が心を傷つけ、不安を増進させることを分かってほしいです。素晴らしいスキルをお持ちの方々がそろっているからこそ、ひとりのために悪評が広がることを残念に思います。


【対応状況等】

この度は不快な思いをさせることになり、大変申し訳ありませんでした。「誰が」ということではなく、一人ひとりが頂きましたご意見を受け止め、それを自覚し実践していきたいと考えております。貴重なご意見ありがとうございました。

システム
環境
設備

【ご意見:02-7-2】

駐車場の利用について、30分無料などにしてもらえるとたすかる。なかなか停める所がみつからなかったり、送り迎えの短時間でも料金がかかるのはなんとかしていただきたい。優遇してもらえる条件もよくわからず、事前清算もないので改善を要望します。
NICUやGCU含め、おむつ代で1,500円/日は高すぎる。内訳を明確にしてほしい。 夢前川がはんらんしても大丈夫なのか不安。 2号線に出る所にカーブミラーがほしい。(歩行者がわかりづらい。)


【対応状況等】

当院の駐車場ご利用料金は以下のとおりです。また、駐車場代金の説明書は総合案内に設置しております。

区分 基本料金
30分以内 100円
30分以上1時間以内 200円
1時間を超える場合 200円+1時間毎100円
ただし、外来受診をされた方で減免を希望される方は、以下のとおり減免させていただきます。
・外来で受診し、減免手続きをされた車両
 8時間まで100円
 8時間超え100円+1時間毎100円加算

また、30分以内の駐車料金を100円としておりますが、当院の駐車料金は近隣駐車場に比べて高額ではないことや、2019年10月実施の消費増税前と同様の料金でご利用いただけるようにしています。
なお、当院を囲む国道2号及び県道姫路環状線は姫路市内でも有数の交通渋滞地域でありますので、ご不便をおかけいたしますが、来院の際にはできる限りバス等の公共交通機関をご利用いただき、交通渋滞の緩和にご協力くださるようお願いいたします。
事前精算機の導入については、改修費等が高額なため直ちには難しいと考えています。ご理解をお願いいたします。

・NICU/GCUのおむつ代 1500円/日の内訳は、おむつ代、衣類(肌着・おくるみ・シーツ・バスタオル)の洗濯代、滅菌代となります。

・「姫路市ハザードマップ」による浸水災害予想図によると、当院の位置する場所は外水氾濫浸水の対象地域には該当していません(標高14m~15m)。また、南海トラフ地震による津波到達地域にも含まれておりません。しかしながら、想定外の水害に備え、1階の各出入口には止水版が取り付けられるように整備してあります。また、土嚢袋(水嚢袋)を多数備蓄しており、院内への入水を防ぐ対策を行っています。さらに、周囲で溜まった水の排水作業が必要となった場合も想定し、排水ポンプ3台も備蓄しており災害拠点病院として役割をはたせるよう努めております。

・2号線へ車両が出る際には回転灯が点滅し、歩行者の方へ注意喚起いたします。ご提案のとおり、カーブミラーの設置も接触事故の回避につながると思います。今後の病院運営の参考とさせていただきます。貴重なご意見ありがとうございます。

救急 外来

【ご意見:02-7-3】

この度は急な夜間の外来にも関わらず、コロナ対応で大変な中、親切、ていねいにご対応頂き、本当に感謝しています。ただひとり、当直の担当医を除いて!父は昔から内臓を悪くしていて、色んな病院で入院、治療、手術をくり返してきました。ただ、どこも納得できる治療のないまま、町医者に移され、気休めの薬のみでした。今回、また痛みが出てきたので、検査を依頼したところ、そこでは検査器具がないので、他を紹介しますと言われたので日赤を紹介して頂きました。確かに、前回入院、処置して頂いた病院に行く方がBestだったのかもしれませんし、そう言われることも理解はできます。ただ、その関係者や知り合いの看護師からもやはり日赤で診てもらった方が良いとのことでしたので、日赤の医療やスタッフに期待してこちらを受診させて頂きました。当直医はなんどもなぜ日赤に来たのか?なぜ前の所に行かないのかとしつこく聞くので、上記のことを何度も説明しましたが、「医療スタッフがそんなことを言うはずがない!」と人をうそつき呼ばわりまでしました。紹介状もあり、本人も家族も希望し、苦しんでいる患者を前にそんなことが必要なんでしょうか。看護師さんがやさしく接してくれて、ソーシャルワーカーさんの話等教えて下さり相談することになっていましたが、結局、こちらで処置して頂けることになり、病棟の担当の医師はやさしく対応下さり、分かりやすく説明下さりました。けれど、その後にあの当直医は病室に来て病状を説明するより「なぜこの病院に来たのか、なぜ痛いのか」と聞いてきたそうです。処置、治療を始めている患者に聞いて何の意味があるのでしょうか。プライドだけで人の辛さや不安、苦しみの分からない奴は医者になるな!と言いたいです。


【対応状況等】

該当部署に報告いたしました。まず手術をした病院に患者さんの記録や画像があり、経緯がわかることを考え、説明をさせていただきました。医師も短時間でこれまでの情報を聞き取る必要があり、発言に配慮が欠けていたのかもしれません。お詫び申し上げます。痛みのある中お辛かったことと存じますが、ご理解をいただきますようお願い申し上げます。一日も早く回復されますように、祈念しております。