乳腺外科

最新記事

最新記事

最新の臨床治験をもとに自分なりに我々の施設での今後の治療にどのように影響してくるか、検討して記載していきます。

このホームページの構成に従って、宣告を受けられた方へ影響のあるもの、治療やその流れに影響あるもの、手術に影響があるもの、として分類して記載していきます。内容としてすでに長い年月の実践での経験や、様々な施設での臨床を経て練られたものではありません。

姫路赤十字病院 乳腺外科部長としての考え方や対応について触れていますが、ガイドラインやさまざまな教科書に記載されている内容とは異なる事柄があることを、最初に理解してください。

したがって施設、病院によってその知見に対する受け止め方は異なっており、それを治療法や考え方に反映することに差があることは当然です。

他施設で治療を受けられている方には、ここに書かれていることと方針が違うことがあります。

もし他院の方で、内容に関して質問事項、詳細についてのご相談はセカンドオピニオン外来を利用していただくことをお願いします。

「POETIC試験」
■ホルモン剤をを開始するタイミング(2020.12.12)
■ホルモン剤を永遠に飲むのか?についての考察(2020.05.18)
「PARP阻害剤・免疫薬剤」
■Triple Negative乳ガンの新しい薬剤(2019.11.22)
「高濃度乳腺について」(アーユーデンス?)
■タレントさんの例から考えること(2018.10.31)
■Are You Dense?(アーユーデンス?)(2016.10.19)
「宣告を受けられた方へ」
■ASCO2013 NEWS! (2013.6.21)
■健診を受ける重要性(2011.8.1)
「ガンの種類」
■Triple negative乳がんは1種類ではないVol.1 / Vol.2 / Vol.3 / Vol.4 / Vol.5 / Vol.6(2017.9.15)
■PARPとトリプルネガティブ(2011.5.26)
「治療の流れ」
■肥満と乳癌(2011.07.28)
「手術に関して」
■2014年診療実績 ※年間乳癌手術症例数
■温存について~古くて新しい問題~(2012.11.14)
「再建について」
■再建に関して(2015.06.9)
■DCISと標準手術としての全摘手術(2015.06.9)
「過去の記事のご紹介」
■こちらでは過去にご紹介しましたトピックスを取りまとめております。