乳腺外科

Triple Negative乳ガンの新しい薬剤

当院のホームページではさまざまな乳ガンに関する情報を提供している。そのなかでもTriple negative乳ガンについての記事は常に、そしてたとえ古い記事であってもたくさんアクセスがあり、このガンで悩まれて情報を欲しがっておられる患者さんが多いことがわかる。

ここでは最近保険適応となったTriple negative乳ガンの新しい2つの薬物治療について触れたい。ただこれを読む方に言っておきたいことだが、最初に前提として、新しい薬は皆さんの想像する“夢の特効薬”ではない。治療の選択肢が増えることによって更なる延命が図れるようになった、そう捉えていただくことが適切である。いまでも進行発見乳ガンや、再発乳ガンを確実に治癒させ得る薬は見つかっていない。

“コンパニオン診断”とは

総じて新しい薬は自費での治療など考えられないレベルで非常に高価である。

しかし日本は世界に誇る皆保険がある。そして以前は保険適応が取れた薬は医師の裁量で自由に処方できた。しかし今はさまざまな“制約”が存在している。そういうと誤解を生みやすいのでここできちんと触れておきたい。

新しい薬が保険適応となる際にはかならず満たさないといけない条件がある。それは言えば当たり前だが、実際に患者さんに効果があったことが証明されていないといけない。これは理解できるだろう。その証明は臨床試験によって行われる。薬Xを使ったA群と、その薬を使わなかったB群ではA群のほうが明らかに良い結果が得られた、それがきちんと認められて初めて薬Xは保険適応となる。逆に日本ではもし本当に効果があるのが明らかであれば薬Xの値段に関係なく保険が通る。これは本当に素晴らしいことで世界に誇れることなのだ。だから保険が通らない場合は、“効くという証明がされていない”ということと思って間違いがない。“効くかもしれない”では保険は通らない。

たとえば肺ガンの患者さんをA群B群に分けて、薬Xが明らかに使ったA群でよい結果を出した、となれば薬Xは肺ガンの患者さんでは保険適応となる。しかし乳ガンの患者さんでは保険適応は取れない。

ガンという疾患をひとくくりに考えるならば肺ガンに効くなら乳ガンにも“効きそうだ”。しかし前述したとおり“効きそうだ”では保険は通せない。以前はそこが少し緩かった。しかし薬の値段が信じられないほど高額になるつれ、こうした条件がどんどん厳密になっていった。効くかもしれない、で使ってみたらやっぱり効かなかった、それをカバーできるほど今の保険制度には余裕はない。だから肺ガンの薬は、同じガンだからという理由では乳ガンには保険が通らない。最近では乳ガンが再発したら保険が通る薬がある。再発しても効くのだから、見つかったらすぐに使えばもっと効くはず。しかし証明されていないので、再発患者さんでなければ保険は通らない。そこが患者さんにとって、そして一部の医者にとってもなかなか受け入れがたい。しかし理解はできると思う。

コンパニオン診断はその中で生まれてきた概念である。

例えば乳ガンの再発患者さんのうち、遺伝子にABCという異常がある人には薬Yが効くことが証明された。となれば保険適応は遺伝子ABC異常がある、再発患者さんだけに通る。ところが遺伝子ABCに異常があるかどうかを調べる検査そのものが現状保険適応ではない。そこで乳ガンで再発の人に限って、遺伝子ABCに異常があるかどうかを調べることを保険適応とする、そして異常があった人だけ薬Yを保険適応にする、ということ、これが検査と治療をセットで保険適応にする“コンパニオン”診断の概念である。だから条件を満たさない患者さんでは検査も薬同様に保険が通らない。

2.ついに実践開始となったPARP阻害剤