院長徒然日記

院長徒然日記

   No.227 9年の間 ありがとうございました


 院長職、時間を忘れて努めてきました。仕事中ふと頭の中に空白が現れ、手持ち無沙汰で物思いに耽ることがあります。このような時、院長として、社会人の1人として、人として、佐藤という個人として、思うところを日記の場を借りて気ままに描き続けてきました。

   まさに徒然であり、日記でした。心の支えとなりました。ここで一旦筆を下ろします。

   4月から統括管理監として病院運営に今まで同様精一杯努めます。9年の間ありがとうございました。

    

2022年 3月 29日 姫路赤十字病院 院長 佐藤 四三




   No.226 大先輩からの贈り物


姫路赤十字病院 秋景


 宮下正弘先生から姫路赤十字病院の秋景を描いた絵を戴きました。宮下先生は秋田赤十字病院の名誉院長で、わたしも含めての赤十字病院長にとっては大先輩になられる方です。現役時代大きな手腕を発揮され日赤グループに貢献されたといろんな方から話を聞かされております。直接お会いしたことはありませんが、尊敬しています。その先生が病院のスケッチ画を送って下さり、思いもよらない事であり、感激しております。病院創立100周年記念の時に描いた絵と添書きがありました。また当院鍋山名誉院長の油絵に深く感動したことも書かれていました。両先生は名誉院長の会で今でも親交が続いていると聞いています。“絵”が取り持った縁でしょうか。

   わたしは院長連盟通信の編集長を務めています。そのため通信誌には毎回寄稿文を投稿しています。この表紙を飾るのが宮下先生の絵です。わたしに絵心はありませんが、明るい色調で、穏やかで暖かみがあり、いつも心を和ませてもらっています。絵のような気心のある人柄なのであろうと想像しております。わたしの寄稿文が先生の目に留まり今回の運びとなりました。“院長連盟通信”が取り持った縁でしょうか。わたしには名誉のことです。

   人と人との繋がりはいつ何処で生じるかは誰にもわかりません。繋がりは良いものであって欲しい。しかし常に良いものとは限りません。それ故に日頃の行動を大切にしたいものです。

   “絵”は姫路赤十字病院で大切に引き継いで参ります。

    

2022年 3月 10日 姫路赤十字病院 院長 佐藤 四三




   No.225 複雑怪奇



 北京オリンピック、その後のロシアによるウクライナ侵略戦争とここ1ヶ月の間に、国際社会にとって大きな出来事が起きてしまいました。誠に理解し難いものであり、複雑怪奇と言えます。
   北京オリンピックでは、誤審問題、ルール違反問題、ドーピング疑惑問題など、様々な問題が浮き彫りになり混乱した五輪となってしまいました。残念です。選手は最高の力を発揮していましたし、少なくともそのように努めていました。しかしながら審判の下した結果に対して、異論を呈する状態が、多々見受けられました。スポーツ競技においては審判の判定が全ての大原則があり、審判は誇りを持ってジャッジし、選手はこれに従うのが当然です。自国第一主義が奥底にあるのか感情を表面に出し反論する姿はあまりにも潔くなく残念と言わざるを得ません。今回の出来事の真実を明らかにしていただきたい。そしてオリンピックのあり方、スポーツ競技のあり方を再考していただきたい。

   一方でカーリングでのチーム力、明るさはわたしたちを楽しませてくれました。またスノーボード等で、特に若者たちが国境を越えて交流している姿はこれからのスポーツの明るい未来を示しており、若者たちに期待します。スポーツは楽しいものです。

   もう一つの重大な出来事は戦争です。ロシアによるウクライナ侵略戦争はあってはなりません。強大な国、圧倒的な軍事力を持つ国が侵略するなど如何なる理由があれ決して許すことはできません。してはなりません。

人類、国際社会が歴史から学び、決して起こしてはならないと理性では分かっていながら、起こってしまいました。

   わたしたちはここ1ヶ月で2つの残念な経験をしました。人類が劣化し始めているのではと思われて仕方ありません。わたしはこの日記で政治的なことは記さないと決めておりましたが、今回のことはあまりにも複雑怪奇でありあえて書きました。

   院長日記No.6『ならぬことはならぬものです』を再読ください。江戸時代会津藩では藩校日新館に入る前、年長者を敬う心を育て、自らを律することを覚え、団体行動に慣れる為の幼年者向け躾教育を子弟たちが実践する上での決まりごととして「什の掟」を定めており、この言葉で結んでいます。

   社会、組織、国、世界において人はそれぞれの立場があります。人として生きていくには絶対的に守るべきルールがあります。その躾として“ならぬことはならぬものです"の言葉はわたしにとりとても腑に落ちます。

    

2022年 2月 28日 姫路赤十字病院 院長 佐藤 四三


No.36 人類への警鐘?
▲姫路市総合防災訓練・姫路市国民保護訓練の様子
▲姫路市総合防災訓練・姫路市国民保護訓練の様子
9月1日は防災の日であり、私は姫路市総合防災訓練・姫路市国民保護訓練に参加しました。わたしたちの病院は赤十字活動の一環として、また災害拠点病院の一員として、行政、各種団体と協力して平素より防災に備えています。熱心に防災訓練に取り組まれている光景を見ながら、防災に関連して最近の気象の変化の激しさ、有効な解決策のない感染症について評論家になったつもりで考えて見ます。

最近の日本の気象は明らかにどこか変であると思われます。今年の夏だけでも気温40度を超える地域があったり、短時間に局地的な大雨があり、広島、兵庫県丹波地方、北海道などで大変大きな災害が生じています。気象だけでなく感染症でも異変が起きており、数十年日本での感染はなかったデング熱も国内感染が確認されています。
世界に目を向けるといろいろな地域に異常気象による災害が報じられており、また感染症ではエボラ出血熱が猛威をふるっており、心配される状況が続いています。

このような現象をどう捉えたら良いのでしょうか? 明らかに自然からの人類への警鐘と捉えるべきと考えます。18世紀後半にイギリスより始まった産業革命以来産業構造のみならず、社会の仕組みそのものが大きく変わり、しかも最近ではそれらの変化の速度も急速に加速されています。エネルギーを大量に必要とし、化石燃料を枯渇する危機を迎え、原子力発電も生み出してきました。自然を破壊し、動物との共存も困難になってきています。これらの結果として地球温暖化を招き異常気象を引き起こしているのではないかと言われています。またかつては人類と接触することのなかったウィルスによる感染症が表に出るようになってきています。これらの事象は今後ますます頻回となり、災害は大きくなることが容易に想像されます。人類全体・地球全体の問題として自然に対して畏敬の念を持って人間社会自体が変化を行う必要性があります。

人間社会はあまりにも便利さを求めすぎてきたのではないのか? 科学は万能であり、あらゆることを説明できると勘違いしているのではないか? 究極として自然から完全に分離した生活ができると考えているのではないか? その他現代の人間社会は勘違いしていることがまだまだ沢山あるのではないかと思います。地球上の生物と同じく人類も共存することが重要であること、科学でわかっていることは現象のごく一部であること、自然災害を完全にコントロールすることは不可能であること、自然との関わりの割合をどのようにすべきか等々考え方を根本から見直すことが求められています。

自然災害はいつ、どこに、どのようなものが発生するかは予測が立ちません。自然をコントロールすることはできませんが、あらゆることを想定し、装備、機能を整備することが必要です。さらに重要なことは住民全ての方が、「災害は起こるもの」として日頃から生活することが最も大切と考えます。このようなことを考えながら訓練に参加していました。

2014年 9月 1日 姫路赤十字病院 院長 佐藤 四三