院長徒然日記

院長徒然日記

No.217 講義用スライド作り

 今日は秋分の日です。久しぶりに時間ができたので差し迫った講義で使用するスライド作りを行うこととして病院へ出向きました。最近はWEB会議が行われることが多くなってきました。おかげで実際に会議のために出張することは随分と減りました。移動時間がなくなりましたので、時間的余裕ができるのかなと思いきや、会議そのものが増えたため、逆に余裕は少なくなってしまいました。
 今回は余裕が出来ましたので緊急事態宣言が出されていることもあり、自粛を兼ねてスライドを作成する事ができました。

 今回の講義内容は医療施設経営であり、赤十字看護管理者研修IIを受講されている看護師を対象の講義です。今後赤十字施設の看護管理者となる方達ですので、成長を願っていますので、相応しい講義になるようにスライド一枚一枚を作製するように心がけました。研修センターより、院長として医療施設経営をしている現状を踏まえての内容依頼がありました。これを受けて講義内容は、①自己紹介 ②自院の病院紹介 ③日本の医療の現状と今後、そして課題 ④病院経営の基本 ⑤リーダーとしてのあり方 ⑥院長として行った自院運営の現状報告 ⑦病院の継続 等としました。

 研修生は若く、わたしとは世代が明らかに異なります。研修生に受けを得ようとは思いませんが、如何に理解してもらうかを考えながら作成したつもりです。これからの病院を運営する管理者となるのですから、理論的な説明、成功体験、失敗体験などを伝える事ができればと思います。内容もそうですが、実際の講義でどのように伝えるか、話し方をするかも大事です。但しWEBであり、face to faceではありませんので困難でありますので、上手く雰囲気が伝えられるか今から心配しています。

2021年 9月 24日 姫路赤十字病院 院長 佐藤 四三