院長徒然日記

院長徒然日記

   No.227 9年の間 ありがとうございました


 院長職、時間を忘れて努めてきました。仕事中ふと頭の中に空白が現れ、手持ち無沙汰で物思いに耽ることがあります。このような時、院長として、社会人の1人として、人として、佐藤という個人として、思うところを日記の場を借りて気ままに描き続けてきました。

   まさに徒然であり、日記でした。心の支えとなりました。ここで一旦筆を下ろします。

   4月から統括管理監として病院運営に今まで同様精一杯努めます。9年の間ありがとうございました。

    

2022年 3月 29日 姫路赤十字病院 院長 佐藤 四三




   No.226 大先輩からの贈り物


姫路赤十字病院 秋景


 宮下正弘先生から姫路赤十字病院の秋景を描いた絵を戴きました。宮下先生は秋田赤十字病院の名誉院長で、わたしも含めての赤十字病院長にとっては大先輩になられる方です。現役時代大きな手腕を発揮され日赤グループに貢献されたといろんな方から話を聞かされております。直接お会いしたことはありませんが、尊敬しています。その先生が病院のスケッチ画を送って下さり、思いもよらない事であり、感激しております。病院創立100周年記念の時に描いた絵と添書きがありました。また当院鍋山名誉院長の油絵に深く感動したことも書かれていました。両先生は名誉院長の会で今でも親交が続いていると聞いています。“絵”が取り持った縁でしょうか。

   わたしは院長連盟通信の編集長を務めています。そのため通信誌には毎回寄稿文を投稿しています。この表紙を飾るのが宮下先生の絵です。わたしに絵心はありませんが、明るい色調で、穏やかで暖かみがあり、いつも心を和ませてもらっています。絵のような気心のある人柄なのであろうと想像しております。わたしの寄稿文が先生の目に留まり今回の運びとなりました。“院長連盟通信”が取り持った縁でしょうか。わたしには名誉のことです。

   人と人との繋がりはいつ何処で生じるかは誰にもわかりません。繋がりは良いものであって欲しい。しかし常に良いものとは限りません。それ故に日頃の行動を大切にしたいものです。

   “絵”は姫路赤十字病院で大切に引き継いで参ります。

    

2022年 3月 10日 姫路赤十字病院 院長 佐藤 四三




   No.225 複雑怪奇



 北京オリンピック、その後のロシアによるウクライナ侵略戦争とここ1ヶ月の間に、国際社会にとって大きな出来事が起きてしまいました。誠に理解し難いものであり、複雑怪奇と言えます。
   北京オリンピックでは、誤審問題、ルール違反問題、ドーピング疑惑問題など、様々な問題が浮き彫りになり混乱した五輪となってしまいました。残念です。選手は最高の力を発揮していましたし、少なくともそのように努めていました。しかしながら審判の下した結果に対して、異論を呈する状態が、多々見受けられました。スポーツ競技においては審判の判定が全ての大原則があり、審判は誇りを持ってジャッジし、選手はこれに従うのが当然です。自国第一主義が奥底にあるのか感情を表面に出し反論する姿はあまりにも潔くなく残念と言わざるを得ません。今回の出来事の真実を明らかにしていただきたい。そしてオリンピックのあり方、スポーツ競技のあり方を再考していただきたい。

   一方でカーリングでのチーム力、明るさはわたしたちを楽しませてくれました。またスノーボード等で、特に若者たちが国境を越えて交流している姿はこれからのスポーツの明るい未来を示しており、若者たちに期待します。スポーツは楽しいものです。

   もう一つの重大な出来事は戦争です。ロシアによるウクライナ侵略戦争はあってはなりません。強大な国、圧倒的な軍事力を持つ国が侵略するなど如何なる理由があれ決して許すことはできません。してはなりません。

人類、国際社会が歴史から学び、決して起こしてはならないと理性では分かっていながら、起こってしまいました。

   わたしたちはここ1ヶ月で2つの残念な経験をしました。人類が劣化し始めているのではと思われて仕方ありません。わたしはこの日記で政治的なことは記さないと決めておりましたが、今回のことはあまりにも複雑怪奇でありあえて書きました。

   院長日記No.6『ならぬことはならぬものです』を再読ください。江戸時代会津藩では藩校日新館に入る前、年長者を敬う心を育て、自らを律することを覚え、団体行動に慣れる為の幼年者向け躾教育を子弟たちが実践する上での決まりごととして「什の掟」を定めており、この言葉で結んでいます。

   社会、組織、国、世界において人はそれぞれの立場があります。人として生きていくには絶対的に守るべきルールがあります。その躾として“ならぬことはならぬものです"の言葉はわたしにとりとても腑に落ちます。

    

2022年 2月 28日 姫路赤十字病院 院長 佐藤 四三


No.106 減り続ける子供の数
当院の職員託児所です
当院の職員託児所です
今年のこどもの日は鯉のぼりが気持ちよさそうに泳ぐさわやかな春日和でした。その日の電子新聞に、国勢調査に基づく子供の人口推計を載せていました。15歳未満の子どもの数は1571万人(4月1日時点)で、前年より17万人減り、比較できる1950年以降で最低になっていました。36年連続の減少で、ピークだった54年(2988万人)のほぼ半数まで減ったことになると記載されていました。町から学校が消えると言われて久しいですが、実際にわたしが通った小学校、中学校も今は統合され、廃校になっています。この現実をみると、子供の数が半減していることを実感させられます。

少子化、高齢化は日本で大きな社会問題で、これから現実的にさらに深刻化してきます。そこで少子化対策として2003年には少子化社会対策基本法が成立しました。法律の要約をみると実に様々な観点から検討されているのがうかがわれます。基本的考え方として、これをもたらす背景として出生率低下があり、主な要因として、晩婚化の進行等による未婚率の上昇があり、仕事と子育ての両立の負担感の増大があるとしています。そのために仕事と子育ての両立の負担感や子育ての負担感を緩和・除去し、安心して子育てができるよう様々な環境整備を進め、家や子育てに夢や希望を持てる社会にしようとするものであります。具体的施策として数多く掲載されており、主なものを抜粋すると、育児休暇制度の拡充、出産後の再就職支援、保育施設の拡充、出産・育児を支援する各種給付金制度の拡充、高齢者の再雇用制度の整備、外国人労働者の受け入れなどがあげられています。
これまで様々な取り組みがなされてきており、環境は徐々に整えられていますが、結果はまだまだ好ましい状況にはなっていません。今後も引き続き多方面にわたって粘り強い取り組みが必要と考えます。

わたしたち病院は女性の多い職場であり、しかも専門職であり、常にスキルアップを求められている特徴があります。従って子育て世代の職域環境整備は極めて重要で喫緊の課題でもあります。医師をみると、医学部で女性の割合は4割強を占めており、当院でも女性医師の割合は3割を超えています。これらの実態からみても、女性が働きやすく持続性のある環境整備がいかに大事であるかが判ります。環境を整えることが医師不足の解消、安心・安全で質の高い医療を提供することに繋がると考えています。
職員が育児や介護などの理由で辞めることなく、働きたい病院づくりのためにはスタッフどうしがお互い相談でき、理解することが基本と考えます。なによりも上司はこのことをより深く理解することが必要であり、『隗より始めよ』の思いから院長自ら率先することと考えます。このような主旨で日本赤十字社病院長連盟では昨年イクボス宣言を採択しています。わたしもイクボス宣言をしました。

日本赤十字社病院長連盟イクボス宣言
“私たち赤十字病院グループの院長はスタッフの声に耳を傾け、継続的にキャリアを積んでいける多様性のある職域環境を整備するようワーク・ライフ・マネジメントに努力します”

*「イクボス」とは、男性の従業員や部下の育児参加に理解のある経営者や上司のことです。子育に積極的に関わる男性をイクメンと呼ぶのに倣い、そのイクメンを職場で支援するために、部下の育児休業取得を促すなど、仕事と育児を両立しやすい環境の整備に努めるリーダーをイクボスと呼びます。

2017年 5月 10日 姫路赤十字病院 院長 佐藤 四三