災害救護・国際活動

「平成30年7月豪雨災害」災害救護

▼「平成30年7月豪雨災害」災害救護等派遣

(平成30年7月8日~7月10日)派遣要員のべ8人

6月28日以降の台風7号や梅雨前線の影響により、西日本を中心に特別警報が発令される豪雨となり、7月6日から7日にかけて河川の増水や土砂崩れなど甚大な被害が発生しました。 兵庫県内でも何か所か土砂災害が発生しましたが、救護班派遣までには至らないとし、日本赤十字社本社の要請により8日から10日まで救護班1班を派遣しました。

その後、近畿ブロックの救護班が交代で真備町の支援に入りましたが、当院からの救護班も7月18日から21日にかけて再度二万小学校避難所の支援に入りました。避難所にはスポットクーラーや段ボールベッドなどが配備され、環境は向上していましたが、酷暑の中の復興作業での熱中症や怪我、衛生環境の悪化からの目や皮膚の疾患の訴えがありました。

7月末で近畿ブロックの支援は終了し、岡山支部が救護活動を続けていきます。

赤十字ではこれからも被災者に寄り添って活動を続けます。

1.「救護」班

第1班 派遣月日: 7月8日(日)~7月10日(火)
活動場所: 岡山県
派遣要員: 医師1名、看護師4名(こころのケア含む)、薬剤師1名、主事2名
第2班 派遣月日: 7月18日(水)~7月21日(土)
活動場所: 岡山県
派遣要員: 医師1名、看護師3名、こころのケア1名、主事2名