病院のご案内

地域がん診療拠点病院として

当院は地域がん診療拠点病院としてがん治療水準の向上に努めるとともに、緩和ケアの充実、在宅医療の支援、がん患者・家族等に対する相談支援、がんに関する各種情報の収集・提供等の機能を備え、地域におけるがん医療の充実に努めています。

今後呼吸器疾患の増加が予測されることから、今までの機能に加えて呼吸器内科、呼吸器外科を開設・充実し、肺がんの患者さんにより良い医療を提供する体制も整えました。また癌の治療として、手術療法、放射線療法と並んで重要である化学療法をさらに充実するため、専従のがん薬物療法専門医によるがん化学療法センターを開設しています。

今年は消化管、肝胆膵疾患の診断・治療を行うため、最新機器を備えた内視鏡センターを新設し、消化器分野の機能を充実しました。さらにがん放射線治療を今まで以上に緻密で低侵襲に行える最新の放射線治療機器を導入する予定です。

続き 「総合周産期母子医療センターとして」

院長ご挨拶 目次

院長徒然日誌
  1. 院長ご挨拶
  2. 新治療棟の稼働について
  3. 地域医療支援病院として
  4. 地域がん診療拠点病院として
  5. 総合周産期母子医療センターとして
  6. 脳・心臓血管センターの開設について
  7. 化学療法センターについて
  8. 内視鏡センター
  9. 呼吸器センター
  10. 高度医療について
  11. 入退院センター
  12. 人材育成・研修について
  13. 赤十字社職員であること