産婦人科

子宮筋腫

子宮筋にできる平滑筋の良性腫瘍です。卵巣ホルモンの作用で増大すると考えられており、性周期を有する女性の30%に認められます。悪性である子宮肉腫との鑑別を要します。

1.分類

  • 漿膜下筋腫(20~30%)・・・子宮の外側に発育するもの。症状は起こりにくいです。
  • 筋層内筋腫(60~70%)・・・子宮の筋肉中にとどまっているもの。
  • 粘膜下筋腫(10~15%)・・・子宮の内腔に発育するもの。過多月経が起こりやすいです。

2.症状

 筋腫の大きさ、数、発生部位により症状が異なります。大きくても筋腫のできる部位によっては無症状です。
過多月経、不正子宮出血、強い月経痛、下腹痛・腰痛、下腹部腫瘤感、不妊などです。

3.診断

大きい筋腫は内診で分かりますが、詳しくは画像検査(超音波検査、MRI検査)で診断します。

4.治療

年齢、症状、大きさ、妊娠希望の有無などにより治療法を選択します。
症状のない場合は経過観察することもあります。

【1】手術療法

a.子宮全摘術 子宮全体を取る方法です。
b.筋腫核出術 筋腫部分のみを取り、子宮は残す方法です。

【2】ホルモン療法

偽閉経療法

【3】対症療法
【4】保険対象外の治療

a.子宮動脈塞栓術
b.集束超音波

他病院に紹介しています。