乳腺外科

2012年診療実績(※5年無再発生率)

2012年10月現在の姫路赤十字病院 乳腺外科 5年無再発生存率の算定が終わりましたので、HPにて公表します。

※画像をクリックすると拡大画面がご覧頂けます。

Disease Free Survival (DFS)は5年間、無再発でおられる方の割合(%)を示します。
52週間を1年としてグラフを見てください。
なおこのデータは術前化学治療をして、Down Stage に成功した人(来られた時は進行がんであっても、化学治療でよくなったためにより早期に分類されるようになった)方も、来院された時のStageで計算しています。
※Stage IVは最初から何らかの遠隔転移を持たれている方になりますので、再発の概念から外れます。

下のデータにおいては術前化学治療を施行してDown Stage に成功した人は、最終的に到達したStageで計算しています。

※画像をクリックすると拡大画面がご覧頂けます。

下記は治療開始から5年間生存された方の割合(%)を示します。Stage IVの方は来られた時から、遠隔転移と呼ばれる、肺、肝臓、骨などに転移のあった方です。さまざまな状態の方が含まれるため、参考値としてみてください。少なくとも乳腺に病変が限定していれば、5年以内に亡くなられる方は1割もおられないことがわかります。

※画像をクリックすると拡大画面がご覧頂けます。

※画像をクリックすると拡大画面がご覧頂けます。

実際には3.3%にとどまっており、こうした抑制した手術をしても、局所の再発そのものはしっかり押さえることができることがわかります。こうした再建をせず、全摘をしていた時代であっても、局所の再発は1-5%程度に発生していたからです。当院では再建症例であっても放射線治療をほぼ全例に施行しています。

治療成績から読み取れること

▼無再発生存率(=DFS)

無再発生存率とは再発せずに生きている確率を表します。上の図は当院の5年無再発生存率を表しています。乳がんは他部位のがんと比較して比較的予後がよい癌なので、5年以内に亡くなることは稀です。そこで10年無再発生存率(10年間無再発で生きていられる確率)を指標とするのが最も正確に成績を表すとされています。しかし10年間も追跡調査を行うことは大変な労力が必要です。医師が変わってしまったり、治療方法が大きく変わったりします。なにより施設間で比較したくてもわずかな施設しかそのデータを提示できなければ意味がありません。そこで5年無再発生存率、あるいは5年生存率(再発してもしていなくても5年間生きている確率)を指標に用いることが実際には多いようです。もちろんきちんと10年の無再発生存率を提示できる施設は質が担保された医療が継続して行われており、それだけ実力があるということです。

▼Stage (ステージ)

一般の人は”早期”とか“末期”と表現します。専門的にはこれを病期と呼んで4つに分けています。
簡単にいえばI期が早期、IV期が末期に相当します。 ただ、一般の方が想像されるよりもStage IVの方は治療によって数年間にわたり長生きされることが多く、逆に早期ガンと診断されても油断はできません。なにより現在のように患者さんごとに細かく 調整したいわば”オーダーメイド”の治療を行う時代において、たった4つに分類して考えることはあまり意味がありません。治療成績を比較検討するときに役 に立つ程度に考えてください。

Stage I (腫瘍が小さく、わきの下のリンパ節に転移がない)
Stage II (腫瘍が大きく、わきの下にわずかな転移が見られる)
Stage III (腫瘍が皮膚や筋肉を侵し、わきの下にはっきりしたリンパ節転移がある)
Stage IV (乳腺やリンパ節以外の、肺や肝臓、骨などに転移がある)

StageIVの方にはは最初から転移が見られるため、無再発生存率の意味がありません。ですので上のグラフには出ていないのです。またここで説明したStageは簡単にしており、実際はもっと詳しく決められています。