乳腺外科

再建について

乳房を失い、再建を希望される方へ

ガイドラインには「乳房再建には、自家組織(自分のからだの一部)を用いた再建法と人工乳房(インプラント)で行う再建法があります。また、行う時期も乳がんの切除術と同時に行う一期再建と、切除術後期間を置いて行う二期再建があります。手術後の放射線療法(残存乳房あるいは胸壁への照射)は皮膚、軟部組織にダメージを与えるため、人工物での一期再建ではトラブルの原因になり、人工物や自家組織での二期再建も困難になります。なお、いずれの再建法も再発診断の遅れにつながることはありません。」と記載されています。 
当院では人工物再建、自己組織による再建、そして術後再建、手術同時再建ともに対応しており、また保険適応が取れている施設です。
失われようとする、あるいはすでに失われた乳腺が再建されるメリットは計り知れません。しかし再建にも限界があることは事実です。これに関してもガイドラインには詳しい解説があります。ぜひ参照ください。
以下に主な技術上の「限界」と条件を示します。もちろんこれ以外にも、術前にご本人、ご家族と、きちんとお話をし、詳しい説明を聞いていただく必要があります。

乳ガンの手術と同時再建手術を行なう際の限界

ガン治療の観点から乳ガンの治療のための手術と同時に再建を行うことには問題があります。先に温存手術の項目で再手術、追加切除に触れました。こうした際にはせっかく再建されたものまで含めて切除される可能性があります。また全摘であっても、場合によっては術後に放射線治療が必要になることがあります。自分の組織、脂肪を使って同時再建していれば、それはもともと健康な組織であるのに、放射線が当たることになります。血流が悪くなることで合併症の原因となることがあります。
従って同時再建を行うのであれば、シリコンバックなど、人工物による再建を原則として勧めています。

自己組織による再建と血流

自分の脂肪を使って再建する際に、切り取って場所を移すだけというイメージを持たれている方もおられます。しかし自分の脂肪や筋肉などの組織を使って再建を行なう場合、いったん体から切り離してしまえば、血流も途切れるため、その組織は壊死に陥ってしまいます。したがってかならず血管が確保され、血流を保持したまま、組織を移動して乳房を形成する必要があります。充分に配慮しても血流が悪い部分は部分的、まれですが、最悪の場合、全てが壊死になります。
こうしたことを考慮すれば、糖尿病があり、動脈硬化が進んでいる方、たとえば60歳以上の高齢の方、特に喫煙者では、条件が厳しくなります。また再建前後に放射線治療が必要な方では血流に大きく影響があります。こうした方では再建術そのものが困難である場合があります。

再建手術と周囲の理解

上記以外にも再建手術にはさまざまな限界があり、また手術である以上、それに伴うリスクがあります。乳がんの手術は、しなければ命にかかわる病気があり、それを治療するために行うものです。したがってこれに反対する方はおられません。
しかし乳ガン治療のために、乳腺を失った、あるいは美しい乳腺を失った、これを形成する手術はしないからと言って命にかかわるものではありません。したがって再建し、自分の人生を取り戻そうとするあなたの熱意が周囲に理解されていなければ、再建手術は、他者から見て、必要のないリスクを背負うかのように見えるはずです。
再建手術を考えておられる方は、必ず、周囲の方の同意を得てからいらしてください。貴方の決意を周囲に理解してもらう努力を怠ってはいけません。

左が切除後再建された方です(1年後)乳頭も乳輪も自分のものではありません。右は温存切除された方です。非常に小さいガンが左の上半分外側、いちばん温存切除で傷や変形が目立たないところにありました。参考にしてください。

※この写真はご本人の許可を得て掲載しています。