内科

内視鏡的逆行性胆管膵管造影(ERCP)

※内視鏡的逆行性胆管膵管造影(ERCP)
内視鏡を使って胆管・膵管を造影する検査です。口から十二指腸まで内視鏡を入れ、その先端から膵管・胆管の中にカテーテル(細い管)を挿入します。カテーテルから造影剤を入れて、膵管や胆管のX線写真をとります。同時に膵液や胆汁を採取したり、病変部から組織や細胞を取ったりして検査を行うこともあります。

超音波内視鏡下生検(EUS-FNA)

※超音波内視鏡下生検(EUS-FNA)
超音波で確認しながら消化管に隣接する臓器(膵・リンパ節など)・消化管粘膜下腫瘍に針をさして組織を採ります。