麻酔科

より詳しい治療方法の説明

1.腰痛・下肢痛

(腰部脊椎管狭窄症、腰椎椎間板ヘルニア、脊椎圧迫骨折、その他)

2.首・肩・上肢の痛み

(頚椎症性神経根症、頚髄症、頚肩腕症候群(強い肩こり)、五十肩、その他)
硬膜外ブロック(持続法、一回法)、星状神経節ブロック、神経根ブロック、椎間関節ブロック、ファセットリゾトミー、大腰筋筋溝ブロック、腕神経叢ブロック、トリガーポイント注射など、各種神経ブロックを症状の経過を見ながら、組み合わせて行ってゆきます。また、ブロックだけでなく種々の内服薬による治療も必要に応じて行ってゆきます。当院整形外科医師とも連携をとって、さらに詳しい検査や外科的治療が必要な場合などは協力して検査、治療を行っています。

3.癌性疼痛

原疾患の治療を行う各科の主治医、ホスピスケア認定看護師、薬剤師らと連携をし、癌性疼痛のみでなく、全般的な緩和治療は当科が主体となって積極的に行っていますので、ご相談ください。癌に関連する症状でもっとも多いのは、やはり痛みですが、当科では各種鎮痛薬(麻薬、消炎鎮痛薬、鎮痛補助薬など)の投与を主体に、癌性疼痛に有効な神経ブロック治療(内臓神経ブロック、神経根高周波熱凝固、くも膜下フェノールブロックなど)を行って、少しでも患者さんのQOL(Quolity of life)が向上するように、きめ細かな治療を行っています。

4.ニューロパシックペイン

(帯状疱疹、帯状疱疹後神経痛、糖尿病性神経障害、カウザルキー、反射性交感神経性萎縮症、その他) 治療法が確立しておらず、患者さん個々の症状にあわせた治療を行ってゆきます。各種神経ブロックが有効と考えられる場合はブロック治療を、そうでない場合は、鎮痛補助薬といわれる一般的には鎮痛薬として使用されないような治療薬を組み合わせた薬物治療を行います。難治性の強い痛みには脊髄電気刺激治療なども行っています。

PAGE TOP