緩和ケア内科

緩和ケア内科

診療方針

緩和ケアは、がんなどの重い病を抱える患者や家族に対して、痛みなどの体の症状、不安などの精神的なもの、生活上での不便さなどの社会的なものなどさまざまな苦痛に対して、苦痛の軽減に取り組み、療養や生活上の質の向上を目指す医療です。治療中の方であっても病期に関わらず、いつの時点でも受けることができます。入院中の方へは、緩和ケアチームが治療・ケアを行い、外来では痛み、その他のつらい症状、治療相談を緩和ケア外来で行います。

患者さんへ

  • つらい痛みを取り除く努力をします。
  • 療養の場、環境を整えるお手伝いをします。
  • 日常生活について相談に応じます。
  • 病気や治療からのつらい病状を取り除く努力をします。
  • 心の葛藤や苦悩を少しでも減らすお手伝いをします。

在宅・入院にかかわらず取り組んでいますので、困ったことがあればご相談ください。

スタッフ紹介

福永 智栄

緩和ケア副部長
卒業年

H10

専門領域

緩和ケア
ペインクリニック

認定医・専門等資格名

日本緩和医療学会暫定指導医/日本ペインクリニック学会専門医/日本東洋医学学会専門医/日本麻酔科学会専門医

緩和ケアチーム

当院では、緩和ケアチームが、入院中の方への治療・ケアを行っています。

スタッフ

緩和治療の専門医 がんに伴う様々な症状(痛み、吐き気など)をコントロールします。
精神科医師 がんに伴う精神的な症状(不眠、不安、せん妄など)をコントロールします。
緩和ケア認定看護師 緩和ケアに関する専門的知識や技術を持った看護師です。
がん看護専門看護師 がんに関する専門的な知識や技術を持った看護師です。
薬剤師 がんの治療や症状をコントロールするための薬について、個別に詳しい説明をします。
ソーシャルワーカー 患者さんと、そのご家族の方の生活全般(経済面・福祉制度・在宅療養のための転院先・訪問看護などの調整など)をサポートします。
臨床心理士 がんに伴う心の問題に対して、心理学的立場から、専門的にサポートします。

緩和ケアを受けるためには・・・

入院(手術・放射線治療・化学療法等で入院の方)では、ご本人・ご家族が希望され、主治医が必要と認めた場合、緩和ケアを受けることができます。
ご希望の方は、主治医または看護師にご相談ください。主治医・病棟看護師と連携をとりながら、治療・ケアを 行っていきます。
外来では、医師による様々な症状の緩和治療を、緩和ケア内科(火・木・金 午前中)にて行っています。 緩和ケアに関する情報提供や相談は、相談支援センター 担当者がお受けします。2階エントランスホール・相談支援センター窓口までお越しください。
また、電話でのご相談もお受けいたします。

※初診の患者さんの外来受診には、原則として他の医療機関からの紹介状が必要です。

診療実績

患者統計

H27年度
外来患者延数 2,969人
一日平均外来患者数 12.3人
入院患者延数 442人
平均在院日数 13.7日