循環器内科

高血圧治療

高血圧は頻度の高い疾患で、本邦では推定3300万人(国民の4人に1人)が高血圧症と言われています。高血圧治療の目的は、高血圧による心血管疾患発症(狭心症、心筋梗塞などの虚血性心疾患、脳出血、脳梗塞などの脳血管障害など)や、それに基づく死亡を抑制することにあります。
また、高血圧症の約95%は本態性高血圧症(いわゆる高血圧症)であり、残り数%程度が、二次性高血圧症(血圧上昇を引き起こす原因となる疾患がある場合)です。
高血圧症における心血管疾患発症は年間2~3%程度といわれています。
(参考:1999WHO/ISH ガイドライン)

治療

降圧治療は、『高血圧治療ガイドライン2004年版』に則って、「ゆっくりかつ確実に」血圧を下げます。その降圧目標は、「正常」ないしは「至適」血圧レベルに戻すことで、若年者、中年、糖尿病合併症例では130/85mmHg未満で、高齢者では140/90mmHg以下です。
実際の治療では、勿論、まず生活習慣の是正が必要です。

【1】適正体重を維持(標準体重)
【2】一日食塩摂取量 : 7グラム以下
【3】アルコール制限 : 日本酒の量で1合以下
【4】禁煙
【5】適度な運動(有酸素) : 週2~3回、最大酸素摂取量の50%程度の運動30~60分
【6】食事制限 : カロリー制限、コレステロールや飽和脂肪酸の摂取を抑える

家庭血圧を定時(起床後、寝る前)に測定する週間をつけます。
以上を励行して、循環器専門医に定期受診してください。