循環器内科

循環器内科

診療方針

循環器内科は、地域医療に密着した、患者さん本位の治療を提供することを目指しております。
3名の循環器専門医が、専門学会で推奨される高度医療の提供を目指し、救急部、CCU、ICUの医師と緊密な連携を図って、24時間の救急医療体制をとっております。
当科が扱う疾患としては、高血圧症(本態性高血圧、二次性高血圧)、虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞)、心筋症、不整脈疾患、さらに末梢動脈・静脈疾患があります。
それらの疾患を対象として、非侵襲的診断法としての心臓超音波、脈波図(PWV)、心臓核医学、CTおよびMRI等の画像診断、並びに観血的診断法としての心臓カテーテル、冠動脈造影、不整脈に対する電気生理学的検査等を駆使して、的確に診断し、きめ細かなチーム医療を行っています。

患者さんへ

心臓と血管の病気を専門的に診療しています。
虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞)、その前段階とも言える高血圧、高脂血症や動脈硬化、心臓弁膜症、心不全、不整脈、手足の血管の病気などです。狭心症や心筋梗塞などの虚血性心疾患、さらには脳卒中や腎臓病も多くの場合、動脈硬化がその背景にあります。
動脈硬化になりやすい原因として、喫煙、糖尿病、高血圧、高脂血症、高尿酸血症、肥満などがあります。動脈硬化の予防は、とりもなおさずこれらの病気にならないことですし、コントロールをきっちりすることが肝要です。何ら症状もなく、顧みられないため、放っておくと、粛々と病状が進行してしまいます。
気軽にご相談ください。必要あれば、糖尿病・内分泌部門、内科と緊密に連携して、診療にあたります。
なお、循環器領域には一刻を争う救急疾患が多くあります。
当科では、24時間救急診療体制を整えております。まず循環器専門医にご相談ください。
また、センカンドオピニオンとしてもご利用ください。かかりつけの先生からの紹介状や情報をお持ちいただくと、病状・治療経過がはっきりとして、スムーズな診療が行えます。

スタッフ紹介

  • 向原 直木

    第一循環器内科部長
    (兼)臨床研修部長
    卒業年

    S58

    専門領域

    循環器内科一般

    認定医・専門等資格名

    日本内科学会認定総合内科専門医・指導医
    日本循環器学会認定循環器専門医
    日本プライマリ・ケア認定医

  • 藤尾 栄起

    第二循環器内科部長
    (兼)脳・心臓血管センター長
    卒業年

    H7

    専門領域

    循環器内科一般

    認定医・専門等資格名

    日本内科学会認定内科医・指導医
    日本循環器学会認定循環器専門医
    心臓リハビリテーション指導士
    日本心血管インターベンション治療学会専門医

  • 幡中 邦彦

    第一循環器内科副部長
    卒業年

    H14

    専門領域

    虚血性心疾患・心不全

    認定医・専門等資格名

    日本内科学会認定総合内科専門医
    日本循環器学会認定循環器専門医
    日本プライマリ・ケア連合学会認定プライマリ・ケア認定医

  • 内藤 洋一郎

    医師
    卒業年

    H19

    専門領域

    循環器内科一般
    PAD(末梢動脈疾患)

    認定医・専門等資格名

    日本内科学会認定内科医
    日本心血管インターベンション治療学会認定医

  • 増田 拓郎

    医師
    卒業年

    H21

    専門領域

    循環器内科一般

    認定医・専門等資格名

    日本内科学会認定内科医

  • 永野 優

    医師
    卒業年

    専門領域

    循環器内科一般

  • 山田 隆史

    医師
    卒業年

    専門領域

    循環器内科一般

 

外来診療

(1)初診(診察・診断)

狭心症や心筋梗塞を心配される方、健康診断で異常指摘された方。 循環器系の病気なのか否か?その重症度は?治療方針は?心臓・血管の病気には命に関わる重大なものも多く、迅速な対応が要求されます。緊急に入院して診断・治療をする場合もあります。初診の場合は、午前中の早めに、時間に余裕を持って受診してください。 なお、かかりつけの先生からの紹介状や情報をお持ちいただくと、病状・治療経過がはっきりとしてスムーズな診療が行えます。※FAX紹介ですと、手続き時間が省け、待ち時間短縮になります。かかりつけの先生にご相談ください。

(2)再診 危険因子の改善・除去及び回復後の再発防止が重要です。

看護スタッフによる生活指導、リハビリテーション、栄養士による食事指導、薬剤師による服薬指導にも力を入れております。なお、診察に十分時間が割けるよう、再診はすべて予約制にし、待ち時間の短縮に努めております。(ただし、検査の結果の出方で、順番が相前後することがあります。一般的血液検査では、概ね1~1.5時間お待ちいただきます。)

(3)救急受診 急性心筋梗塞、急性心不全、急性大動脈解離、発作性の不整脈など、循環器領域には一刻を争う救急疾患が多くあります。

定期的に外来に通院していた患者さんが、急変することもあります。他の診療科にかかりつけの患者さんが突然循環器の急病を発症することもあります。原則として365日24時間対応で、緊急入院(ICU、CCUもあります)、緊急カテーテル検査、インターベンションを行っています。

(4)特殊専門外来(午後完全予約外来)

  • 虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞)
  • 高血圧 ・高脂血症
  • 不整脈
  • ペースメーカー
  • 動脈硬化

入院診療

(1)心臓カテーテル検査のための入院 検査前の処置や検査後の安静や経過の観察に入院が必要なため、2~3日入院が必要です。

(2)経皮的冠動脈形成術(PTCA・STENT療法)治療のための入院カテーテルを用いた経皮的冠動脈形成術(PTCA・STENT療法)を積極的に行っております。病変の数や重症度にもよりますが、約1週間の入院が必要です。

(3)心臓ペースメーカーの植込手術 徐脈性不整脈の治療として、心臓ペースメーカーの植込手術も行っています。約2週間の入院期間が必要です。

(4)心不全の治療急性・慢性の心不全の治療に持続的な点滴治療などで厳重な経過観察が必要な場合は、入院していただきます。入院期間は、病状によりますが、平均2~3週間必要です。

(5)緊急入院 急性心筋梗塞、急性心不全、急性大動脈解離、発作性の不整脈などは、生死に関わる場合が多く、一刻を争います。病状の強い場合、緊急カテーテル治療を要する場合もあり、救急車要請してください。重症度に応じて、集中治療室(ICU)、心臓集中治療室(CCU)、一般病室等に入院していただき、適切、迅速な治療を開始します。集中治療室は重症患者さんを優先しており、病状が回復すれば一般病室に移ります。

循環器の症状でお悩みの方へ

胸の痛みや動悸等の発作がある方は、狭心症や心筋梗塞の可能性がありますので、早めに循環器内科を受診してください。胸痛以外にも以下のような症状のある方は、一度循環器専門医を受診されることをお勧めいたします。

より詳しい症状はこちらをごらんください。

疾患別診療

高血圧 虚血性心疾患(狭心症・心筋梗塞)
高脂血症 不整脈 心房細動 
閉塞性動脈硬化症 深部静脈血栓症 肺動脈血栓塞栓症

より詳しい治療方法の説明

手術名 PDFファイル
狭心症  
心筋梗塞  
心臓カテーテル検査 kateiteru.pdf 
冠動脈形成術  
永久式ペースメーカー植え込み術 pasemaker.pdf
高血圧  
高脂血症  

連携病院・開業医の先生方へ

循環器内科は地域医療に密着した患者さん本位の治療を提供することをめざしています。総合病院の特色を活かして、循環器専門医と、糖尿・内分泌専門医師・集中治療部医師他関連する部門の医師とが、緊密な連絡をとりながら個々に最適な治療を進めています。

狭心症、心筋梗塞などの虚血性心疾患および心不全を中心に、高血圧症(本態性高血圧、二次性高血圧)、心筋症、不整脈疾患さらに末梢動脈・静脈疾患などの循環器疾患全般を対象にして、その診断・治療・予防に取り組んでいます。それらの疾患を対象として、心臓超音波、脈波図(PWV)、心臓核医学、CTおよびMRI等の画像診断並びに、不整脈に対する電気生理学的検査等を駆使した診断を行い、最適治療の適応を決定しています。また、冠動脈造影、冠動脈形成術(PTCA、ステント治療)、ペースメーカー植え込み術等を積極的に行っています。 循環器内科は先生方の緊急事態に、可能なかぎり対処したいと考えています。

当科は24時間のオンコール体制(循環器輪番日には、循環器専門医が当直)をしておりますので、昼間(AM8:30~PM5:10)は内科・循環器内科外来(内線2620)へ、それ以外の時間は病院代表に電話を頂ければ連絡がつきます。FAX初診診療予約システムをご利用いただくと、待ち時間なくスムーズな診療が行えます。詳しくは、地域連携室までお問い合わせください。

定期的カンファレンスを開催しております。ご紹介いただきました症例に関して、ご一緒に検討したいと考えております。お気軽にご連絡ください。

診療実績

【当科における治療(手術・検査・処置)の診療実績 】

症例名 H25年度 H26年度 H27年度

心臓カテーテル検査(PCI含めない)

202 380 387

冠動脈形成術(PCI)

115 144 158

  その内緊急PCI(急性心筋梗塞)

32 44 58

冠動脈内超音波検査

95 118 158

末梢動脈形成術(PTA)

7 20 26

永久式ペースメーカー植え込み術

40 42 45

下大静脈フィルター留置術

13 27 26

負荷心電図(マスター、トレッドミル)

1,302 1,223 1,019

ホルター心電図

430 409 412

経胸壁心エコー検査

6,896 7,145 7,537

経食道心エコー検査

20 11 14

心筋血流シンチ検査

383 417 384

肺血流シンチ検査

15 25 29

冠動脈CT検査

103 144 152