外科

研究活動(実績)

招聘手術見学会

当院外科主催の招聘手術見学会は全国で活躍する第一線の内視鏡外科医を招いて、当施設および近隣施設の先生に直接手術を見学して頂き、その後のカンファレンスでディスカッションを行い親交と知見を深める目的で行っている会です。

稲木紀幸先生招聘手術見学会

今回で4回目となる姫路赤十字病院外科招聘手術見学会は当院の内視鏡外科手術レベルの向上、近隣施設の外科医との交流を目的として開始され、Top surgeonを招聘し実際にその手術手技に触れられるイベントとして当院の手術室で年一回行われています。今回は5月29日に石川県立中央病院外科の稲木紀幸先生をお迎えし、腹腔鏡下幽門側胃切除を行っていただきました。当院外科の15名に加え院外からは22名の合計37名の見守る中手術は順調に進み、定評のある超音波凝固切開装置の使いこなしには一同感心しきりでした。その後のビデオカンファレンスでも活発な討議が行われ盛会のうちに幕を閉じました。院外からの見学者の方々にも大変好評で、当院の診療、設備、人員レベルの高さをアピールできたのではと自負しております。さらに来年も有名講師を招聘し、ますますこの会を発展させていきたいと思います。また今回も協力していただいた手術室スタッフ、ME、麻酔科の先生方、事務員の方々に感謝したいと思います。

伊藤雅昭先生招聘手術見学会

2014年5月16日(金)、がん研究センター東病院の伊藤雅昭先生に直腸癌手術を行って頂きました。当日は院外からの見学者が21名あり、手術室のキャパシティを心配しましたが、当院自慢の巨大モニター4台と術中の伊藤先生の声がよく通ったのもあり全く不自由さは感じませんでした。大勢のギャラリーを物ともせず更には困難症例で有ったにも拘らず手術は滞りなく進み、その後のビデオカンファレンスでも活発な議論が行われ参加者からは大変勉強になったと好評でした。また当院の若手外科医にとっても非常に刺激になったようです。今後も当院のみならず西播地域の手術、診療レベル向上のためにも継続して行っていきたいと思います。

宇山一朗先生招聘手術見学会

2013年5月9日(木)、藤田保健衛生大学 上部消化管外科の宇山一朗先生をお招きし、手術して頂く機会に恵まれました。 総勢約30名の見学者が集まり、手術を披露して頂きました。

大塚幸喜先生招聘手術見学会

2012年1月27日岩手医科大学外科講師であり大腸内視鏡外科手術のトップランナーである大塚幸喜先生をお招きし、手術して頂く機会に恵まれました。 姫路近隣の病院、神戸の基幹病院、岡山大学などからも総勢14名の見学者が集まり、手術は午前と午後にわけ2例施行しました。 技術、術中の判断力、スピードを遺憾なく発揮され世界トップレベルの手術を披露して頂きました。手術が終わった瞬間にはギャラリーから期せずして拍手が沸き起こるという感動的な場面もありました。 我々外科医をはじめ手術室スタッフにとっても大変貴重な経験となりました。