外科

ヘルニアについて

はじめに

外科で治療するヘルニアには鼠径ヘルニアと大腿ヘルニアがあります。 最も代表的な鼠径ヘルニアについて説明します。

鼠径ヘルニアについて

鼠径ヘルニアの症状は足の付け根の膨らみです。違和感や痛みを伴うこともあります。膨らみの部分は柔らかく、押したら一旦もとに戻りますが、すぐに出てきます。放置すると次第に膨らみが大きくなってきます。

おなかの周囲は腹膜という薄い膜に包まれています。その上にしっかりした筋肉が覆っており、その上に皮下脂肪、皮膚があります。鼠径部では体の奥から表面に出てくる血管などを通すため筋肉に小さな穴があいています。
この穴がおなかの中から押す力や筋肉の衰えにより時間をかけて少しずつ押し拡げられます。筋肉の覆いがなくなった腹膜は外に向かって袋状に飛び出します。この袋に小腸などの腹部臓器が流れ込むと袋が膨らんで外からも分かります。臓器が奥に戻ってしまうと膨らみは消えますが、空っぽの袋はそのまま残るため、いつでも臓器が流れ込める状態は変わりません。

基本的にヘルニアは袋に臓器が出入りするだけで、緊急処置や緊急手術を要する病気ではありません。
しかし、飛び出した腸がはまり込んで抜けなくなった状態を嵌頓といい、緊急手術が必要となります。腸の状態が悪いときははまり込んだ部分の腸を切除することがあります。
嵌頓に対する手術は緊急、全身麻酔で行い、お腹の中まで見る手術で規模も大きく、リスクも高くなるため、通常の状態で手術を受ける方が安全です。

治療の種類

ヘルニアは鼠径部の構造に伴う変化で起こるため、手術で構造を修復するしか根本的な治療はありません。
ヘルニアの手術は、袋状に飛び出た腹膜を切除し、筋肉またはその代わりになるもので出口を覆います。
何で覆うかは各施設でいろいろな方法が行われています。当院ではダイレクトクーゲル法を主に行っており、年間約100例の手術を行っています。

ダイレクトクーゲル法

▲DK(ダイレクトクーゲル法)

▲バード ダイレクト クーゲルパッチ

・下半身のみを麻酔する腰椎麻酔
ダイレクトクーゲル法は、袋状の腹膜を切除し、腹膜と筋肉の間に円形シート状のダイレクトクーゲルパッチを展開することで内側からの圧力を受け止めます。 ダイレクトクーゲル法の利点としましては
・面で力を受けるため腹圧に対して強い
・1つのシートで鼠径ヘルニアと大腿ヘルニアの両方の出口を覆うことができる。

※診察・手術をご希望の方は外科外来へお越し下さい。

PAGE TOP