呼吸器センターのご案内

呼吸器センター

ゲノム医療に代表されるように肺癌を始めとする呼吸器診療は、まさにパラダイムシフトが進んでいます。この潮流への対応として診療科横断的且つ時間的にもつなぎ目の無い診療が求められ、当院は呼吸器内科・外科の密な連携を軸とした“呼吸器センター”を設立しました。院内のスタッフのみならず、地域の医療関係の皆様のご協力もいただいた“チーム医療”での総合診療体制で良質な呼吸器診療の提供を目指します。
お困りの症例がございましたら地域医療連携室を通じてFAXによるご紹介をいただければ幸いです。
(※患者さんからの直接のお電話、FAX申し込みはできません。近医を受診し、当院への紹介を依頼してください。)

地域医療関係者の皆様へ

 姫路赤十字病院は、この度、呼吸器センターを開設いたしました。これまで岡山大学協力のもと、平成27年呼吸器内科を、平成28年には呼吸器外科を開設し、地域の方々に高度な医療を提供してまいりました。いま呼吸器診療は新たな段階に入っており、より質の高い医療を提供する目的で、空間的にも、時間的にもシームレスにする必要があり、呼吸器センターを開設し、内科・外科が密な連携をとる体制を整えました。これにより呼吸器疾患の診療機能をさらに充実することができました。

 新たな機能を加え、地域医療支援病院として、また地域の皆様のおかげでDPC特定病院群(大学病院に準じる機能を持った病院)として引き続き評価を受け、これからもさらなる総合力を活かして、地域医療に貢献しますので、これまで同様にご指導ご鞭撻宜しくお願いします。

スタッフ
  • 水谷 尚雄

    呼吸器外科部長
    (兼)呼吸器センター長
    卒業年

    H3

    専門領域

    呼吸器外科 (肺癌・気胸)

    認定医・専門等資格名

    日本外科学会認定医・専門医・指導医
    呼吸器外科専門医
    日本呼吸器外科学会評議員
    日本呼吸器学会呼吸器専門医
    日本胸部外科学会認定医(呼吸器)
    肺がんCT検診認定医師
    インフェクションコントロールドクター(ICD)
    日本医師会認定産業医
    臨床研修指導医
    外科系医師のための指導者養成講習修了
    da Vinci Certificate holder
    岡山大学医学部臨床教授

  • 岸野 大蔵

    呼吸器内科部長

    (兼)呼吸器副センター長

    卒業年

    H7

    専門領域

    呼吸器内科(肺がん)

    認定医・専門等資格名

    岡山大学医学部医学科臨床准教授

診療方針
1.外来診療
外科と内科、どちらか悩まれるような症例は呼吸器センターに紹介いただければ一括して症例に応じた対応を行います。
2.肺がんの治療
診断:ゲノム医療の進歩は、患者さんの薬剤選択のための「再生検」の必要性を高めました。再生検は病変の位置や大きさで難しい症例も多く、当センターはCTガイド下生検、超音波(EBUS)気管支鏡生検、局所麻酔下胸腔鏡、縦隔鏡などのオプションを有しています。
薬物療法:分子標的(EGFRm、ALK、ROS-1、BRAF)が増えると共にその阻害薬の種類も増えています。また、新たな作用機序である免疫チェックポイント阻害薬によって奏効される方も増加しています。
手術療法:創が小さく低侵襲の完全鏡視下胸腔鏡手術を導入し、早期の退院を実現しています。またロボット手術も安全な提供を目指して準備を進めています。またがんによる気道狭窄に対するステント治療も行えます。
3.気管支喘息の治療
喘息治療ステップに基づく基本治療を行うとともに、重症・難治性喘息につきましては分子標的薬剤の使用、内視鏡的治療である気管支サーモプラスティ療法を行っています。
4.自然気胸の治療
携帯型ドレナージキットによる外来治療や、C O P Dによる続発性気胸などには気管支鏡によるE W S(Endoscopic Watanabe Spigot)気管支充填術も施行しています。手術療法では若い患者さんの整容性と痛みに配慮し、胸腔内傍脊椎神経ブロックを併用した“同一肋間2孔式手術”を開発し提供しています。
関連リンク

呼吸器外科

呼吸器(内科)