医療チーム

チーム医療への貢献

インフェクションコントロールチーム(ICT)

当院のような急性期病院には様々な病状の患者さんや治療に伴い免疫力の低下した患者さんが多くおら れます。そういった状況下において、感染症は本人のみならず周囲の患者さんや面会に訪れた方々、医 師や看護師などの職員を介して伝播・拡大していく可能性があります。私たちICTは院内の感染症に対 する監視・制御活動や感染防止対策にかかるマニュアルの作成、研修会の実施などに加えて地域の医療 機関や行政機関とも連携しながら感染対策の推進活動に取り組んでいます。

【構成メンバー】

医師(消化器外科、呼吸器外科、血液内科、小児科)、薬剤師、検査技師、看護師(感染管理認定看護師2名含む)。

栄養サポートチーム(NST※)※Nutrition Support Team

NSTとは、医師、歯科医師、看護師、薬剤師、管理栄養士、臨床検査技師、言語聴覚士などの多職種がそれぞれの専門技術を活かし、患者さんに適切な栄養支援を行う医療チームです。入院患者さんの栄 養状態の評価を行い、適切な栄養管理方法を選択・提案し、栄養状態を改善すると共に、治療効果を高め、QOLの向上を目指します。

オーラルマネジメントチーム(OMT)

オーラルマネジメントチームは各病棟のリンクナースを中心に歯科医師、看護師、歯科衛生士など多職種からなるチームです。主に入院患者さんの口腔環境を維持、改善し、誤嚥性肺炎や人工呼吸器関連肺 炎などの種々の感染症を予防することで、治療を安全に行えるよう取り組んでいます。毎週、チームカンファレンスを行い、各病棟をラウンドし、口腔環境の不良な患者さんに対するケア方法について指導、助言を行っています。また、口のケアに対する知識向上のための研修や講演会、勉強会を企画、実施しています。
昨年度から稼働した入退院センターと連携し、入院前の患者さんの口腔内のチェック、口腔清掃も行っています。

緩和ケアチーム
緩和ケアチームスタッフの写真

緩和ケアチームは、身体症状担当医師、精神症状担当医師(高岡病院 非常勤)、看護師(緩和ケア認定看護師、がん看護専門看護師)、薬剤師、医療ソーシャルワーカー、臨床心理士のコアメンバーと、スーパーバイザー(血液腫瘍内科医、外科医、整形外科医、放射線科医、理学療法士、管理栄養士、地域医療連携課長)から構成され、緩和ケアの専門的な医療、ケアを提供します。がん患者さんとご家族が持つ、あらゆる苦痛の緩和をはかり、QOLの向上をめざし、その人らしい生活を過ごせるように努めています。

救命率向上部会

救命率向上部会は、院内CPA発生などの緊急事態において、院内スタッフ全員が適切な対応を行うことで救命率の向上、患者予後の改善を目指すために、救急医療運営委員会の傘下として発足しました。現在、年1回の「西播磨ICLSコース(救急医学会認定コース)」、年2回の「院内ICLSコース」、年3回の「コードブルーシミュレーション」を開催しています。毎月行われる部会では、各コースの打合せや振り返りだけでなく、実際のコードブルーやRRS(Rapid Response System)の検証も行っています。心停止は院内のどの部署においても起こりうるもので、いったん発生すれば蘇生を開始するまで少しの猶予もありません。救命率向上部会は、突然の心停止に対して最初の10分間の適切な対応とチーム蘇生を習得するためのお手伝いをしています。

呼吸ケアチーム(RST)

呼吸サポートチーム(RST)は、入院中の患者に対する呼吸ケアの向上を目指し、助言、教育、標準化、安全管理を行うチームです。人工呼吸器装着患者の人工呼吸器装着期間、再挿管率を減少することや、人工呼吸器や酸素療法に関わる医療者が安全安心にケアや取扱いが出来ることを目指しています。
当院では2010年より活動を開始し、医師、看護師、理学療法士、臨床工学技士でチーム活動をしています。活動内容は週に1回ラウンドを行い呼吸に関する問題の検討や人工呼吸器の安全確認をすることや、マニュアル整備、酸素療法、人工呼吸に関する研修会を行っています。
今後も院内外の呼吸ケアの必要な患者さんと関連する医療者の支援を行っていきます。

褥瘡対策チーム
褥瘡対策チームスタッフの写真

入院患者の褥瘡予防・治療を行うことを目的に活動をしています。
褥瘡危険因子評価によってハイリスクと判断された患者さんや褥瘡を保有している患者さんに対して、体圧分散寝具の選択、スキンケア、ポジショニングなど適切なケアと治療が提供できるように取り組んでいます。

【構成メンバー】

専任医師(形成外科医師 皮膚科医師)、管理栄養士、専任看護師、褥瘡管理者、事務員

リエゾンチーム
リエゾンチームスタッフの写真

精神科リエゾンチームは、精神的医療と身体的医療との連携を図り、一般病棟での患者家族の精神症状や心理的問題に対して、専門的技術をもって治療、ケアを行うチームです。
高岡病院の協力を得て、週2回のチーム活動を行っています。高岡病院の精神科医師とともに当院の緩和ケア内科医師、看護師、薬剤師、医療ソーシャルワーカーがチームのメンバーとなり依頼のある部署の医師、看護師とともにカンファレンスを行っています。精神症状に対応することで、患者さん、ご家族だけでなく現場のスタッフが安心して医療を行えるようサポートしていくよう努めます。

糖尿病療養支援チーム
糖尿病療養支援チームスタッフの写真

糖尿病の治療には、患者さんが主体となった正しい生活習慣や治療の継続が必要です。このため糖尿病療養支援チームは、患者さんやご家族に対して糖尿病に関する最新の知識や治療および自己管理方法を提供するため糖尿病教室を開催しています。
糖尿病教室は、医師・看護師・薬剤師・管理栄養士・検査技師・理学療法士が、火曜日から金曜日までの週4回、2週間を1サイクルとして行っています。糖尿病教室を通して、今後もより多くの糖尿病患者さんの健康維持に貢献したいと考えています。