院内施設のご案内

デジタルアンギオ装置

東芝社製 infinix Celeve-i

平成23年6月に64列マルチスライスCTと連動した最新のデジタルアンギオ装置を導入いたしました。 血管撮影検査及び、治療時においてCT装置を併用することで、より精度の高い診断と術中の確認をしながらの治療を行う事が出来ます。

フィリップス社製 Azurion7

平成30年2月より血管造影検査室が2室、手術室にHybrid手術室が1室増設され、被ばく線量を抑えつつ、血管を撮影しながらカテーテル治療や手術を行える血管撮影装置が導入されました。

これらのアンギオ装置が稼働している新治療棟はこちら

PAGE TOP