院長徒然日記

院長徒然日記

No.79 姫路城見聞記

今年の初め日本赤十字社病院院長連盟通信(第65巻)に投稿した記事の一部を抜粋して書き記しました。ご容赦ください。
姫路城は病院からも見ることができ、また姫路駅から自宅へ帰る通り道でもあり、普段から眺めておりますが、大手門を通り抜け城内に入ることはめったにありません。姫路市に住むようになり27年、ほんの数回しか経験していません。今年の元旦には時間があり、お城の中に久しぶりに登りました。

一昨年はNHK大河ドラマ『軍師官兵衛』、昨年は姫路城が平成の大修理を終え、姫路市は大いに賑わいました。姫路駅、姫路駅から正面の姫路城までの大手前通り、そしてバスの中で大変多くの観光客、特に外国の方を見かけるようになりました。この様なことは今までになかった光景でした。12月の新聞に、一般公開を再開した姫路城の今年度の入場者数が222万人を超え、熊本城の記録を突破し、日本一になったと地元の人の誇らしさを記事にしていました。
近頃いろいろなところで『姫路城は“しらさぎ”城ではなく、“しろすぎ”城のようだが、どうなのか?』と尋ねられることがたびたびあります。わたしはお城について詳しいことも深い知識もありませんが、地元の人から聞いたこと、自分で調べたこと、見たこと等を書き記してみます。

姫路に古くから住まわれている方は、空襲の時のこと、昭和の大修理の時の話をよくされます。昭和20年姫路市は米軍の空襲を受け市街地全域が火の海と化しましたが、このとき姫路城大天守最上階に焼夷弾が命中したものの不発に終わって、炎上を免れたとされています。最上階には刑部神社があり、お城の守護神のおかげであると信じられ、被災者は大いに勇気づけられたそうです。調べると、不発弾についての出来事は、記録としてではなく、あくまでも不発弾処理を行った士官の手記によるもののようです。また米軍が文化財である姫路城を攻撃しなかったためというわけではなく、夜間飛行で当時はまだ性能のよくないレーダーのため攻撃計画地点からずれたためであり、全くの偶然でお城は焼失を免れたようです。

昭和の大修理は昭和3(1928)年より始まり、戦時中一時中断していましたが、昭和25(1950)年から再開されました。そして昭和31(1956)年大天守の修理が始まっています。お年寄りの話では、素屋根(修復や建築の際に建物を覆って保護し、完成時に取り払う仮の屋根)で覆われた姿の印象が強く、当時は丸太で組み合わされていたようです。このときの大修理の大きな目的の一つはお城の傾きを直すため、腐った心柱を取り替えることでした。木曽の国有林で伐採した檜が姫路貨物駅まで運ばれ、そこから市民の手で城まで運ぶ“心柱運び入れ祭”が催され大そうにぎわったとのことです。昭和39(1964)年完成式典が行われ、姫路城の上空を初代のブルーインパルスがアクロバット飛行をしたそうです。

わたしは19歳の一時期京都市に住んでいましたが、姫路市は郷里の広島県福山市から京都市のちょうど姫路市は中間地点であり、姫路城を見るとやっと半分来たのだなと電車の中から何気なく眺めていたことを思い出します。
そして平成元年(1989)年姫路赤十字病院へ赴任することになり、姫路城を身近に見る事になりました。近くにあるとすぐ行けると思うのか、足を運んだのはほんの数回であり、お城の中にある動物園に子供を連れていったこと、花見に仲間といったことを記憶していますが、大天守に上ったのは2回のみでした。平成5(1993)年12月、姫路城、法隆寺、屋久島、白神山地の4箇所が日本初の世界遺産として登録されましたが、この時はさすがに大天守に上ったことを思い出します。

平成21(2009)年平成の大修理が始まり、修理中素屋根で大天守は覆われましたが、この間、内部には“天空の白鷺(しらさぎ)”と名付けられた工事見学フロアが設けられ、それを知ったときは、お城の屋根を間近で見ることができるチャンスは二度とないと思い見学に出かけたものです。わたしが見学したときは写真のように瓦が敷き詰められており、漆喰もほとんど塗られている状態で、その白さは今でも思い出すことができます。

昨年3月26日姫路市民が待ちに待ったグランドオープンがやってきました。市民の期待は大変大きく、城内の公園、城から駅までの大手前通り、姫路駅構内、話によると列車に乗ることができずに近くの駅構内も人であふれていたと聞きます。わたしは姫路城大天守保存修理完成記念式典に出席させていただくことができ、お城を特等席から見上げることができました。5年半に及ぶ「平成の大修理」を終えた世界文化遺産・国宝姫路城は、白鷺に例えられる白亜の姿を取り戻した大天守が抜けるような雲ひとつない青空に映え大変素晴らしく美しい姿でした。お城の白さ、なんとも表現のしようのない白さは気品がありすばらしいものでした。白亜の大天守、そして雲ひとつない青空をキャンバスに昭和の大修理後の式典にもやってきたあの航空自衛隊のアクロバット飛行チーム「ブルーインパルス」が曲芸飛行を行い「サンライズ」「桜の花びら」「ビッグハート」など次々と素晴らしい姿を見せてくれ感動しました。

2016年 5月 9日 姫路赤十字病院 院長 佐藤 四三