院長徒然日記

院長徒然日記

No.20 品がある
▲うつむきがちな寒い冬の澄んだ空
▲うつむきがちな寒い冬の澄んだ空

 今回「品があるとは?」「人の成熟とは?」などについて私の『体験袋』の中のごみにも似た雑多な知識や、記憶を紐解いて正月の休日に思ったことをそれこそ雑多に書いてみました。但しあくまで私的な考えですのでご容赦ください。

 “田舎道の道沿いの店”
2020年東京オリンピック招致スピーチで「東京では落とした財布は後日手元に返ってくる」と言われていました。あるテレビ番組でこのことを実証した内容を放送していましたが、落ちた財布を発見した殆どの方が、若者も含めて警察に届け出られていることを知り私自身実に感心したものです。車で田舎へ行きますと沿道沿いに近くの農家で収穫された野菜などを並べて販売している小さな「店」を見かけます。お店の人もおりませんが、お客は好きな野菜をとりお金をかごの中に入れ、おつりを持って帰る実に美しい状況です。また飲み物などの自動販売機も盗難にあうことはありません。盗難があればニュースになるほどです。これこそが日本人の「品」です。

“代わりが利かない存在“
 いま3D-プリンター技術が急速な発展をしておりいろいろな分野に利用されています。これはこれとして素晴らしい技術の発展で称賛すべきことです。ところで日本の工業生産を今までも、これからも支えている優れた技術の一つに「金型」があります。特殊なものになるとミクロの世界を感覚のみで作業する必要があり、ある特定の人にしか製造することができません。それこそ代わりの利かない技術者ですが、町工場の中で働いておられ、しかもお年寄りなのです。自ら自慢することなく、また決して他人の出世や評判を羨んだり気にすることはしません。そればかりか若者に技術を伝承し、後継者作りに専念しています。技術者の「品」でしょうか。私も外科医としてこの境地に入りたいものです。
 この様なだれにもできないような技術ではなく、世の中の善し悪しを知り尽くしており、外れたことをしている若者がいればそれとなく諭してくれるお年寄りがいる。このお年寄りがされることはだれもが納得する風景も品があります。最近はなかなか見られない状況でさみしい感があります。

“感謝”
 最近他罰的な人、過度な権利主張をされる人が増えている感じがいたします。そのような中、2009年兵庫県立柏原病院で人事異動のため後任医師不足から小児科閉鎖の危機となりました。これに危機感を抱いた地域住民有志が「県立柏原病院の小児科を守る会」を結成しました。小児科の適切な利用方法を周知するなどの活動で、小児科医の負担を減少させることで小児科の閉鎖を食い止めるのを目標とし、特に、軽症でも安易に救急外来を利用するというコンビニ受診の減少に重点を置いた活動を行っています。住民は医療に対して権利のみを主張するのではなく、医療の現状を理解して、行政・病院と現実的な対応をしています。これからの医療の向うべき解決策の一つの方向性を示していると考えます。成熟した行動と考えます。
 その一方でたとえば就職に関してもいろいろな話を見聞きします。就職難の時代がここしばらく続いていますが、新聞等によると明るい兆しが出ているようです。しかしながら希望通りに就職することは大変な時代に間違いありません。そのような中せっかく就職できてもその職場環境になじめなくて、いつも及び腰で、周囲に文句ばかり言っている人たちが見受けられます。そして職場そのものが期待を裏切ったとの理由でやめてしまうのです。この種の人たちの一部には残念なことに人間社会とか職場といったものを理解していないために、または理解しようとしないために、自分は会社から実力を評価されていなくて不幸な人生を踏み出したと思いこむようになる。特徴として他罰的なことが多いように見受けられます。つまり自分が不幸であるのは、上司、同僚が認めてくれない、無視したからと考え、ことごとく自分のせいでこうなったのではなく、すべて他者が悪いのである。感謝の念がないというか、人として成熟してないと考えられます。

“絆”
 毎年12月12日清水寺の奥の院舞台で今年の漢字1文字が巨大な和紙に揮毫されますが、2011年のそれは東日本大震災を受けて「絆」でした。この年以後「絆」の文字をことのほかよく見かけます。「震災後に改めて絆の大切さがわかった」の文面を見かけますが、私は少し違和感を感じます。人はもとより一人では生きられるものではありません。自分は親、友人、職場、さらにはまだ出会ったことのない社会のどこかで働く他人によってさえも、育てられ、助けられている自覚を常日頃から持つ必要があります。大震災があったから人と人の深い繋がりが必要と自覚するのではあまりにも人として成熟していません。
 東日本大震災の被災地の膨大な量の瓦礫を引き受けることを拒んだ多くの自治体がありました。京都の五山送り火で岩手県陸前高田市の景勝地「高田松原」のマツを使う計画が中止となった出来事がありました。いろいろな理由で引き受けることができなかったことも理解できます。この騒動の中で、京都伝統大学校の多くの学生たちの「高田松原の松を何とかカタチに残したい」との思いで清水寺の大日如来坐像を制作、高田市で披露したのちにお寺へ奉納安置されました。まことに品があります。

 61歳となり、品のある、成熟した人間になりたいと思う今日この頃です。まだまだ書きたいことは沢山ありますがまたの機会といたします。


2014年 1月 22日 姫路赤十字病院 院長 佐藤 四三